modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

こんばんは飯田です。

 

今日は、朝明渓谷近くにある三休の湯さん()で開催された1周年イベント、さんきゅ〜フェスに参加してきました。

道に迷った台風の影響で、少し前の天気予報とは裏腹に朝からシトシトした天気。

 

雨の日に山を歩いたり走るのは慣れがあるものの、雨の中のフェスへの出店はこれが初めて!

 

「憂鬱な気持ち」

 

この気持ちが無いと言えば完全にウソになりますが、それでも、最初の呼吸で息を吐くのと同時にその気持ちを吐き出し、次の呼吸で「よし!楽しむか!!」という、空気を会場で準備する皆からいただく!

 

そうなると、兎に角、雨の中で準備する事がオモシロくなってくる。

 

雨の中、スタッフ5人がかり出店の準備を行う。

IMG_8832.JPG

無理を言って沢山のテントを張らせて頂き、雨の中なんとか準備完了!

丁度その頃から、天候もお客さんを迎え入れるかのように雨も上がり曇天に変わっていく。

 

近くの山からは、酸素を吐き出すかのように木々の間から霧が舞い上がり風に押し上げられる。

IMG_8827.JPG

その光景に心が安らぐ頃、アーティストさんたちによるライブが始まる。

 

 

やっぱり生バンドの音は本当に気持ちが良い。

しかも、この自然に限りなく近い環境で楽しめるのであればなおのこと!

IMG_8806.JPG

 

IMG_8809.JPG


IMG_8810.JPG

参加アーティストさんの年齢層、音楽のジャンルの広さ、より多くの方が楽しめイベントならでは!

 

雨天の都合で、moderateの物販スペースは非常に細々としておりましたが、今回展示したテントやタープは非常に好評かをいただきました。

IMG_8805.JPG

 

NEUTRAL OUTDOOR / GEテント4.0(

IMG_8807.JPG

 

NEUTRAL OUTDOOR / GEテントタープ(

IMG_8812.JPG

 

NEMO / WAGONTOP4P(

IMG_8811.JPG

お客様の中にはインスタを見て、お越し頂いた方もおり非常に嬉しかったですね〜。

 

 

その後、途中雨もパラパラと降る時間もありましたが、最高のライブとパフォーマンス!

IMG_8819.JPG

 

アーティストによる即興のJAMセッション

IMG_8828.JPG

 

そして、美味しい食事に舌鼓し、出店者でありながら大いにイベントを楽しませて頂きました。

IMG_8814.JPG

 

そして、予想通りイベント終了後の撤収の時間になると、待ってましたかの如く雨が降り出す始末。。。。

イベント中にあの雨量が無かったのがある意味奇跡でしたね!!

 

悪いながらも天気に恵まれた、さんきゅ〜フェスはある意味大成功だったのではないでしょうか!

 

兎に角、アーティスト・出展者・参加者の皆様それぞれに個性と存在感があり、本当に楽しいフェスになったと思います。

そして、また来年も開催されるのであれば、是非とも参加させて頂ければと勝手ながら思っております!

 

今回、足元の悪い中ご参加頂きました皆様、今回ご一緒させて頂きましたアーティストの皆様と他出展者様の皆様に心より感謝いたしております。

そして、このイベントを開催して頂きました、三休の湯オーナーさま黒宮ご夫妻に、この場をお借りしお礼申し上げればと思います。

 

 

是非、皆様も朝明近くに行かれた際は、是非、三休の湯へお立ち寄りください!

 

  • -
  • 2016.08.28 Sunday
  • 23:42

夏風邪が長引いている松下です。

20代前半までは一日寝たら治っていたのに、近頃は一週間ほど引っ張ってしまいます。

八ヶ岳で負った傷もまだ癒えず...回復力の低下をヒシヒシと感じております。

しかし、嘆いていても仕方ない。低下したなら上げれば良い!!

