modelog

ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-0553 E-Mail:shop@moderateweb.com

“PETROMAX”のストームランタンLEDは、温かみのある暖色の照明がとても素敵です

PETROMAXに、こんな商品があるのご存知でしたでしょうか?
PETROMAX ストームランタンLED(⇒)
1.JPG
ランタンで有名なPETROMAXが、今期LEDを使用したランタンを発売しました。

LEDのランタンというと、青白い光で、温かみがなく、何処と無く冷たい雰囲気と思われるお客様も多いと思われます。
ですが、さすがランタン界にその名を轟かせるブランドだけあって、その部分はしっかりクリアしてきており、
温かみのあるオレンジの照明を今回採用しております。
2.JPG
3.JPG

さらに、特筆すべきは、シェードがご自身の好みに合わせて交換できるよう、
クリア、ブラウン、イエローの3色ご用意されております。
その時の雰囲気や気分にあわせて、照明の色を変えられるというのは、唯一無二のオプションだと思います。


スイッチのオンオフもとても簡単で、ボタン一つで操作出来ますので、小さなお子様でも容易に操作が可能です。
4.JPG

肝心のバッテリーは、底部に単三電池が3本入り、最大約12時間作動します。
5.JPG

メンテナンスも楽なLEDランタン、キャンプはもちろんのこと、災害時や非常時にも大変役立つと思います。
気分によってシェードの取り替えが可能なPETROMAXの“ストームランタンLED”、お一つ如何でしょうか?



本日ブログは、
上野がお伝えしました。



伊勢の森エントリー間近と オススメのオーガナイザー イーグリクリークの「パックイット スペクターフォルダー18」

こんばんは、飯田です。

■告知1
「伊勢の森トレイランニングレース」エントリーについて

さて、今年も開催されます「伊勢の森トレイルランニングレース」(⇒
大会は12/14(日)ですが、9/2がエントリー開始日となっております。

エントリー(通称:ゼロ関門)

このゼロ関門を突破出来るのは、たったの500人です。勿論、当日は、ゼロ関門をクリアできた方だけが出走が出来ます。
東海・関西エリアでは、レースの数がまだまだ少ない状態となっております。
また、遠方の方は、今回の伊勢の森をトレランの忘年会と題して、伊勢へ遊びにいらして下さい!

エントリー:9月2日(火)正午12時 (⇒

昨年は、エントリー開始から3〜40分で受付終了となっております。
是非、ゼロ関門を突破して、当日走れる1/500ランナーになりましょう!

■告知2
伊賀トレイルランニンググラブ主催「プロトレイルランナー松永紘明と走るトレランツアー IN 伊賀


伊賀を拠点にトレイルランニングを楽しむ「伊賀トレイルランニングクラブ」さん(⇒)が、10月にイベントを開催致します。(⇒

開催日時:10月18日〜19日
1dayの参加からお泊りでの参加まで、様々ニーズに応えられるよう開催コースが細かく設定されています。
随時受け付けをしておりますので、ご希望の方は、伊賀トレイルランニングクラブのHPよりエントリー(⇒)をお願い致します。


さて、今個人的にめちゃくちゃ旅がした気持ちでいっぱい。
と、言いますのも、先日patagoniaのウィールBAG(⇒)をご紹介した時に撮影で使用した、イーグリクリークの「パックイット スペクターフォルダー18」(⇒)(写真:右上のアイテム)が、あまりに、使いやすかったので、これを実際に使える旅行がしたい!そんな、アイテムありきが事の発端。
P1012094.jpg
簡単に言うと、シャツやボトムをパッキングする為のアイテムで、日本人的な感覚でいうと、風呂敷の要素をもったアイテム。
マジックテープで止められた上部を開いて、シャツやTシャツ、ボトム等が最大12枚収納する事が可能。
一般的なトラベル用のオーガナイザーと違い、中に入れる服の量にあわせて、サイズが自由に変えられるのが大きな特徴。
P1012097.jpg

服を畳むのが苦手な方の為に、適正サイズに畳めるボードと畳み方How toが表記されている程の親切ぶり!
P1012099.jpg

P1012100.jpg
アウトドア好きの方なら、円柱型のスタッフバックを沢山お持ちですので、旅行に行かれる際はそのスタッフバックをお使いになる方も多いと思いますが、こと、旅行の時に綺麗に服をパッキングするのであれば、この手が非常に使いやすいと思います。

のこりの夏に旅行を計画されている方、また、秋からの出張に備えて、是非、このアイテム(⇒)を使ってみては如何でしょうか!

疲れ足へのリカバリーグッズ! - feetures! PF(Plantar Fasciitis) Sleeve

8月も終わりに近づき、日に日に涼しくなっているような。
この季節は秋冬アイテムも徐々に立ち上がりはじめ、欠品していたアイテムたちも再入荷して来ています。
ぜひご確認を!(⇒)
フィールドではいよいよトレイルランニングのレースシーズンが始まりますね。
雨が多く、比較的過ごしやすかったように感じる今夏に、かなりトレーニングしていた方も多いのではないでしょうか。
自分も9月末のレースに向けてぼちぼちと動き始めています。

トレーニングを続けているとどうしても疲労がたまってきてしまいます。
もちろん疲労がたまらないようにコントロールできる事が最高でしょうが、どこかで追い込まないと強くなれないのも事実。
うまく疲労抜きや休養のサイクルが取れている人はやはり強いですね。

しかし、仕事やいろいろな事情で休養が取れないときもしばしば。
そんなときには体のリカバリーを助ける為にサプリメントや道具に頼るのもアリだと思います。
ことランナーにおいては脚の疲れがたまることは必至。
少しでもそんな疲労の蓄積を抑えるために、strassberg socks(ストラスバーグ・ソック)(⇒)や110% Play Harder(⇒)をこれまでにご紹介してきました。

そして今回はまた変わった、かつ効果的なアイテムのご紹介です。
P1010347.jpg
feetures! PF(Plantar Fasciitis;足底筋膜炎) Sleeve(⇒)
全米ランニング専門店が選ぶリカバリー専用ソックス。

自分も気に入ってかなり活用しています。
仕事柄、一日立ち仕事であり、駅までの移動手段はすべてランニング。
疲れはやはり波状攻撃のようにピークが来ます。
起き抜けに足がだるーいときも多々。
ちょっとがつがつ走ってみた時や、立っているのもしんどいと感じるようなとき、疲れを残したくない時、出張などの長時間の移動時など。
これまでのコンプレッションウェアとは違い、とてもお手軽なところが気に入っています。

P1010350.jpg
この変わった形のソックスは実はかなりコンプレッションが効いていて、足のアーチをぐいっと持ち上げてくれると共に足の血行を良くし、疲労物質を効果的に流すような仕組みがあります。
このように足底筋をサポートしてやることで、商品名にもなっている足底筋膜炎(PF)のケアとなります。
実際、これを履くとすぐに効果を実感でき、履いたまま寝た翌朝は気持ちよく第一歩を踏み出す事が出来ます。

P1010356.jpg
もっとも気に入っているポイントは中足骨アーチ(いわゆる前足部の横アーチですね)をサポートしてくれるところ。
自分の中でかなり早い段階で落ちてきてしまうポイントなので、追い込んだときは大体ここがやられています。
ここがサポートされているとやはり動きやすいので、これは重要なポイント。

また、休養時だけでなく運動時のインナーソックスとしても使えます。
かなり薄く、シームも最小限のため、重ね履きしても違和感が少ないつくり。

P1010362.jpg
サイズ感としては足長サイズとアーチ周径サイズで見ますが、後者のアーチ周径で選んだほうが良い印象です。
自分の足の実寸は足長23.5cm,アーチ周径24cm。
足幅があるために普段はUS8のシューズを使用。
(一般的に見ればこれは大きいシューズサイズチョイスだと思います。)

このPF sleeveに関してはMサイズを着用しています。
サイズレンジとしては、
Mサイズ:US6.5-9.5(Men's) US7.5-10.5(Women's) , アーチ周径18-26cm
L/XLサイズ:US10-14(Men's) US11-13(Women's) , アーチ周径23-33cm
となっています。

ソックスとしては割高です。
でも効果はテキメン。

基本的に足底筋膜炎の症状は片足にだけ出る症例が多いため、片足バラでも販売が可能です。(⇒)
しかし、自分のようにリカバリーとして使う方には、両足揃いで購入することをオススメします!(⇒)
両足の方が少しだけお買い得です。

ソックスの丈はくるぶし上のミニクルー丈。
普段使いでも問題なく使えます。
かなり快感です!
 
texted by ちょっとエンジンかかってきたキョヲヘイ
ヤツらも再入荷!ビール入れて山へGO!(⇒)

旅先にもサラッと羽織れるLSシャツ

ここ最近の天気の読み辛さときたらひどいもんですね。
ここ四日市も晴れ〜曇〜雨を2、3往復するくらい目まぐるしい変化で、今現在外は秋のような気持ちいい空気に包まれています。
また大きな災害が起こらないことを祈るばかりです。

さて、旅先やちょっとしたお出掛けの際の急な気温の変化でもサラッと羽織れるロングスリーブシャツが徐々に店頭で動き始めております。
“HOUDINI/M's Waft Shirt”⇒
P1010266.jpg
P1010267.jpg
非常にシンプルな見た目ながらもステッチの色使いや仕立てからとてもアーバンなオーラを放つ一品。

ポリウレタンが7%入った生地は横方向に伸縮し、サラサラな肌触りで着用しているストレスが無いのでオフのリラックスタイムにはピッタリです。
P1010255.jpg

パンツにインし易いように下2つのスナップボタンはステルス仕様。


さらには持ち運びも便利なポケッタブル機能も。
胸ポケットを裏返すとこのサイズになっちゃいます。
P1010263.jpg
因みに再度広げた後も殆どシワになりませんでした。

P1010252.jpg
(モデル身長172cm,体重59kg,サイズSを着用)

P1010253.jpg

次はもはや定番と化した名品シャツ。
“ARC'TERYX/Skyline Shirt LS”(⇒)
P1010231.jpg
P1010233.jpg
個人的にアクティビティに使えるYシャツと聞いて先ず思い浮かぶのはコレです。

先の商品同様ストレッチ、吸汗速乾、シワになりにくいなど、こちらもトラベル等で活躍する事間違い無しの一品。
P1010272.jpg
着用した際のシルエットの出方もさすがアークという他ありません。

P1010268.jpg
(モデル身長172cm,体重59kg,サイズXSを着用)

P1010270.jpg
今回紹介した両商品とも当店にて実測したサイズを商品ページに掲載しましたので、是非ご参照下さい。

そしてそして・・・(おまけ)
この秋冬注目!実はパンツもめちゃくちゃイイです⇒patagonia/Men's Tribune Pants - Regular(⇒※28/ASHT着用)
間もなく幻行き見つかりました。サイズ合えばいっときましょう⇒inov8/ROCLITE 286GTX(⇒)

健康のありがたみを痛感している小泉がお送りしました。

850フィルパワーグースダウンを使用した、僅か510gのNEMOのシュラフ

ブランドの中で、キャンプやトレッキング、ツーリングなど、幅広いシーンに向けたアイテムを展開する“NEMO”
依然“タニ2P”の人気もさることながら、今期新たに発売され、山岳のみならず、キャンプやフェス等にも使用可能な、
“ギャラクシーストーム”も大変好評で、NEMO=テントのイメージは定着してきたのではと思われます。

ですが、以前のブログでも紹介しましたように、シュラフ(⇒)やマット(⇒)も、素晴らしいアイテムが沢山展開されております。

本日は、そのNEMOのシュラフとマットを組み合わせてお使い頂く、一風変わったシュラフをご紹介させて頂きます。
NEMO サイレン(⇒)
9.JPG

一見すると、シュラフの下にマットが引いてあるだけの感じですが、ひっくり返すと、
背面側にはシュラフはなく、ガイラインが通っているだけの構造となっております。
7.JPG

そこに、必要となるのが、スリーピングパッドです。
6.JPG

このスリーピングパッドを背面側に滑りこませ、ガイラインを調節して、寝床が完成というのがこのシュラフの流れです。
8.JPG
10.JPG

背面をこの構造にすることで、大幅な軽量に繋がっており、重量は僅か510gという軽さを実現しております。
スリーピングパッドを超軽量の“ゾア”を使用すれば、マットとシュラフ合わせて1kgをきる軽さとなります。
その他にも、ダウンを入れているシェル自体も、10Dという非常に軽く薄いミニリップナイロンを採用しており、
表、裏共にDWR加工(撥水加工)が施されております。
これにより、少しの結露なら耐えることを可能にしております。

さらに、背面の調節がガイラインで可能なことにより、幅があるマットは勿論収納可能ですし、
ガイラインを外して上半身のみ掛け布団として、ご利用頂くことも可能です。

収納サイズも、ざっくり収納した際にはナルゲンの1.0Lボトルと比較するとやや大きめですが、
寝袋を収納するスタッフザック自体がコンプレッション出来る仕様のものですので、
コンプレッションし、さらに小さく収納することも可能です。
1.JPG
2.JPG
3.JPG

こちらの商品には、自宅での保管時のストレージバッグも付属品として付いておりますので、
羽根の折れやダウンのロフトの低下等のダウンの傷みを防いでくれます。
4.JPG
5.JPG

シュラフを軽量にする際、フィルパワーを落として軽量なものをお探しの方も多いと思います。
850フィルパワーグースダウンで510gは、かなり魅力的なシュラフではないでしょうか?
軽量シュラフお探しの方、かなりオススメです。



本日ブログは、
上野がお伝えしました。



ハンモックで昼寝をするスタイル hummingbird hammocks & eno 取り扱い始めました。

こんばんはmoderateの飯田です。

先日の定休日、いつも走り慣れた山へハンモックと少しのビールを持って「昼寝遊び」に行ってきました。
写真 1.JPG
ビールの350ml缶よりほんの少しだけ大きい緑の物体、コレが先日moderateに入荷したNEWアイテム
「Hummingbird Hammocks」(⇒
これを、ARC'TERYXのChilcotin 12(⇒)に詰めて寝不足の身体に背負わせ、せかせかと走る。
写真 2.JPG
(Chilcotin 12のインプレはまた後日)

目的地に着くなり、火照った身体を川でクールダウンさせるかのように泳ぎ、今度は冷えた体を乾いた石の暖めながら、少し高くなった空を見上げつつビールを楽しむ。

(実に幸せな時間)

そして、少し眠たくなってきたところで、手ごろな木をみつけてハンモックを張る。
写真.JPG
このhummingbird hammocksは、パラシュートと同じ素材で作られたハンモック。
耐加重も140kgまで大丈夫と理解していても、軽さとコンパクト性から自分の体重を本当に支えられるのか?と、少なからずとも頭のどこかでそんな事を思いながら、ゆっくり腰を掛け、沈み込むハンモックに包み込まれるように足を入れて横になる。

その瞬間、目の前には、いつも首を曲げて見上げていた景色が広がる。
写真 4.JPG
自然の中で宙に浮きながらゆらゆらと寝る心地よさ格別で、アラームだけセットしたら最後、深い眠りに入るまではアッと言う間!
その後、機械音のアラームで目を覚ますものの、あまりの気持ちよさに、あと少しだけと眠りのお替りを2度、3度。。。

この遊び、かなりハマリそう。

山でお泊りする時間が無い時は、昼寝だけをしに行くスタイルもあっても良いと思う。
そして、それにハンモックを使うというのは非常に有効的!

さて、そんなグットなアイテムのhummingbird hammocksの設営は、専用のTree Straps(⇒)を使う事で、非常に簡単に行うが出来ます。


そして、このTree Strapsが非常に面白い作りをしているのですよ。
木に巻き付けるウェビングベルトから伸びた白い紐。
この紐は1本の紐でループを形成しながら、その紐のかえしてきた部分を、自らの紐で縫い込む事で、長さを調整する事が出来る優れもの。(ウーピー スリングを採用
P1010226.jpg
加重が加わっていない時は、スルスルと紐の長さを調節する事が簡単に出来ながら、一度加重が加われば、紐が完全にロックされる仕組み。(言葉で表現するのがムズカしい。。。)

そして、その紐で作ったループを「ソフトリンクシステム」と言う物を使いハンモックと接続します。

メーカーさんの動画でもこの部分は説明されていますが、この部分だけ簡単に動画にしていますので、もし、接続方法等に「?」となれば、一度ご確認頂ければと思います。

ロープワークが苦手という方でも、これなら簡単に出来ますし、一度練習すれば直に覚えられちゃいます!

今回、ここでご紹介しているhummingbird hammocks以外にもenoのWネストも入荷中。(⇒
enoについては、また日を改めてご紹介させて頂きますが、二人でも使用出来る少し大きめなサイズ、そして、hummingbird hammocksとは少し違った柔らかい布地を使いつつ、カラーバリエーションが豊富なのも大きな特徴の一つではないでしょうか。
大きさも、一般的なハンモックにしては比較的に小さいと思います。

いつものトレッキング、いつものトレイルランニング、いつものBBQに、いつもの庭先、そんな、「いつもの所」でハンモックを張るだけで、また新しい遊び(スタイル)が生まれますので、是非、これからの季節に、ハンモックを楽しんでみては如何でしょうか!!

効率よく水分を摂るためのウエストベルト

先日はミニマルなウエストベルトUltrAspire Quantumを紹介しました。(⇒)
しかし!ボトルナシのスタイルは今時期の日中は死にかけます。
事実、昨日のお昼に1時間13kmほど水なし、小銭なしでランニングに出かけたところ、残り2,3kmで意識が朦朧と(笑
自分を奮い立たせ、気合で事なきを得ましたがやはり水分はこまめに摂った方がイイですよ!

てなわけで今日はボトルホルダーつきのウエストベルトを4種ご紹介。
inov8 RACEELITE3.5(⇒)
osprey REV solo (⇒)
Gregory Tempo1.5 (⇒)
ultimate direction access20 (⇒)
改めて商品を見直すと、各社とも工夫を重ねてますね。


P1010154.jpg
まずinov8。今回の中、最も大容量のモデル。

P1010156.jpg
腰中央部にタテについたボトルホルダーと、それを挟み込むように大型ジップポケットが2つ。

P1010155.jpg
ポケット容量は両サイド合わせて3L。小型バックパック並の容量を持ち、これ一つでもかなりの長時間動き続けることが可能です。

P1010151.jpg
ボトルは付属せず、好きなものを使うことができます。
写真はcamelbak ポディウムビッグチル ボトル0.75L。(⇒)(保冷の効くボトルで、本体を押すだけで口を付けずとも水を飲めるジェットバルブを採用しています。)
幅広の本体を持つため身体にフィットする面積が大きく、ソフトに腰部分を包み込んでくれます。

P1010158.jpg
次はgregory。
同社のトレイルランニングパックの主軸となるtempoシリーズの名を冠するウエストベルトとなります。

P1010167.jpg
ベルト自体にスリットが入っており、動きに追従するように考えられたつくり。

P1010161.jpg
水が満載状態の時でも揺れにくいように、スタビライザーもつけられています。

P1010165.jpg
ちょっとしたものを挟むようにバンジーコード、ジェルなどを入れるための小型メッシュポケット、さらに両サイドにジップポケットとかなりテクニカルなモデル。Hydrapak社製のボトルが付属。
一番値段が高いですが、満足度は高いはず!


P1010177.jpg
3つ目はosprey。

P1010169.jpg

P1010179.jpg
見た目は最もシンプルながら内側のパッドがよく、非常にフィット感に優れています。

P1010171.jpg
ポケットは右サイドと上部の二カ所。ちょっとしたロードランニングであればこれがベストチョイスに思えますね。

特筆すべきはオスプレーのオリジナルボトル!
P1010180.jpg
緩やかな曲線を描いた570mlのボトルはカラダへのあたりも少なく、揺れにくい形。

P1010182.jpg
ベスト型ザックのフロントに使う方も多いようです。
ベルトには左右どちらの方向からでも取り出せるようにセットでき、気の利いた仕様はオスプレーらしいところですね。


最後はultimate direction。

P1010144.jpg
よくある形のウエストベルトですが、ちょっとひねってきているのがこのメーカーらしいところ。
セット、リリースがしやすいTPU素材で作られたボトルケージや、見た目以上に身体に接する面積が大きくなるようにとられたデザイン。

P1010148.jpg
ソフトフラスク8oz(⇒)がぎりぎり入るサイズのポケットが一つと、バンジーコード。
ポケットは内部で間仕切りがされており、細かいものが動きにくくなっています。

P1010146.jpg

P1010150.jpg
ビブホルダーとして使うことができるミニマルなクリップも付属。
レースにも十分使えますね。
また、ウエストベルトは端がぶらぶらしないような工夫がされ、見た目もスッキリしています。
普通のウエストベルトに収まらないちょっとした工夫が光ります。


各社ともそれぞれのいいところがあり、目的や好みとするフィット・機能によってチョイスすることができます。
まだまだ熱中症の危険は続きます。これらのウエストベルトで快適な水分補給ライフをどうぞ!

texted by 一気に日焼けしてヒリヒリしているキョヲヘイ
これ、なんだかイイすね(⇒)

メリノウール製品も大変お買い得です!

昨晩遂に幕を閉じたTJAR。
想像を絶する過酷な長旅に様々なドラマがあった事と思います。
当店のサポートランナー阪田氏も無事6日間16時間47分(同率4位)という好成績で長い長い道程を走り抜けました。
応援して下さった皆様、誠にありがとう御座いました!
そして出場者、関係者の皆様本当に本当にお疲れ様でした!!


さて当店はと言いますと、本日セール最終日も皆様のおかげで盛況のうちに終わる事が出来ました!
誠にありがとうございます!!
オンラインショップのセールは引き続き25日までやっておりますので、遠方のお客様は是非一度ご覧下さい!
                    ↓↓↓


本日のブログは店頭限定で販売していたセール品をオンラインショップにも解禁しましたのでご報告いたします!
下の2つのTシャツはどちらも上質な18.5ミクロンのニュージーランド産メリノウールを100%使用したもの。
ざっくり着れるフィット感ですので、ライフスタイルウェアとしてはもちろん、登山の際に着て頂いても全く問題ありません。
と書いてる間に1型完売してしまいました!(謝々)
“ibex/アンダーシックスティT”⇒
P1010078.jpg
P1010086.jpg

“ibex/エコーT”⇒
P1010091.jpg
P1010088.jpg

その他これから活躍する事間違い無しのベースレイヤー、
“ibex/Woolies Crew”⇒
P1010097.jpg
や、

こちらも普段着でも登山でもOKなロングスリーブ、
“ibex/Indie Turtle”⇒
P1010101.jpg
P1010100.jpg

サムホール、フード付きで冬場のランにも使える
“smartwool/M'S テラーフーディー”⇒
P1010111.jpg
P1010107.jpg
P1010116.jpg
等々、普段ではちょっと予算が・・・といったウールウェアも沢山セールになっております!
この機会にお得にいいものを沢山ゲットしてください!!
(モデルは身長179cm,体重66kgでibex製品はM、smartwool製品はSを着用しています。)

レースのワクワク感をまた味わいたくなった小泉がお送りしました。

outdoor researchの小物が大変お買い得です。

先週の土曜日から始まりました店頭でのセールも、いよいよ明日までとなりました。
お盆中も沢山のお客様にご来店頂き、ありがとう御座いました。
あると便利なプラスαのアイテムが、まだまだ御座いますので、是非お買い逃し無く。

また、店頭でのセールは明日までですが、WEBでのセール(⇒)は8/25までですので、こちらもお買い逃しなく。

さて、本日のオススメのセールアイテムは、outdoor researchの小物類です。
outdoor researchは、ウェアーはもちろん、キャップやハット、ゲーター等幅広いアイテムを展開しておりますが、
防水ケースやスタッフバック、オーガーナイザー等の小物類の展開も、大変充実しております。
そんなoutdoor researchの大変お買い得な小物類をご紹介させて頂きます。

1.JPG

2.JPG
何かとあると便利な、ストラップ。ザックにいろんなモノをアタッチメントしたり、
マットを縛る為に使ったり、用途は様々です。

3.JPG

名称未設定 1.jpg
電子機器を水から守ってくれるケースもORだと、いろんな種類が御座います。
ご自身のお持ちの機器にあわせ、最適なケースを是非お選び下さい。

6.JPG
ORの密かな定番アイテム“バックカントリーオーガナイザー”。
ちょっとした小物を入れるのに、最適なサイズのポーチです。

といったORの小物が、今ですと大変お安くお買い求め頂けますので、是非コチラ(⇒)より、チェックしてみてください。



本日ブログは、
上野がお伝えしました。



PETZL 新型NAOとPaaGo worksよりトレランパックの登場

こんばんは、飯田です。

さて、昨晩から始まったWEBセール。
初日より、本当に多くの方にご利用頂き誠にありがとうございます。
WEBセールは8/25までとなっておりますので、この機会をお見逃し無く!(店頭セールは、8/18まで)

さて、沢山のセールアイテムがあるなかで、オススメのアイテムピックアップ
■PETZL NAO 定価¥25,704(税込み)(⇒
↓↓↓↓↓↓
 
ヘッドランプに搭載された光センサーにより、遠くを見た時と、近くを見た時の光の照度を自動に調整してくれる、リアクティブ(自動調光)機能を搭載したNAOは、トレイルランナーを中心に圧倒的な支持を獲ている人気モデル。
夜トレイルを走るのに200ルーメンあれば、かなりストレスなく走ると言われる中で、このNAOは最大355ルーメン!
更には、NAOをPCに繋ぎ用途に応じて、光量の制御や、照射距離、時間の調整が可能といった自分オリジナルのカスタマイズが出来る所も大きな支持を獲てる秘密のひとつ。

「そんな、人気モデルがただいまの期間のみセール価格で販売中。」(⇒

と、言いますのも、9月上旬にNAOの新型が急遽発売される事になりました。(只今ご予約受付中 ⇒ 
NEWnao02.jpg
↑↑↑↑↑↑
新型NAO

アップデートの内容簡単言うと、最大照度が大幅にアップし、また、バッテリーの容量も大きくなった事で、照射時間が格段に伸びた事!

最大ルーメン (現行モデル)355ルーメン  (新型)575ルーメン
最長照射距離 (現行モデル)108m     (新型)135m
照射時間   (現行モデル)レベル1 〜4時間40分 レベル2 〜8時間
       (新型) 最適 ≒12時間半   最高 ≒6時間半


*)数値はメーカー公式より転用しております。
*)照射時間については、設定によって異なり、ひとつの目安としてご確認下さい。

現行モデルのNAOでも十二分に使えるヘッドランプですが、少しお待ちいただいて、スペックが上がった新型NAOを買うか、WEBセール中の今回のタイミングで5,141円お買い求めやすくなっているす現行モデルを買うか・・・。実に悩みどころではないでしょうか?!

現行モデルは、数量が残り僅かとなっておりますので、秋のロングレースに出場予定されている方は、是非このチャンスをお見逃し無く。
また、最新モデルをいち早く手に入れたい方は、是非、ご予約の程宜しくお願い致します。

ご予約と言えば、PAGGOが手がけるトレランパック「RUSH7」

こちらも、現在ご予約受付中です。(⇒
全国のコアショップやランナーが実際に使用しフィードバックされ作られたバック。
実際に、我々スタッフも使用させて頂き、意見をフィードバックさせて頂いております。
サンプルの時点でかなりの完成度でしたので、本製品ではそれを上回ってくるとなると、かなり期待の出来るアイテムのはず!
今から入荷が楽しみです!
 


CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode

PROFILE

管理者

FEED

RSS ATOM