modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

いつもmoderateのブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

今回、ホームページをリニューアル致しました。(⇒

また、それに伴いmoderateブログとNEWSページが引っ越ししております。

 

・あたらしいブログのページ ⇒ 

・あたらしいNEWSのページ ⇒ 

 

パソコンや携帯で「お気に入り」にご登録頂いている方は、再度ご登録の程、宜しくお願いいたします。


LONE PEAK3.0()をフィールドで試してすっかりお気に入りになった松下です。

アルトラ独特の前足部の広さにより、横方向への若干のズレ感は感じてしまいますが

足の裏の力を入れるポイントを掴みながら上手に履きこなせば非常に気持ちよく走れるシューズ。

そして今回は、個人的に気になるコチラのモデルをご紹介。

 

LONE PEAK3.0 MID(オンラインショップページはコチラ■)

1.jpg

パッと見はLONE PEAKの足首回りが長くなっただけに見えますが、細かな違いがあるんです。

4.jpg

ソールパターンは、同じですが手で曲げてみるとミッドカットモデルの方がソールが少々固く感じます。

また、つま先部分もよく見てみると...
8.jpg

ローカットモデルと比べると、補強がより強く、よりしっかりとしています。

写真では中々お伝えしにくいので、店頭で触って比べて頂きたいポイントの一つ。

5.jpg

足首回りは、肉厚な造りで固めすぎず緩すぎずの丁度良い塩梅のサポート性。

少々重めの荷物を担いでの山行やこれからファストパッキングを始めてみたいけど

いきなりローカットのトレランシューズは不安...という方にもお勧め。

3.jpg

アイレットはフック式では無く紐を通すタイプなので、履く際にはアイレットから紐を抜いてしまった方が

足入れが容易です。また、足首の前方向への屈曲性が欲しい場面では敢えてアイレットに紐を通さずに

履いてもOK。平坦な道が続くシチュエーションでは抜群に歩きやすくなります。

7.jpg

ヒール部分には、しっかりとした補強が入っており重たい荷物を担いだ時にも踵のブレを防いでくれます。

6.jpg

コチラはLONE PEAK3.0(ローカット)のヒール部分の写真です。

比べて頂くと補強具合の差がお分かり頂けると思います。

そして、一番の違いがやはりアッパー素材。

9.jpg

メッシュでは無くソフトシェル素材を使用しており、防水透湿素材のポーラテックネオシェルが

使用されています。耐水圧はゴアテックスに劣るものの、透湿量に関してはとても高い素材です。

しかし、注意点としてこちらのLONE PEAK3.0 MIDはシーム処理がされていません。

少々の雨なら問題ないと思われますが、急な川の流れの中にシューズを浸けたりすると圧力がかかって

浸水してしまう恐れがあります。完全防水では無い為、その分透湿量は確実にアップするので

シチュエーションや履き方に気をつけてあげれば幅広いフィールドで活躍してくれるシューズです。

 

これから紅葉が始まる低山域での縦走ハイクやファストパッキングに足首を適度に守ってくれる

LONE PEAK 3.0 MID()でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、レディースモデルも御座います。(オンラインショップページはコチラ■)

10.jpg

本日のブログは、もうすぐ山の麓へ引っ越す松下がお届けしました。

家電一式揃えるのが大変です...。
 


夕方からだいぶ冷え込むようになってきましたね。

パタゴニアのベストの出番です。

 

モデラートではパタゴニアのベストはメンズサイズとキッズサイズを取り扱っております。

レディースサイズは取り扱いがなく、店頭で比較していただくことができないので、

ブログで比較してみたいと思います。

キッズとレディースでサイズが異なるので、分かりにくい部分もありますが、参考程度にご覧ください。

 

Kids Retro X Vest

6.jpg

※スタッフが普段着用しているサイズ(キッズ:XL、レディース:S)で比較しております。

 

7.jpg

子供用ですが、キッズの中のボーイズサイズなので身幅はしっかり広くとってあります。

 

8.jpg

丈も少し長め

 

9.jpg

レディースのほうが生地もしっかりしており、風は通しにくい作り。

キッズの裏地は薄いナイロンが1枚。悪く言えば少し寒そうですが、

その分、着用した時の軽さや、動きやすさはキッズのほうが良いです。

 

 

1.jpg

 

2.jpg

154cm

 

- - - - - - - - - - - - - - - -

 

Girls' Los Gatos Fleece Vest

11.jpg

こちらは見たことある方もいらっしゃると思いますが、実はNEWアイテム。

もともとロスガトスベストはキッズサイズの展開なく、この秋冬からの登場!

 

12.jpg

レトロXベストはキッズのボーイズサイズですが、こちらのロスガトスベストはガールズサイズ。

なのでボーイズサイズよりやや小さめ。レトロXベストがLサイズの方は

ロスガトスベストだとXLサイズにあげても良いと思います。

 

13.jpg

 

14.jpg

キッズは裏地なし。レトロXベストと同様、こちらも風を通してしまうのでは?という心配が上がります。

ベストの上に何も羽織らない状態で来た場合は、たしかに、レディースと比較すると風は通してしまいます。

ただ、内側が起毛しているので、インナーとベストの間に空気の層ができます。

そしてベストの上に1枚羽織ることで、温められた空気を閉じ込めるので

レイヤリングによって裏地のない点は補えると思います。

 

3.jpg

 

4.jpg

154cm

 

メリット

デメリット

キッズ

お手頃な価格 / 配色が可愛らし / 軽くてごわつきにくい / 日本人体型、身長の低い人に合ったサイズ感  

生地が薄い / 丈・袖が短い
レディース

女性らしいシルエットがでる / 生地がしっかりしており風を通しにくい

丈が長く、ウエストが細いなどサイズ感が難しい / ごわつきやすい

 

 

私はどちらもレディースを持っていますが、ウエストの締まった感じがやや気になり、

ジッパーを開けて着用することが多いです。キッズなら締めても使いやすそうです。

裏地などの関係でメンズ・レディースと比較すると頼りなさそうなイメージですが、

ベスト自体も重さも軽くなり、かえって良い部分もあります。

冬はできるだけ軽いものを着用したいので、個人的にはキッズもいいじゃん....いやキッズのほうがいいじゃん!

 

ということで、モデラートではベストはレディースではなくキッズをお勧めいたします!

女性の皆様、是非!

男性の方もXXLサイズいかがですか?

 

 

ゆあさでした。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存


昨日は新人スタッフKAZと共に、当店の常連様が半年ほど前に伊賀にオープンさせたクライミングジム、“BAMBOO Bouldering”(⇒)さんに遊びに行ってきました!

(T様、来店遅くなり申し訳ありません!!笑)

当店でもいつもハイセンスなアイテムをセレクトいただいているだけあり、店内もデザイナーズ物件のようなとても居心地のいい空間でした。

肝心のウォールはというと、四日市では見る事の出来ない巨大バルジ、スケールのある強傾斜壁、常連さんでも飽きの来ないマンスリー課題などなどオーナー様の工夫が随所に感じられる素晴らしい出来栄えです!

またオーナー様の良いと思ったもの(ヨガ教室、スラックライン、TRX、etc...)は貪欲になんでも取り入れていく前向きな姿勢には非常に感銘を受けました。

お近くにお住いの方、そうでない方も通う価値のある素晴らしいジムですよ!

因みに今月末にはホールド替えを計画中との事ですので、その前後を体験するのも非常に面白いと思います。

是非一度遊びに行ってみてくださいね!!

 

 

さてさて話は変わりまして、先日行ってきた涸沢ハイクでの2晩目の徳沢園では、朝方3℃まで気温が下がり、寝ていられなかったと前のブログでお伝えしました。

その時の寝具がこちらになります。

スリーピングマットはEXPEDの“SynMat Hyperlite M”(⇒)。マットの保護と熱反射を狙いその下にはSOLのHSエマージェンシーブランケット(⇒)を敷いてます。このセットは非常に良かったです。

シュラフはWESTERN MOUNTAINEERINGのタマラックを使用。

前夜の宴会でブランケット代わりにしており、そのまま寝てしまったので、オープンの状態で使用。(これがヒートロスの原因ですね。笑)短さも手伝って、肩回りが寒かったです。

 

ウェアは、トップスにウールのベースレイヤー、IBEXのHOODED INDIE、HOUDINIのFrank Vest、アークのAtom LT Hoody(フードを被って就寝)(⇒)、OMMのダウンベストを着用。

ボトムスはHOUDINI/Action Twill Pant(⇒)とナンガのPortable Down Pants、そして足元もナンガのテントシューズを着用。

これでもかというくらい着込んで寝てましたが、超寒がりの自分にとってはまだ防寒が甘かったようです。悲

 

そこで次はこんなアイテムの買い足しを検討中!

“ISUKA/エア 130X”

軽量、コンパクト、耐摩耗性に優れ、超撥水加工のされたシェル素材を用いた“Air”シリーズの最軽量モデル。

軽量化のためにジッパーやフードを省いたマミー型。

肩口には冷気の侵入を抑えるドローコードを内蔵。

 

長さは180cmあるので男性向きと言えるでしょう。

 

総重量は実測327gと超軽量。

単純にタマラックと合わせた場合、タマラックがダウンの封入量255g(850+FP)で、130Xは130g(800+FP)ですので、トータル385gのシュラフが完成するわけです。

因みにナンガのダウン封入量380gの“UDD BAG380DX(770FP)”(⇒)で限界温度は-18℃となっています。

これを聞くと、かなり心強いシュラフへのバージョンアップが簡単に出来てしまいますね。

 

収納サイズはナルゲンボトル1Lとほぼ同じ。

無論、ダウンシュラフなのでさらに圧縮することも可能です。

価格もお手頃な¥17,000です。

夏山でのテン泊がメインの方などには、夏用シュラフを秋山で用いる際、温度帯を広げるブーストとしてとても有効なのではと思います。

 

OMMでの軽量スリーピングシステムの候補としても上がってくるアイテム。

一度ご検討いただければと思います!

 

秋のにほいに興奮気味の小泉がお送りしました!


スポーツの秋・食欲の秋・読書の秋、それと、物欲の秋。

こんばんは、飯田です。

 

店内に秋冬アイテムが沢山入荷してきているこの時期。

もう、物欲が強すぎて非常に困っています。

 

さて、先日のブログに続き()、本日もORTLIBE(オルトリーブ)の商品をご紹介。

 

● ORTLIEB|フォールディングボール シリーズ

ol01.jpg

3D溶接で完全防水のBAGを自国(ドイツ)で作るという拘りをもつORTLIEB

 

その技術を持ってバケツを作ると、こんなにオシャレでカッコイイモノになるんです!

このオシャレバケツは、気の利いたサイズ感で展開されており、本当に多くのシーンで活躍してくれます。

ol02.jpg

(下段:左⇒右/フォールディングボール 5L / 10L  / 20L)

 

● サイズ感の比較

ol03.jpg

左:フォールディングボール 5L (⇒

右:フォールディングボール 10L (⇒

 

ol04.jpg

左:フォールディングボール 20L (⇒■)

右:フォールダブルカーブート(50L)(⇒■)

 

● 使用イメージ

 

フォールディングボール 5L (⇒

ol06.jpg

キャンプの時の食器入れや、小型のシンクとして使うのは如何でしょう?

ol05.jpg

また、これからのシーズンであれば、フォールディングボールと氷と水でを使って、冷たい飲み物を冷やしておくのも良いですよね!

 

フォールディングボール 10L 20L (⇒ 

 

フォールディングボール 10Lと20L は、共に縦の長さと横の長さは全く同じ。

ol09.jpg

共に、2Lのペットボトルを寝かして置くと、本当にピッタリサイズ。

 

と、言うことは、靴を入れたりにするのに丁度良いサイズなんです。

ol08.jpg

(ALTRA ローンピーク3.0 / 27.5cmが良い感じに入ります!)

 

違うのは高さだけ!

ol10.jpg

 

 

個人的には、この2サイズが非常にお勧めサイズ!!

 

車に乗ってトレイルを遊び出かけるのは良いんですが、楽しく遊んで車に乗る時に、泥と汗でベタベタになったシューズとBAGをそのまま車に乗せるのって、ちょっと気を使いませんか?

 

それが、乗り合わせで行った時の、他の方の車ならなおさら。

 

お勧めサイズのフォールディングボール 10Lまたは20Lなら、シューズとBAGが綺麗に収まるんですよね!

(フォールディングボール 20LにRUSH 7Lとロンピーク3.0の27.5cmを入れた写真)

 

これがあれば、車を汚すことなく荷物が持ち運べるし、帰宅後は、そのままジャブジャブと手洗い出来るのも嬉しいですよね。

 

持ち運びに優れたフォールディングボールも良いですが、車のトランク沢山のギアを入れておいきたい方には、フォールダブル カー ブートもかなりお勧め!(⇒

ol11.jpg

(写真の上側に映っているアイテム)

 

非常に大きいサイズの為、めちゃくちゃ沢山のギアを入れておくの勿論ですが、フィールドへ遊びに行って着替える時に、車からフォールダブル カー ブートを出して、その中で着替えるという使い方も出来ます。

特に、スノーシーズンはこれが有難いんですよ!

 

そして、最大の特徴は非常に小さく折り畳みが出来るということ!!!!

ol13.jpg

どのサイズも、バケツの上部には芯が入っており、使用中は型崩れがしないようになっています。

また、その芯は角にはあえて入れておらず、その為、簡単に小さく畳むことが出来る、なんとも有難い仕様となっているのです!

 

こんな高機能なバケツが小さく畳めるとなれば、本当に使用シーンが増えますよね!

 

勿論、今回ご紹介した使い方以外でも沢山のパータンが、使う方のアイデアの数だけあります。

まずは、お試しのつもりでお一つお買い上げ頂くと、その良さがお分かりいただけると思います!!



CALENDAR
  • S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << December 2016 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN