modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com
いよいよ明日から始まりますね!GW!!
早くも今晩から帰省ラッシュが始まるなんて話も聞きますので、お出かけの際はくれぐれもお気を付けください!

さて、今シーズンも新製品が好調のNEMOからまたしても注目のエアマットが届きましたよ!
“NEMO/TENSOR 20/¥13,000〜”

NEMOの開発チームが数年に渡り研究して作り出したというこちらのモデル。

外見からすると何ら普通のエアパッドと大差無いように見えますが、まず判るのがその生地の薄さ。
20Dという非常に薄い生地を使用することで、圧倒的な収納時のコンパクトさと軽量性を実現。

スタッフサックに入ったTENSOR 20のSサイズ(122×51cm)とTHERMARESTのNeoAir XLiteのSサイズ(119×51cm)(⇒)を比べたところ、同じくらいのサイズには見えますが、圧縮するとNEMOの方がわずかに薄くコンパクトでした。

また重量は公表値でTENSORが30g軽量となっています。

そしてただ単に薄くて軽くてコンパクトというだけではありません。

中には伸縮性のある縦の隔壁、“SPACEFRAME BAFFLES”を仕込む事で、従来のエアマットのようなふわふわと不安定な感覚にならず、快適な寝心地です。
表面の緩やかな起伏もその寝心地に一役買ってます。

またそのスクエア型の構造により、点加重にも強く、体重をかけている所だけ地面に接してしまう底突きも抑えてくれます。

さらに両サイドのバッフルは少し高くなっており、横向きで寝た際の安定感も抜群です。

最大厚み7.5cmなので、寝心地はご想像の通りです。

スリーピングパッドの暖かさの指数であるR値こそ公表していないものの、底面の内側にはしっかり断熱用のアルミシートが入っていますので、それなりの保温性能は期待できるかと思います。(薄く影になっている所)

断熱シートが入っているとなると気になるのはそのシートのガサガサ音。
設営の際に若干聞こえはしましたが、寝ているときは殆ど気になりませんでした。

長さは2種類でSサイズの122cm(¥13,000)かRサイズ(¥16,000)の183cm(幅は一緒)です。

さらにこちら、プリマロフトのインサレーションが内側に仕込まれたタイプ“TENSOR INSULATED 20”もありますので、4シーズンも視野に入れるなら、こちらの選択をお勧めします!

ちなみにこちらのタイプはRサイズ(¥18,500)のみ在庫してます!

エアマットは膨らますのが面倒という方はTHERMARESTのコチラ(⇒)との併用がおすすめ!

価格的にも導入しやすいと思うので、試してみる価値は十分あると思いますよ!

小泉がお送りしました!

こんばんは飯田です。

山などで着るベースレイヤーは、各ブランドから本当に沢山発売されており、実際にどれが良いのかという話しになったりします。
でも、いろいろと紐解いていくと、化繊が良いのかウールが良いのかというところに、話がいきつくのではないでしょうか。

これは、着られる方の好みや、着るシチュエーション等によって大きく左右されるため、答えのない話でもあると思っています。
ただ、ウェアーを作る技術も日々進歩しており、化繊はウールの良さを得ようと、また、ウールは化繊の良さを得ようとしているようにも感じます。

今日は、アークテリクスがつくる新しいメリノウール製品をご紹介。

●Pelion(ペリオン)シリーズ ⇒
IMG_7474.JPG
(L→R)
Pelion Polo Shirt ⇒
Pelion Comp Shirt LS  ⇒
Pelion Comp Shirt SS ⇒

メリノウール100%ではなく、化繊との混紡素材でつくられたこのシリーズ。
ウールと化繊の混紡についても、沢山のメーカーが色々な方法で混紡素材を作っていますが、アークがつくる混紡は、ただ単にウールの糸と化繊糸を編みこんだモノではありません。

化繊の糸にウールがぐるぐると巻きつけられた糸でをつくり、それで生地を編んでおります。
IMG_7469.JPG
(生地名:Nucliex150 / ↑イメージ図)

ようするに、この糸でつくられた服は、表面はウールの肌触りであり、ウール特有の機能を発揮しながら、生地強度がウール100%のものよりアップするということ!
これにより、型崩れがおこりにくく、また、穴などがあいても広がりにくい等の効果が得られます!!

実際に、店頭で手に取られたお客様に、「ウールと化繊の混紡なんですよ。」と、ご案内すると「え!化繊混じってるの?!」と、非常に良いリアクションをしてくれるお客様もいらっしゃるほど!

そんな、Nucliex150を使用した商品をご紹介。

Pelion Polo Shirt ⇒
IMG_7476.JPG
デザインの良さは、山用とは思えない程!
実際に、街着としても十二分に着ていただけると思います。
IMG_7500.JPG
(179cm / 66kg / size:M)(ショーツ:Marin Short / size:M ⇒

Pelion Comp Shirt LS  ⇒
IMG_7488.JPG
ボディーは全て、メリノウールと化繊の混紡素材Nucliex150を使用。
バックパック等で負荷のかかりやすい肩上部から袖口までは、軽量、風通し、耐久性にこだわり厳選したテクニカル素材 Alatorre を使用。
IMG_7491.JPG
アーク好きの方なら、このAlatorreの名を聞けば、Elaho Shirt SS(⇒)と同じ素材!とお気づきだと思います。
IMG_7508.JPG
(179cm / 66kg / size:M)(パンツ:Palisade Pant / size:M ⇒

長袖はもう少しすると、低山では暑く思われると思いますが、CREWタイプなのに、袖口がシャツ同様にボタンタイプですので、腕まくりもしやすい!
このモデルは、素材も変わっていれば、作りの分部でのデザインも変わっているので、個人的にかなりオススメ!

Pelion Comp Shirt SS ⇒
IMG_7483.JPG
上で紹介した商品の半袖バージョン。
ロングスリーブも良いけど、兎に角、涼しい方が良いという方にオススメ!
IMG_7487.JPG
こちらは、肩のトップのみに補強素材として Alatorre を使用しています。
IMG_7510.JPG
(179cm / 66kg / size:M)(ショーツ:Palisade Short / size:M ⇒

トレッキング以外にも、ランでも使いやすいアイテムではないでしょうか!

ちなみに、3つ全てに共通するデザインとして、脇下にマチをもうけてあります。
これにより、腕を上げたときのツッパリを軽減してくれるますよ!
IMG_7511.jpg

昨年、patagoniaのメリノ デイリー(⇒)でウール人気が高まってきたように感じていた中で、今年は山と道からも、Merino Henry T-shirt(⇒)が発売され、そして、アークのこのテクニカルなウールのウェアーの登場と、密かにウール戦国時代に突入したような感じがしております。
勿論、ウール専門メーカーも良いアイテム(ibex)をリリースしております。

もし、まだウール製品をお試し頂いていない方は、是非、この春夏で何枚がセレクトしてみては如何でしょうか!

あたたかくなってきましたが、スウェットアイテムのご紹介です!


mrs_ (1).jpg
・ Cardigan / GRAY
・ Crew Sweat S/S / NAVY
・ Crew Sweat S/S / GRAY


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Mountain Research
Cardigan
mrs_ (6).jpg

mrs_ (8).jpg
172cm / 59kg / size:S / color:GREY

≪その他着用アイテム≫
HAT: Mountain Research / A.M. Cap / NAVY / L
TOPS:Mountain Research / N.W.A.T.S. (Wool) / C.GRAY / S
SHORTS: Mountain Research / Walker 6P Shorts / NAVY / M (ウエスト少し絞っています)
SHOES:Chaco / Ms Z/1 Classic / Black / 27cm

裏起毛が無いので、着れるシーズンが広がるのがGOOD。
mrs_ (4).jpg
ボタンはスナップボタンなので着脱が簡単!


mrs_ (5).jpg
iPhone6がスッポリ入るサイズのポケット×2



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Mountain Research
Crew Sweat S/S
mrs_ (13).jpg

mrs_ (14).jpg
172cm / 59kg / size:S / color:GREY

≪その他着用アイテム≫
HAT: Mountain Research / A.M. Cap / NAVY / L
TOPS:ibex /  VT Hoody / PewterHeather / S
SHORTS: Mountain Research / Walker 6P Shorts / KHAKI / M (ウエスト少し絞っています)
SHOES:Chaco / Ms Z/1 Classic / Black / 27cm

mrs_ (3).jpg

mrs_ (2).jpg
Cardigan同様、裏起毛なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

別カラーの GRAY
mrs_ (9).jpg

mrs_ (10).jpg
172cm / 59kg / size:S / color:GREY

≪その他着用アイテム≫
HAT: Mountain Research / A.M. Cap / NAVY / L
TOPS: Mountain Research / Phishing Shirt (1P) / NAVY / S
SHORTS: Mountain Research / Crafted Shorts / KHAKI / M (ウエスト:ベルト無しだとブカブカ)
SHOES:Chaco / Ms Z/1 Classic / Black / 27cm

mrs_ (11).jpg

mrs_ (12).jpg
  172cm / 59kg / size:S / color:GREY

≪その他着用アイテム≫
HAT: HODINI / Lure Hat / Cheroot Brown / M
PATNS: 山と道 / 5-POCKETS LONG PANTS / PEWTER / S
※↑今期無いカラーです!気になっている方はお早めにどうぞ!
SHOES:Chaco / Ms Z/1 Classic / Black / 27cm



半袖スウェットは、着れる時期が限られそうな感じがしますが、
シャツなどと合わせれば寒い季節も、あたたかくなってくれば1枚でと、
真夏以外は着ていただけるので、実は長袖スエットよりも使えるアイテム。

着こなしが難しいかな...と思いきや、意外と何でも合うもんです。
着こなしが増えると、着れるシーズンも増え、楽しさ倍増。

暑くなりすぎる前にスウェット、着ておきましょう!
個人的はショーツと合わせるのが最高にかわいいと思っております。

 
カーディガン、、、まだいけます。
半袖スウェット、、、まだまだいけます。
ゆあさでした。

20℃を超えるような日も増えてきて、水遊びが出来るシーズンはもう目の前まで来ています。

ルナサンダル、ゼロシューズ、Chaco、keenとサンダルは多数入荷してきていますが、
水辺でもストレス無く履くことの出来るものは意外と少なかったりします。

水中でも履き物が水にもっていかれにくい、軽い、水抜けが良い、グリップする、足の動きに追従する。
これらは川などに足を突っ込んでみるとよく分かりますが、ビーチサンダルなどは水に突っ込んだ瞬間に
流れに持って行かれてしまうことがしばしば。

そんな要望を知ってか知らずか、足を守りながらもストレス無く遊ぶことの出来るサンダル(?)がサロモンより登場です。


CROSS AMPHIBIAN(クロス アンフィビアン) (Men's⇒ , Women's⇒)
右の黒×赤モデルがメンズ、左の黒×ピンク×白がレディースモデルです。






これはぜひ裸足で履いて頂きたい!
サロモンの特性でもある吸い付くような素晴らしいフィット感はそのままに、アッパーは指が透けて見えるほどの
フルメッシュで涼しさと水抜け性を得ています。


特に足首部分のぴたっとくるつくりは秀逸で、まったく違和感なしにフィットしてくれます。
こうなっていることで水中でも脱げにくく、また小石などの異物が中に入ることを防いでくれます。


また、足全体を守ってくれることでなにがあるかわからない水中でも安心して動き回ることが可能。
トゥガードも小さいながらしっかりと付けられています。


履き心地を高めているのは、実はインソールが入っているからという理由もあります。
履いたイメージは超軽量のランニングシューズ!

温暖な時期の軽いハイキング、川遊び、また涼しいシューズとして普段履きにも適します。
屈曲性が高く、足の動きを邪魔しないので履いていて本当に気持ちいいですね。


また、アウトソールには波状にスリットが入れられており、排水性を高めることでグリップ性能を高めています。

これまでにない完成度で作られたウォーターシューズ。
かなり幅広いシーンで活躍すること間違いなし。
実測重量は片足187g(US7.5)。
サンダルに飽きた、でも靴を履くのは暑苦しいという方にはぜひ!


イベントのお知らせです。
来る5/1(日)、ALTRAジャパンのスタッフであり、TAKE Foot Worksの川上武則氏をお招きして
LTRクリニックとカスタムインソール作成会を開催します!
改めてFacebookやNewsなどで詳細をお知らせいたしますので、予定をあけておいてください!
LTRクリニックはAMの部10名ほど、PMの部6名ほど、インソール作成は5名ほどを予定しています。
こうご期待!
 

texted by 気候の変化に翻弄されっぱなしのキョヲヘイ

先日のお休みはおよそ1年半ぶりに鳳来は鬼石にてクライミング。

前回RP寸前までいった“first 5.12a”を3トライほどするも再びRPならず。
普段のトレーニングは専らボルダーばかりで、ルートならではのクリップ、レストなど、中々それだけでは培えない要素もあり、久しぶりにジムでもルートをしたいと思った次第です。
(写真はメインウォール)


さて、鬼石といえば片道1時間前後のアプローチが付き物ですが、スポルティバより、かなり良さげなアプローチシューズが発売されました!
“LA SPORTIVA/TX 2/¥18,000”

今季新たにラインナップに加わった“TX(トラバース X)”シリーズは、アプローチ、登山、トレイルランニングの3つのジャンルの要素がミックスされた全く新しいアプローチシューズ。

TX2はマルチピッチを想定したシリーズ中最も軽量なモデル(片足約280g)。
アッパーは通気性に優れたメッシュを用い、少し低めの設計。
シューレースのシステムはクライミングシューズの“ミスト”と同様にし、レース末端から引くだけで全体的にフィットします。

面白いギミックとして、ソールに格納されている“C2コンボコード”で左右を束ね、ハーネスなどにぶら下げて持ち運べる仕様。



前足部がやや広めの作りな為、従来のアプローチシューズに比べて窮屈感が無く、安定性の高い歩行が可能に。


アウトソールはHOKAなどでもおなじみVibram Mega-Gripを採用し、高いフリクション性能で岩の上を歩く際も安心です。


もうひとつはこちら。
“LA SPORTIVA/TX 4/¥19,800”

シリーズ唯一のレザーアッパーで、最も耐久性能が高いモデル。
靴の周囲をぐるっと囲っているラバーバンドが印象的です。


“STBコントロールシステム”によりヒールからアーチにかけてしっかり包み込まれる感覚で、少々ごつごつした路面に足を置いても、靴の中で足がブレる感覚が起きません。


またアウトソールには同ブランドの登山靴、トレランシューズでもお馴染みの“インパクトブレーキシステム”が搭載され、トラクション性能の向上に一役買っています。


重量は片足約380g。
TX2に比べ少々重くはなりますが、しっかりした剛性と耐久性の高いアッパーなどのスペックは、アプローチだけに留まらず、トレッキングにも十分使えてしまうモデルです。

両モデルともデザインはスポルティバらしく、シャープ且つクール。
是非履き比べしていただきたい1足です!

それと、同ブランドの新作クライミングシューズ、SKWAMA(⇒)、OTAKI(⇒)の小さいサイズがやっと入荷してきました!
こちらも早いもの勝ちですよ!

小泉がお送りしました!


CALENDAR
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN