modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com
梅雨シーズンは終わりをむかえたようです。

既に暑さにやられてしまっていますが、まだまだ夏は始まったばかり。
お山シーズンもこれからです!
今シーズンはなんとか時間を作って、高い山へ行きたいと願うばかり。

平地の天候は安定していますが、山の天気は変わりやすいです。
そんなときあると便利なレインカバー。

しかしデザイン性に優れたものは少なく、しかも雨が降るときしか使わないとなると
なかなか手が出せないアイテムでもあります。

そんな悩みを一気に解決してくれるのはand wanderのこのアイテム。


mixed color cover bag (⇒)

and wanderの最初期からラインナップされ続けているアイテムで、雨が降ったときはザックのレインカバーに、
使わないときはコンパクトに収納できるすぐれもの。
しかも、日常ではトートバッグとして活用することも出来るのです。

以前のItem Detailのページにて作成したムービーがあるので、
使い方、細部などはそちらをご参照ください。(⇒)


50L前後のバックパックにも対応しており、テント泊縦走のお供にもどうぞ。
公称55Lと58Lのパックにも装着できました。
(パッキングの度合いにもよるので、すべての50L以上のパックに装着が出来るとは限りません。)


テン場に着けば、ちょっとした荷物を持ち運ぶのにも便利ですね。
(あくまで撥水加工となるので、防水性を過信しすぎるのは禁物です。
絶対に濡れてはいけないものは別途防水策を講じるのがベター。)

もちろんトートバッグとしての用途だけで街中で使うのもアリです。
楽しい雨の登山にしてみませんか?

texted by 早く川にドボンしたいキョヲヘイ

今朝、お店に到着するなり、パンツのポケットに入った鍵束に手をやると・・・『ん!?なんか軽い!!』
とっさに引っ張り出して目をやると、、、『家の鍵が無い!!』
えぇ、青ざめましたよ、笑
鍵を探しに慌ててアパートまで戻ったところ、モロに落ちてました。通り道に。笑
部屋はもともと荒らされたような状況なので誰が入っても判りませんが、笑
貴重品は無事でしたので、恐らく誰にも入られていなかったよう。
皆様もお気を付けくださいね〜!(僕くらいでしょうが・・・苦笑)


さて、暑い日が続きますが、快適にカベ、登れるパンツ、ありマス!
“THE NORTH FACE/YUJI Pant”⇒

クライマーでなくとも知っている方の多いレジェンドクライマー“平山ユージ”氏の名を冠したクライミングパンツ。
生けるレジェンドとの共同開発により生まれたこのパンツは、ジムでも外でも使える万能型。

素材はほぼほぼコットン(98%)ですが、わずかにポリウレタン(2%)を入れることで伸縮性も確保。
平置きすると膝の形が出るほどの立体裁断も相まってその運動性は折り紙つき。

パンツ内側は1枚仕立てなので、男子が苦手な開脚も意のままに行えます!(ストレッチは必須)

生地はコシがあり、耐摩耗性に優れるのでマントル返せなくて心は折れてもこのパンツは負けません。笑

なんだかんだフットスタンスの見易さもクロップドには敵いません!
膝も守るし足捌きも損なわない絶妙な丈感。

裾にはドローコードが仕込んであるので、場合によってはショーツのようにも出来ちゃいます!(インドアクライマーなので・・・笑)


ウエストはシンプルにゴム+ヒモ仕様。
その日の気合によって紐を締めるか締めないかはアナタ次第!笑


172cm,59kgの自分はSでもMでも着用出来ますが、足上げ重視の自分はMサイズをチョイスします。
(Sサイズ着用)


(Mサイズ着用)

まだまだ使えるこの商品さえも今なら20%オフ!!
買わない手は無いでしょ!!

冷や汗とは何か思い知った小泉がお送りしました!

こんばんは、飯田です。
本屋さんにて、本を買わずに携帯で撮影する行為は、ある意味万引きと同じであると思うのですが、喫茶店やカフェ等に置いてある雑誌の場合はどうなんでしょうか?

そんな疑問をもちながら、喫茶店でコーヒーを飲み雑誌を読んでいると、まさかの展開!!
IMG_5894.JPG
まさかの必要な箇所の切り抜き!! 
(めちゃくちゃ 雑に切り取られている)

それ以外にも、雑誌のワンココーナーでもあるナンプレのゲームを解いてあったりと・・・。
いくら、喫茶店が用意したサービスアイテムであっても、これはチョットどうかと思うのですがね。
ある意味、公衆の場と言えるところでの、モラルって何処にいってしまったんでしょうか。

さて、ここ最近パンツの紹介が続いている中で、本日もパンツのご紹介。

and wander Nylon Climbing Pants(→
-1.JPG
(179cm / 66kg / size:3)
デュポン社の耐久性撥水加工の施された薄手のナイロン素材で作られたパンツは、今の時期でもサラサラして気持ち良い素材。

ゴムの入ったウエスト部分は、非常にフィット感がよく、さらにウェビングベルト付きとあって、穿きたい腰の位置に合わせて微調整が出来る嬉しい仕様。
-5.jpg
(写真では少し伝わりにくいですが、ポケット等一部の抜い糸にリフレクター糸を仕様。 コレがまた良いアクセント!)

勿論、クライミングパンツと名が付くだけあって、股下はガゼット仕様。
-3.jpg

このガゼットと腰から太ももにかけてゆったりとしたシルエットが、足上げ時等の実際の動きに対して非常にストレスが少なく、めちゃくちゃ動きやすいデザインとなっており、さらには、足先にかけて細くなるテーパードが、なんともand wanderらしいシルエットで、動ける格好良いパンツへと仕上がっております。
-2.JPG

カラーも比較的に合わせやすい定番カラーのチャコール以外に、少しパンツにアクセントを求める方にオススメな、イエローがございます。
-4.jpg
(落ち着いたイエローですので、結構合わせやすと思います)

and wanderのデザインするパンツは、本当にカタチが良いモノが多く、このパンツもその1つ。
この生地厚とシルエットであれば、オールシーズンお使い頂けますので、非常にお買い得なアイテムではないでしょうか!



 

地味に入荷していた、最近のお気に入りアイテムのご紹介です。


お待たせしました。
point6のウールソックス、待望の短め丈のクッションモデルがようやく日本でも登場です。


Cycling Stealth Extra Light Mini Crew (⇒)
実はこのソックス、自転車カテゴリにラインナップされているもの。
しかし、その用途に限らずランニング・ハイキング・ウォーキングなどにもまったく問題なく使えます。
手にしてからというものヘビロテです。


先日の三方岩岳でもカラーコーデもばっちりなALTRA SUPERIOR2.0と合わせて使用。


右側が自分。
これまでは極薄モデルのものしか選択肢がなかったのですが(⇒)、このStealthが加わってからは使い分けが出来るように。
エクストラライトクッションの程度もほどよく、丈が少し長いことで砂なども進入しにくく、
フィット感はpoint6らしく締め付けないのにズレないイメージ。

すでに何人かからレビューをいただいていますが、皆ご満悦!
まだ日本で展開しているところはほぼ無いはず。
ぜひ一足先に体感を!

ほか、ミニクルー丈も入荷しました。
女性用にSサイズも少しだけあります。
(Hiking Tech Blast Light Mini Crew [Block Stripe]⇒)
(Hiking Tech Blast Light Mini Crew [Mixed Stripe]⇒)


今年リニューアルされたMYO(⇒)
自分がトレイルランニングを始めしばらくした後、ナイトトレイルに入ることになり、初めて購入したライトが旧作MYO XP。
そのテストがてら、ソロでナイトハイクをしに行ったことを今でも覚えています。

2,3年の空白の期間を経て、デザインも最近のペツルらしくなりここに復活!
PETZLのヘッドランプ、やはり好きですね。
愛用のe+LITE(⇒)とともに常に持ち歩く相棒となっています。

最も重要視する点は、乾電池式であること。
充電式バッテリーは手軽で使いやすく、乾電池購入の手間が掛からないところがメリットです。
しかし、旅に連れて行くとなると"充電"という行為が難しくなってきます。
乾電池であればどこでも購入が可能なため、汎用性が高い。
より軽量で高性能なリチウム電池も使えます。


スポット照射


ワイド照射

2パターンをクイックに切り替えられ、かつムラの無い光が得られます。
相当明るいですよ。これ。
常用のマックスは280ルーメン、ブーストボタン使用時で370ルーメンまで。
徐々に光量が落ちていくスタンダートライティングで、50時間使用可能。

電池込みの重量で170gを切るため(本体重量は100g前後、単3乾電池3本)、
この明るさが出せるライトの中では非常に高性能といえます。

この先ナイトランを伴うレースや長期縦走を考えている方はぜひ候補に。

以上、最近のお気に入りアイテム事情でした。

texted by 沢にドボンしたいキョヲヘイ
今年の沢用にヘルメットを新調したいですね。(⇒)

先日SCARPAの営業さんにお越しいただいた際、面白い資料&冊子を頂きました。

左側のカードは茂垣敬太さん、渡邉数馬さんをはじめとする錚々たるスポンサードクライマー10名の足型、実寸、実際に履いているおススメのクライミングシューズや着用サイズ、インプレッションなどをシートにまとめたもの。


サイズ選びに困っている方はかなり参考になりそうです。
店頭に置いてありますので是非ご覧ください!
もう一つは、瑞牆を舞台に倉上慶大さん、半田悠太さんのクライミング写真を載せたイメージブック。

臨場感のある美しい写真と、課題を登っている時に履いていたシューズが記され、イメージフォトだけに留まらずこちらも非常に参考になります。

一番後ろには、同ブランドのクライミングシューズラインナップが掲載されています。

こちらはフリーでお持ちいただけるものですので、是非店頭にお越しのお客様はお持ち帰りください!
(通販でもご希望ございましたら備考欄にご記入ください。無くなり次第終了です。)

さて、スカルパの営業さんが実際に使っていた、代理店が同じオスプレーのダッフルバッグが非常にクライマーに良さそうでしたので、早速ご紹介します!
“OSPREY/トランスポーター40”⇒

既にご存知の方も多いかと思いますが、こちらパッカブル仕様のダッフルバッグ。
収納サイズは多少大きいですが、パッドが入っているため、開くとしっかり形が出る上、荷物を衝撃から守ってくれる役目を果たします。
また、メーカーさん曰く『バックパックのように背負ったり、横持ち、縦持ちとあらゆる方向で持て、潰してしまえばクラッシュパッドに挟んでキャリー出来る』といった、目から鱗な使い方も可能とのコト。


サイズは4種類あるのですが、ボルダラーには断然40Lが人気だそう。

セキュリティーキー対応のジッパーを開けると、着替え、シューズ2〜3足、飲料ボトル、チョークバケット等を入れてちょうどよいサイズ感。

ポケットも外に3箇所、

中に1箇所と充実。

四隅にはギアループもあるので、万が一入らなかったシューズも外側にカラビナで付けてしまえば、一気に“登れる”クライマーですね!笑

価格も驚きの¥7,000ですので、非常にリーズナブル!
もちろん旅行かばんとしても使えるので持っておいて損はありません!

ちなみに営業さんはチョークバッグにオスプレーのドライバッグ6L(⇒)を使っているそうで、『コンパクトになるのでとてもイイ!』とのコトで、こちらも目から鱗!
気になる方はお試しアレ!

改めて営業さんはスゴイと思った小泉がお送りしました!
(オンラインショップセールも始まりました!!⇒)
2015summersalesmall.jpg


CALENDAR
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN