modelog

ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-0553 E-Mail:shop@moderateweb.com

フィールドレポート 春のバックカントリーツアー

桜も散り、イチョウの若葉の緑が綺麗な今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
こんばんは、飯田です。

もうすっかり春ですね〜。というより、日によっては初夏の陽気。。。
もう少し春の気持ちいい空気を楽しみたいものですが。

さて、先日お店のバックカントリーツアーで、白馬の春を思いっきり楽しんできました。

この日ツアーに参加して頂いたのは総勢7名。
皆さんの日頃の行いが良いお陰で、見事なまでの快晴の中、白馬乗鞍岳にを目指してバックカントリーツアースタート。
栂池のゴンドラを乗り、ロープウェイを乗り継いで自然園駅までいっきに標高上げる。
p5.JPG

ちなみに、常連様のPさんは、ゴンドラ乗り場で買ったこの↓大事な「ゴンドラ+ロープウェイ乗車券」を
p4.JPG
ゴンドラ下車後に四次元ポケットへ仕舞い込んでしまい、ロープウェイ乗車直前にチケットの紛失騒動を起こしたのを皮切りに、この日のツアーでは終始笑いを持っていってくれましたね〜。番亭の竹尾さんの軽快にPさんをいじる光景とかホント面白かったですね。
(僕の中でのBest Hit Ride賞でしたので、なんか、ドラえもん的なモノをお贈りしたいと思います)

ちなみに、ツアーの前日から入山者が急に増えたそうで、自然園の駅周辺はちょっとしたプチ混雑状態。
登り始めの混み具合をみてか、ただのルート間違いか定かではありませんが、ルートを変えるグループちらほらいるぐらい。
それでも、大自然の中に人が入り込めば、ルート上に我々グループだけの時間もあり、本当に気持ちい時間が流れます。
p1.JPG

p2.JPG

p6.JPG

p8.JPG

p3.JPG
途中まで前回と同じルートを登るものの、積雪量や天候の違いもあり雰囲気が全く違う事を楽しみつつ、初使用のスプリットでの登攀を更に楽しむ。

最後の急登に供えて少し長めの休憩をとり、いざ山頂アタック。

慣れないシール歩行。
板に貼り付けたシールと、クトーが効くように、足裏の感覚をしっかり確認しながら1歩1歩足を前に出していく。

そして、ようやく白馬乗鞍岳山頂へ到着。

絶景に感動しながら、今から滑る事への期待に胸が膨らむ。
山頂より少しトラバースして、ドロップポイントへ。
滑り出しは若干斜度があるものの、その後はかなり面白そうな斜面が広がる。
p9.JPG
それでも、雪質が気になり、緊張感が高まる。
先に滑り出した竹尾さんは、数十メートルしたでカメラを構えて僕らのライディングを撮影してくれる。
そんなカメラの前でもし転倒してしまったら・・・・。いや、兎に角、全力でカッコつけたライディングを撮影してもらうんだ!そんな意気込みでいるもんだから、更に緊張感が高まる。
(まぁ〜、この時ばかりは、正直ショップスタッフとしてよりも、いちスノーボーダーとして、このバックカントリーツアーを確実に楽しんでいましたね。)

滑り出しは少し重たいザラメでしたが、その後は極上のザラメを堪能しながら、オープンバーンを思い思いのラインで落としていく。

自分の前を滑る人を見ながら、あのラインカッコイイなとか、お〜あのターンカッコイイとか。


最後は、天然のバンクを皆で滑り降りながら声を上げ、最高の時間を過ごすものの、標高が下がるにつれて、楽しい時間の終わりが近づいてくるのを感じる。
あのなんとも言えない刹那さと、そして、最後に自分たちが登り滑り降りてきた山を見上げた時の気持は、うまく表現出来ないけど、心にジーンと来るものがあって、兎に角、この気持ちを与えてくれた山に“ありがとう”という気持ちでいっぱいになってくる。

これだから、バックカントリーは面白い!

そんな、楽しかったツアーを動画にしてみました。
*vimeoの調子が悪く アップロードが上手くいっていまん。
《追記 2014.4.18 13:00ごろ》
vimeoにアップロード出来るのが、無料アカウントの場合1週間のうちにアップロード出来る容量に制限があり、今週別の動画(→)をアップしておりますので、ツアーの動画がアップ出来るのは、23日以降となる予定です。


と、こんなツアーを、今後バックカントリーだけでなく、色々と計画しております。
このグリーンシーズンどれぐらいカタチに出来るかわかりませんが、是非、我々スタッフと一緒に山で遊びましょう!


 

本日4月16日は定休日を頂いております

モデラートブログへのアクセス誠にありがとうございます。

本日4月16日は週に一度の定休日を頂いております。明日、17日は午前11時30分より営業させて頂きます。

webにてご注文賜りました商品、並びにmailにてお問い合わせ頂きましたご回答は明日対応させて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します。



春の陽気が心地いい一日。

写真0_6.jpg
山行には絶好のコンディションとなってきました。

今回はソロで御在所岳の東側エリアを散策に。

湯の山温泉駅から鈴鹿スカイラインを駆け上がり、鳥居道谷を目指します。
昔に御在所のふもとにあったといわれる、三岳寺(さんがくじ)の旧参詣道がこの箇所にあるということなので、そこの調査が目的です。

写真0_1.jpg
岩をとびこえとびこえ谷を詰めていくと、ひょっこり現れる登山道入り口。
かすれたペンキマーキングとケルンを辿っていった先にありました。
ここは登山道としての紹介はなく、地形図にも徒歩道としての記載があるのみ。

その傾斜の急さと人が入っていないことによる荒れ荒れさで、一般的にはおすすめできませんね。

写真0_2.jpg
しばらく急傾斜をこなすと開けた谷に出たので、暖かな日差しのなか小休止。
本谷と割谷という2ルートがあり、今回は割谷ルートをチョイス。

今回はロンTとショーツの組み合わせ。
ぽかぽか陽気とはいえ、じっとしているとさすがに肌寒く感じます。

ARC'TERYXのこのSoleus Shorts(⇒)はサイドのスリットが大きく非常に脚上げがラク!
ウエスト部分、インナーショーツのフィット感もよく、まるで履いていないかのような心地よさ。
5ポケット付きで何かと便利です。


割谷を詰めていくと、やがて北のハライド方面と南の御在所裏道方面への分岐にたどり着きます。
三岳寺跡は裏道方面へ。

斜面をトラバースしながら下っていくと、やがて鐘撞堂跡へ。
この分岐で気になる4文字を見つけたのでそちらへ行くことに。

"割谷の頭"

ポイントまでは、しばらく狭い岩尾根を伝います。
そして5分ほどで到着したのがこの場所。

写真0_3.jpg
御在所岳を眼前に控え、岩に刻まれた"界"の文字。
なんとも不思議な空間でした。
あとで調べたところ、この"界"は境界のことで、かつての土地争いの名残だそうです。

写真0_4.jpg
鐘撞堂から下ると、石段跡が。
この先に三岳寺があったようです。
短いながら気持ちよく走れて、歴史も感じさせるなかなか面白いエリアです。

写真0_5.jpg
あっという間に藤内小屋。
トップスのMotus Crew LongSleeve(⇒)はかなり良い仕事をしてくれます。
暑ければ袖をまくって、少し肌寒ければ長そでで。
ベーシックなクルーネックのロングスリーブシャツは個人的にかなりキてますね。
濡れ感の無さはさすがPhaseシリーズといったところ。
肌触りも良く、風が抜けすぎない、絶妙なバランスです。

使用しているパックは現段階では詳しくは言えませんが、Paagoworksが開発しているトレイルランニングパック。
RUSH Project、テスト中です。かなり使えます。

湯の山温泉街からもロードをずっと走って下り、湯の山温泉駅まで戻りました。
車でなく、公共交通機関だけの利用だと登山道までのアプローチがそれなりにあるのがネックですね〜。
もっといろいろ行きたいところはあるんですが。

さて次はどこへ行きますかね。
texted by やけに空腹感が続いているキョヲヘイ

更に洗練されたOSPREYのストラトス、シラスシリーズ

やっと当店にも春の風物詩と言っても過言ではないOSPREYの人気パック、“ストラトス(M's)・シラス(W's)”シリーズが入荷して参りました!

左からストラトス24(⇒)、26(⇒)、34(⇒)、36(⇒)(数字はリッター数です)

多機能な割りに価格帯も抑え目な同シリーズ
今期は更に改良が加えられ、より洗練されたデザインとなりました。

特筆すべき改良点としては先ず、大型パックなどではお馴染み、本体下部に15ミリ幅のストラップが2本付き、スリーピングパッドやザックに入りきらない荷物などをアタッチメント出来るようになりました。

不要な時は取り外しが出来るので若干の軽量化にもなりますし、見た目も更にシンプルにカスタム可能です。

次に34、36リッターモデル限定ですが、こちらも大型ザックなどでよく見られる正面下部からのアクセスが可能となり、メインスペースが2気室になりました。

メインスペースの仕切りは取り外せないので、もし下の気室を使わない場合は先に説明したスリーピングパッドストラップを絞ればある程度コンプレッションできるので荷物のブレも抑えられます。


その他はショルダーストラップのフォームが肉抜きされ、より通気性が向上したり、


ピッケル、ポールアタッチメント用のバンジーコードがスリット状のポケットに収納出来たり、


標準装備のレインカバーのカラーがレッドからグリーンに変わったりなどなど細かい改良で、より洗練された製品に進化しております。


そして背負っている最中もバックパネルと背中が接することなく快適な“エアスピードサスペンション”や


オスプレー独自の機構、パックを背負った状態でトレッキングポールを着脱できる“ストウオンザゴー”は今回も健在です。




エントリーユーザーからコアユーザーまで幅広く満足させるベストセラーモデル。
是非ご検討あれ!
女性用モデル、シラスはコチラ(⇒)。

ギアの進化に感心しっぱなしの小泉がお送りしました。

進化し続けるBlack Diamondのヘッドランプ

発売以来、携行性の良さとコンパクトさから絶大な人気を誇っていたLEDランタン“オービット”
その“オービット”が今年、大幅にバージョンアップしました。
Black Diamond オービット(⇒)
IMGP7698.JPG

パッと見では、従来のモデルと、何の違いも御座いません。
IMGP7700.JPG
IMGP7701.JPG
が、しかし、底部分を見ると、“VOYAGER⇒”でお馴染みのハンドライトとしても使える機能“フラッシュライト”が、
“オービット”にも搭載されたました。
IMGP7705.JPG
IMGP7702.JPG
さらに、ルーメンも45から60へ上がり、より明るさが増しております。
ワンクリックでランタンモード、ダブルクリックでフラッシュライト、トリプルクリックで両方と、操作も非常に簡単です。
IMGP7706.JPG
テント泊のお供に、新生“オービット”お一つ如何でしょうか?



さて、Black Diamondの光りものは、ランタンだけでは御座いません。
本日は、今シーズン新たなテクノロジーが搭載された、Black Diamondのヘッドランプをご紹介させて頂きます。
Black Diamond スポット(⇒)
IMGP7708.JPG
以前までの、丸みをおびたルックスから、ストームやリボルトに近いルックスに変貌したスポット。
デザインだけでなく、今回新たに“パワータップテクノロジー”という、ニューテクノロジーが搭載されました。
“パワータップテクノロジー”を説明する上で必要不可欠な、Black Diamondのヘッドランプに共通する基本機能を
ご紹介させて頂きます。

その機能は、ご存知の方も多いと思いますが、ヘッドランプのライトを付けた後、メインボタンを長押しすると、
無段階に照度調節が可能というものです。
これにより、電池寿命の調節やテント内での照度の調節が可能となっております。
IMGP7715.JPG

その基本機能をご理解頂いた上で、“パワータップテクノロジー”をご説明させて頂きますと、
本体右脇にある部分が、タッチセンサーとなっております。IMGP7711.JPG
照度調節を行った後に、このタッチセンサーに触れると、
以下の画像でもお判り頂けるように、瞬時に最高照度に、切り替わるんです。
IMGP7712.JPG
IMGP7713.JPG
テント内で本を読んだり、日記を書く際は、照度を落としていると思いますが、
いざトイレへとなると、照度を明るくする必要が御座います。その時活躍するのが、この機能です。
他にも、電池の消耗を防ぐ為に、夜間照度を落として行動の際、咄嗟に明るさが必要の時に、この機能がお使い頂けます。

あれば良いなを、形にしてしまってるBlack Diamondのテクノロジー凄すぎです。
パワータップテクノロジー是非体感頂きたい機能です。




本日ブログは、
上野がお伝えしました。




BLACK DIAMOND アパレル入荷しています。

こんにちは、飯田です。
明日は、待ちに待ったバックカントリーのスプリングツアー。
そして、ついに我慢が出来ずにお店にある貴重なレイトモデルに手を出してしまいました。(悩まれていた方本当にスミマセン)
__ 2.JPG
来期モデラートは、スプリットボードが今年より充実します。
それに向けて、色々とテストを兼ねてこのスプリングツアーに行ってきます。
__ 3.jpg
楽しみ!
__ 4.jpg
楽しみ!
__ 5.jpg
楽しみすぎます。
参加される皆さん、どうぞ、宜しくお願い致します。

さて、これと同じぐらい楽しみにしていたアイテムが入荷してきています。
「BLACK DIAMONDのアパレルライン (→)」
昨日のExhibition(→)でも、入荷してきている商品の一部をご紹介しております。
また、そこでご紹介させて頂いた、Schoeller社独自の撥水加工、「NanoSphere(ナノスフィア)」
DWR加工と具体的に何が違うの?と疑問に持たれる方もいらっしゃると思いますが、ここはお互いが具体的に情報を開示していない部分もあるので、明確な事を書くことが出来ませんが、Schoellerを多く使うBD社側としては、DWR加工よりもNanoSphereの方がその撥水性の高さと耐久性が優れているとの事。
商品もまだ入荷したばかりですので、使用感等のインプレが出来ないのが非常に申し訳ないのですが、実際にどれぐらいの差を体感出来るのか実に興味が湧きますね!

Alpine Start Hoody(→
P1017508.jpg
俗に言うところの、ウィンドシェル。
P1017605.jpg
(179cm/66kg SIZE:M)
勿論、ナノスフィアテクノロジーが施されたSchoeller生地を使用。
胸ポケットにに収納可能となっており、アウトドアシーンであればオールシーズン使用でき、必ずバックパックに入れておきたいアイテムの一つ。

一方、ハイテク素材ばかりじゃないのもBDアパレル良さ。
P1017503.jpg
[ ←Lift-Off Pants() / Stretch Font Pants→ ()]  
P1017505.jpg
コットンベースのパンツ。
夫々混紡率は違うもののストレッチ素材の糸を使用する事で、見た目以上の穿きやすさ。
P1017604.jpg

少し細めで97%コットを使用し、スタイリッシュなStretch Font Pants(P1017602.jpg

それよりももう少し太くナイロンの比率が高くなった、Lift-Off Pants(
P1017622.jpg
(179cm/66kg SIZE32)

ガチガチのアウトドアパンツもカッコイイですけど、街着+軽いトレッキング等に使用するな、こんなパンツもありですよね!
P1017600.jpg
(179cm/66kg SIZE32)

気候もよくなってきましたので、オシャレも楽しみながら、外遊びも楽しみましょう!

ヒロ沢プロジェクト第1回!

以前よりお伝えしています、ヒロ沢テントサイト再生プロジェクト。(⇒)
第1回は4/6の予定だったのですが、悪天候が予想されるため残念ながら中止に。
予備日であった翌日7日、平日お休みチーム5人で行ってきました!
これが記念すべき第1回!

写真6.jpg
朝一に朝明渓谷駐車場に集まり、のんびりとヒロ沢に向けて出発。
いろいろと話をしながら谷沿いを登っていくと、あっという間にハト峰。
昨日の悪天候は山上〜滋賀県側では雪となっていたようで、場所によっては5センチほどの積雪が。

写真5.jpg
稜線をまたぐと、三重県側の急登が嘘のように心地よい斜度の下りに。
次はあそこ行きましょうとか、あっちの道はここからいくとか、なんて話で盛り上がりつつずんずん進みます。

写真4.jpg
そんなこんなで約1.5時間でヒロ沢に到着。
そこにあったのは鉄トタン、塩ビパイプ、埋められたゴミetc...
各自何の作業をやるか役割分担をし、早速取りかかります。

見えている部分は大したことはありませんでしたが、埋まっている部分を少し引っ張り出すと、その下から出てくる出てくる。
掘り返せばキリがないのと、5人で持ち帰れる量を軽く越えてしまったために、現場を軽く整理し次につなげる準備をしました。

各々持ち帰り用の荷物を背負子にくくりつけ、お昼ごはん!

写真3.jpg
山で食べるごはんほど美味しいものはなく、しかも少し働いた後なのでなおさら!
神崎川(愛知川)のせせらぎと美しい景色を眺めながら、気の合う仲間と共に過ごす時間はたまらなく楽しいものです。

写真.jpg
食事の後はもうひと仕事。
半分忘れかけていた自分の荷物の重量を肩にずっしり感じながら来た道を戻ります。
全員積み過ぎた感があり、自然と無言に(笑

写真1.jpg
無事に駐車場まで戻り、第1回は無事終了となりました。
完了までの近道はないため、地道に進めていくしかありません。
非常にロケーションのいい場所なので、ぜひ綺麗にしたいですね。


個人的にちょくちょく顔を出させてもらっているBond Cafe Kitchenというカフェ。
最近山に行った帰りの自分の定番となりつつあり、この日来ていたメンバーの一人がマスターです。
写真2.jpg
四日市インターからほど近い、湯の山街道からすこし入ったところにあるカフェですが、かなりお気に入りです。

写真11.jpg
Bond Cafe Kitchen Facebook (⇒)

写真7.jpg
クリーンアップの日とは別日に訪れた際のランチ。
グリーンカレー。

写真9.jpg
飲み物・デザートをセットで付けることもできます。
美味しいです。
プリン。

写真10.jpg
鈴鹿Hiker's Meetingのステッカー、こもの登山マップも取り扱いアリ!

この独特の空間が好きで通ってしまいますね。
特に理由もなくダラダラしにいったり。
併設スペースでレコードやCDも購入できます。

ぜひ訪れてみてください!
 
texted by 通勤姿をいろんな人に目撃されているキョヲヘイ
※来週末(4/20)はランイベントです。ヒロ沢エリアも行く予定にしています。
よければご参加ください!(⇒)

1本は持ちたいBUCKのナイフ

当店にも遂に待望のあのギアが入荷しました!
“BUCK KNIVES”⇒

1902年、アメリカ・カンザス州にて無名の鍛冶屋の見習いホワイト・バックが創業。
使い古された刃を原材料に作られたナイフは頑丈で刃持ちが良く、大変評判となりました。

中でも代名詞的モデル、フォールディングハンター(⇒)は今年で発売50周年とあり、記念のエンブレムがハンドルに付いてプレミアム感満天です。

刃長9.5cm、全長(ハンドル)12.4cmとなっており、標準的サイズであろう私の手ですと少々大きくも感じますが、総合的な作業性でいうと一番使えるサイズではないでしょうか。

もう少しコンパクトに、しかし手に持った時のしっくり感が欲しい方にはこちらをどうぞ。
レンジャー(⇒)

刃長7.6cm、全長10.8cmとややスケールダウンし、ハンドルのシェイプも少し先が細いので、握った際人差し指に力が込めやすくなっています。

上記2点はどちらかと言うとキャンプ向けですが、山にも持って行きたいという方はこちらをどうぞ。
The 55(⇒)

刃長6cm、全長8.6cm、厚みはおよそ8mm、重量は約54gとフォールディングハンターを更に小型化し、携帯性を重視したモデル。
しかしながら仕様はフォールディングハンターと同じく刃の剛材には420HC、ハンドルはナチュラルウッドとブラス製ボルトで上質さは変わらずです。

ワンハンドオープン可能なノーブルマン(⇒)は全体がステンレス性で非常に都会的なデザインです。
クリップがついているのでデニムのポケットに入れておくと非常にスタイリッシュ。
価格もお手頃なのでプレゼントなどにもお勧めです。


全てに共通しているのが、刃が仕舞えて持ち運びに便利な折り畳み式、そして一度開いたらロックを解除しないと絶対に閉まらないロックブレード機構。
こういう見えない機能に、ちょっと触るとほぉ〜!と唸ってしまいます。

アウトドアマンとしていくら持っていても損はないナイフ。
この機会にいかがでしょうか?


キャンプ欲が沸いてきた小泉がお送りしました。

本日4月9日は定休日を頂いております

ここ四日市も桜の見ごろも今週末あたりまでとなりました。
菜の花や柴桜、チューリップなどなど色々な花が芽吹き始めました。

春の雪遊びも大詰め。スプリットボードでのんびりスプリンングバックカントリーも是非楽しみたいですね。

さて、本日も定休日に関わらずwebより沢山のご注文賜り誠にありがとうございます。
明日10日木曜日にご対応させて頂きますので、どうぞ今しばらくお待ちください。

いつもご贔屓頂き心より感謝申し上げます。



BIG AGNESより人気のワンタッチタープが入荷しました

“バックパック買ったけど、ボトルポケットがなくて不便・・・”
IMGP7655.JPG
IMGP7656.JPG

とお悩みの方、
お悩みを解決すべく、超画期的なアイテムが、この度入荷してまいりました。

tribeone パックタックセット(⇒)
IMGP7659.JPG
この小さなカラビナと穴の開いたプラスチック(パックタック)がとてもスゴイ働きをするのです。

IMGP7657.JPG
IMGP7658.JPG

上記画像のように、自分の好きなところにフックポイントを作れる超優れものです。
では、一体何故パックタックとカラビナだけで、こんなことが可能かということをより分かり易くするため、
透明の袋で試した画像をご紹介させて頂きます。
IMGP7660.JPG
IMGP7661.JPG

透明にするとお判り頂けるように、フックポイントを作りたい場所の内側に、パックタックをセットし、
表側からカラビナの先端をパックタックの溝にはめ込むだけという、いたってシンプルに取り付けが可能です。
生地にもよりますが、サイドコンプレッションが出来ないバックパックにフックポイントを作り、
コードを通してコンプレッション可能にすることも出来ました。
想像膨らむこちらのアイテム、お一つ如何でしょうか?

お使い頂く上での注意点として、カラビナの先端をはめ込む際、シルナイロンのような薄い生地の際は、
生地に傷がつかないよう慎重に差し込んで下さい。また、重量のあるものをフッキングすると、生地によっては、
パックタックのフックポイントがずれますので、いろいろ試した上で、フックポイントをお作り下さい。



さて、本日のご紹介のアイテムは、昨年のBIG AGNESのテントイベントで、ひときわお客様の注目を浴びていた、アノ商品が、
今年も入荷してまいりましたので、ご紹介させて頂きます。
BIG AGNES スリーフォークスシェルター(⇒)
IMGP7647.JPG
IMGP7648.JPG
入荷するや否や、早速店頭で張ってみましたが、一言“ドデカイ!!”
身長173cmの小泉が立ったままでも、すっぽり入れます。
IMGP7651.JPG
また、ドアが一枚標準で装備されており、取り外して逆サイドへの取り付けも可能です。
IMGP7652.JPG
IMGP7653.JPG
さらに、この商品の最大のウリは、税抜き¥22,000とコストパフォーマンスに優れている点も、
人気たるゆえんかと思います。
昨年買い逃された方、今年こそ是非お求め下さい。



本日ブログは、
上野がお伝えしました。




CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode

PROFILE

管理者

FEED

RSS ATOM