ということで食事面から見直して、日々の生活のルーティーンを変えていこうと考えております。

おすすめの健康法がございましたら、是非教えてください。

 

 

閑話休題 

 

 

本日は、patagoniaのバックパックをご紹介致します。

patagonia Linked Pack  ()

1.jpg

まずは基本的なギミックからご紹介させて頂きます。

元々はクライマー向けに作られているので登壁を妨げない細身のデザイン。

容量は16ℓで ロングルートではリードクライマーが、ショートルートではセカンドクライマーが使えるサイズ

2.jpg

背面とショルダーストラップには汗抜けを重視してエアフロー・メッシュを配置し上部中央に

ハイドレショーンホースの出し口があります。

3.jpg

ウェストベルは取り外し可能で、クライミングだけでなく自転車やトレッキング等様々なアクティビティーや

タウンユース等のシチュエーションに対応可能。

4.jpg

チェストベルトも細かく高さ調整が可能。金属パーツでしっかり固定する造りなのでテンションがかかる

動きをしても外れてしまう心配はありません。

5.jpg

そして、一番の特徴がここです。生地のデニール数。

通常これぐらいの容量ですと「アプローチザック」という部類のモノが多く「コンパクトさ」と「軽量化」を

重視して作られているものが多いのですが、クライミングでの使用も想定されているLinked Pack  ()の表地には

7.4オンス・630デニールのナイロンが使用されています。軽量化を重視されたモノとは全く異なった質感。

かなり激しく使い込めそうです。

6.jpg

底面等のより強度が求められる部位には940デニールのコーデュラ・バリスティックナイロンが使用されています。

7.jpg

左右の側面に6個ずつ計12個のウェビングループが付けられているので、細引き等を使えば色々と

アタッチメントできます。たくさんのクライミングギアから、駅のホームで脱いだジャケットまで

発想次第で取り付けるモノは盛りだくさん。

8.jpg

フロントポケットには落とし物防止のクリップ付き。

そして、このフロントポケットが意外と深いんです。

9.jpg

約30cm弱の十分な深さを備えているので、トポの収納に丁度良いサイズ。

普段使いならば、長財布も楽々入ります。

10.jpg

シンプルなトップロード型の作りでメインの収納口はドローコードを引くだけで開け閉めが行える仕様。

クライミング中の開け閉めも容易に行えますし、寒い季節のハイクや自転車等の

グローブを付けるシチュエーションでも操作がしやすくなっています。

11.jpg

上部まで荷物を詰めれば2ℓ程度の増量も可能。あとちょっと...あとほんの少しだけ荷物が入れば...。

なんて時にも対応可能です。

12.jpg

内側には小物入れもあります。旅行等で使用する際には貴重品の収納にお勧め。

14.jpg

トップ部のコードを使えばZシート()やジャケット類なども括り付けることが可能。

15.jpg

背負った印象もスッキリと見えるので、街中で使用しても違和感ゼロです。

ちょっとした買い物やお出かけの時に25ℓだと大きすぎるし、

サコッシュだけだと足りないし...という方にお勧めサイズ。

16.jpg

ネイビーは白シャツとの相性もGOODです。

実際の腕回りの動かし易さを知る為にmoderateのクライマースタッフKOIZUMIに

店内の鉄骨を使って試してもらいました。

KZ.jpg

やはり、クライミング時の動きを考慮してデザインされているだけあってロックの時に腕が干渉しなくて

使い易いとのことです。

いかにも感が出過ぎた作りでもないので、街中にも溶け込みやすく中身だけ入れ換えてクライミングや

ハイキングへ...というボーダレスな使い方ができる小型パック。

何かと使えそうなパック。丁度良いサイズのパックをお探しの方にLinked Pack  ()お勧めです。

 

KOIZUMIの動きを見ていてクライミング熱がフツフツと湧いてきた松下がお届けしました。

冬に向けてスキー用の体作りもしなくては...あ、その前に早く風邪と足を治します。

 

 

 

 


and wanderの秋冬、

レディースアイテムがいつも以上に入荷しているのこと、お気付きでしたでしょうか?

 

本日はその中から3点、ご紹介致します。

 

 

thermo nell collarless shirt [women]

ポリエステル(サーモライト) 55%、コットン 45%

IMG_4430.JPG

 

IMG_4434.JPG

154cm / color:navy / size:1

 

 

サーモライトという軽量保温素材を使用しています。

春夏アイテムにあったdry ox no collar shirtと形は同じ。
腕の上がる運動量を確保したパターン。
ザックを背負った時に干渉しないポケット、

フッタプに付いた紐にはカラビナが付いています。

 

メンズはスタンドカラータイプ→(

 

IMG_4438.JPG

 

IMG_4442.JPG

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

wool high neck T [unisex]

(レディース…size1、メンズ…size2,size3)

WOOL 100%

 IMG_4469.JPG

 

IMG_4464.JPG

154cm / color:gray / size:1

 

高い保温性、優れた調湿機能、抗菌消臭機能のあるウールのベースレイヤー。

ベースレイヤーですが、タイト過ぎないため、

ボディーラインを気にせず、これ1枚での着用もいけます。

 

IMG_4479.JPG

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

wool crew neck T [unisex](

(レディース…size1、メンズ…size2,size3)

WOOL 100%

IMG_4482.JPG

154cm / color:gray / size:1

 

wool high neck T・wool crew neck T、ともに

ウールを着なれていない私ですが、

チクチクする感じは、さほどありませんでした。

 

 

 

トップスの他にパンツも2種類入荷しております。

サイズ感がわからなかったという方は是非店頭でご試着ください!

 

 

ゆあさでした。


この頃は深夜に降りしきる大雨の音に癒されています。

自分の部屋は2Fなのですが、雨粒が、

・屋根にあたる

・地面にあたる

・ベランダの手すりにあたる

・前の公園の木にあたる

それぞれの音が全部異なり、布団の上で寝転がりうつらうつらしながら聴いていると、とても心地よくなってきます。

 

今朝もそうだったのですが、寝覚めに聞く雨音も好きですね。

雨の通勤のことを考えると憂鬱になってしまいますが。

 

 

家からお店まで30km足らず。

ふと思いつき、1週間に100kmを走ってみようと、仕事終わりに家まで全部走ったのが週に3回、通常の電車を交えた通勤ラン(1日累計10km)の2回を含めて、とりあえず達成したのが先々週の話。

自分が意外なほど強くなっていること、走りの効率が上がっていること、足へのダメージの残り具合、今の自分における走り続けられる適度なペースなどを改めて知ることが出来ました。

 

もちろん仕事道具もバックパックに積んでおり、短い距離・時間なら都度バックパックを下ろし中身を探ってもさほど気にならないものの、3時間近くも走る場合は動きの流れを止めたくなく、かつ必要なものは手に届く範囲においておきたいと感じました。

 

写真 2016-08-23 16 36 03.jpg

そこで導入したのがNAKED RUNNING BANDです。

春先に一度入荷していたのですが、店頭にてあっという間に完売。

ちょうど昨年のTor des Geants(トルデジアン)にて小野選手がザックと共に使用していたこともあり、そこからも人気が出ていました。

少々の仕様変更を加え再入荷です。(⇒)

 

写真 2016-08-23 16 33 15.jpg

あえてストレッチ性の低い厚手のメッシュ生地を使うことで、荷物のブレを防ぎ身体へと密着させています。

身体をぐるりと包むように4つの大型ポケットが配され、前後のポケットには500mlのフラスクや山よりだんご、ケースつきのスマートフォンが入ってしまうほど。

先日のラン時には、サイクリストに人気の高いミニクリームパン(4個入り)をそのまま飲み込んでいました。

 

"サイズの大きなものでも容易に収納が出来ること。"

それはウエストベルトとしては非常に大きなメリットとなります。

そもそも収納容量はウエストベルト自体の機構に左右されてしまいます。

しかしNAKED RUNNING BANDの場合、豊富なサイズ展開を用意することで各人の体型にまずフィットさせるため、余分な調整機構が必要なく、ベルト全体を荷室として使うことが可能です。

写真 2016-08-23 16 33 57.jpg

また、今回のアップデートで前面に付けられたナンバービブホルダーや、後面に付けられているシリコングリップつきのストレッチバンドにより折りたたみ式のポールやレインウェアなどを安定して挟み込むことが可能となり、それを含めてもこの一つのアイテムのみで多くのレースに対応することができることとなります。

(因みに自分はレースには穴開けパンチを持ち込んでおり、お手製のゼッケンホルダーやウエストベルトのホルダーに合わせるためにゼッケンの穴を開け直しています。)

 

写真 2016-08-25 15 34 13.jpg

 

写真 2016-08-25 15 33 20.jpg

ポケットの生地は外側が高く、内側が低いつくり。

 

写真 2016-08-23 16 36 46.jpg

各ポケットの中央外側についたタブを引っ張ることで、取り出しや収納を簡単にしています。

 

写真 2016-08-23 16 35 15.jpg

キークリップも付けられています。

 

写真 2016-08-25 15 32 35.jpg

重量はサイズ4(M-L)で77g。

 

自分の実測サイズは

ウエスト(最も細いところ)72cm

腰骨部分76cm

ヒップ(最も太いところ)88cm

 

大体のパンツはXS、もしくは28インチ。

これでNAKED RUNNING BANDの使用サイズは4(M-L)。

少し緩く感じますが、ものを詰めてみるとちょうど良いレベル。

ロードランニングだけで見れば中身が揺れて困ることもありませんでした。

もちろん好き好みはあるので、ワンサイズ下(サイズ3)が良いという方もいるとは思いますが、前述のように大きく伸びるという素材ではないこともありヒップ部分が通るサイズをチョイスしなければ使用することが出来ない点には要注意です。

できる限り試着した上でお買い求めいただけると幸いです。

 

収納容量を増やすという目的ではなく、バックパックと合わせて使えるポケットを増やす役割として、単体でショートレースやエイドの充実したロングレースなどに、出張や旅行時のランニング用お供として。

かなり使えるなと感じています。

 

 

texted by もっとしっかり走ろう、自転車に乗って強くなろうと思ったキョヲヘイ


雑誌等よくご覧になられている方は既に見たことがあるかもしれませんが、待望(毎回言っている気がする)のこちらがちょっと遅れて入ってきました!

“NEUTRAL OUTDOOR/オフロードキャリアワゴン”⇒

その名の通りオフロードの悪路でも最大60kgまでの荷物をストレスなく運ぶことが出来る代物。

キャリア部の有効寸法は82×45×25僉

同ブランドのGEテント3.0(写真手前⇒)なら縦にすっぽり収まります。因みに隣はGEテント4.0(⇒)です。

見た目のインパクト、プロダクトとしてのカッコ良さがひと際目を引きますが、ただでかくて荷物を運ぶだけなら普通のワゴンです。

 

ただものでは無い、その違いはこちらの動画をどうぞ!

この収納性!すごくなすか!?

高さは出るもののうす〜く約22cmに折りたためるのは非常に驚きです。

収納してもタイヤは転がるので、およそ10kgある本体も楽々移動が可能です。

 

フロントのタイヤ2本は360°スムーズに回転、後ろのタイヤはそれに付いてくる形で前後に動きます。

 

キャリアの内外にはポケットが充実しており、直ぐ使いそうな小物の整理に便利です。

 

ナイロン地で覆われたキャリアの底面にはパットが入っており、下のフレームとの干渉を抑え、入れた荷物を安定させます。

 

キャリアが汚れたら、ドライバーとモンキーで簡単に外して洗えるのでメンテナンス性も良好です。

外したカバーは単体でも薪運びなどに使えそうですね。

男には堪らない“無駄に”欲しいギアの筆頭ではないでしょうか?笑

是非店頭にてご覧下さい!

 

また今週末に出店させていただく、28日(日)に三休の湯(⇒)さんで開催されるさんきゅ〜フェス(⇒)でも同ブランドの以下のラインナップを展示予定です。(展示内容は変更となる場合がございます。)

・GEテント4.0(⇒)
・バンブーテーブルLL(⇒)
・GEタープ(⇒)
・FTチェア HIGH(⇒)
・オフロードキャリアワゴン(⇒)
・クロスファイヤスタンド

※他にもNEMOのテント等も展示予定です。

是非お時間ある方は遊びにいらしてください!!

 

天気のせいで月末は実家に遠征になりそうな小泉がお送りしました!



CALENDAR
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN