modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com
週末のSMD等のイベントを前に、ヘリテイジからかゆいところに手が届くシェルターが届きました!
“HERITAGE/クロスオーバー ドーム”⇒

テントは重い・・・、ツェルトは手軽さに欠けるといった要望から生まれた本商品。

一見するとテントにしか見えませんが、“HERITAGE”ブランドだけに、他のシェルター類と同様、透湿性のある15Dリップストップナイロンを使用し、最低限のプロテクションと軽量性を追及したシェルター。
フロアにさえ同様の生地を使ったり、テントには付いているパーツ等を省き、徹底的に軽量化を追及しています。

ドーム型テントと同様に2本のポールをスリーブに通して自立させます。
ポールを入れる側でテンションを調整出来、ストックシェルター等と比べ、少ない手順で設営可能。

入り口は長辺側に1箇所。
2つのジッパーが逆L字に走っており、これらの開き具合を組み合わせて換気の度合いを微調整出来ます。
ちなみに、開けた入り口の生地を纏めるパーツなども省いてあります。
(写真は張綱を結ぶストラップに挟んでいます)

サイズはというと長辺が210cm、短辺は100cm、天高は105cmと、1人で使うには十分過ぎる程の空間。
2人が互い違いで横になれ、座りだと3人収容可。
入ってみて感じる事は居住性の高さ。顔の周りの圧迫感の少なさはドーム型ならでは。
しいて言うならフロアの生地の薄さが多少気になるかなというくらい。
それでも先日入荷したNEMO/BLAZE(⇒)のフライは7D、フロアが20Dですから、それと比べて平均的なプロテクションは良いのかなといった印象。

ベンチレーションは長辺側に2箇所。
もちろん内側から開閉でき、テントの仕様に近付けた形です。


気になる重量は、実測694g!!
シェルター本体の収納サイズはナルゲンボトル1Lとさほど変わらず!!!
テントではないとは言え、この軽さ、コンパクトさは驚愕です。

尚、張綱はご自身でご用意頂く必要があります。
(こんなのがオススメ!⇒)
専用のフットプリント等も一切無しです。
必要最低限のプロテクションしか備えていない事さえ頭に入れておけば、これほど積極的に使えるシェルターは無いのでは!?

OMMレースの候補にも急に名乗りを挙げたダークホース!
4万を下回る抑え目のプライスも魅力!

やはりギア選びは面白い!小泉がお送りしました!

こんばんは、飯田です。
ここ数日の天気から、秋雨シーズンの到来といった感じですかね。
梅雨同様に、妙に蒸し蒸しする時期であまりスッキリしませんが、たまに晴れた時の空の高さで秋を感んじられるので、季節の移り変わりが楽しめる、そんな気持ちい時期でもありますよね。

さて、秋が感じられる頃に着て頂くと非常に気持ちいパンツ&ショーツのご紹介。

and wander cotton wool climbing short & pants (short   pants
an00.jpg
コットン53%とウール47%の混紡素材のコットンウールビエラを使ったパンツ。

ウール素材だけのパンツだと、穿き心地の良さは抜群ですが強度的に少し心配。とは言え、ウールに強度を持たせるのであればナイロンを混ぜるのが一般的ですが、どうしても、ナイロンの硬さ出てしまう・・・。

コットンウールビエラは、名のごとく、ウールにコットンを混ぜる事でウールに必要な強度をコットンで補いつつ、ウールの柔らかさを損なわないように、コットンの良さが最大限に生かされております。
an02.jpg
この素材+クライミングパンツの動きやすいカッティングを取り入れた、and wanderのcotton wool climbing short & pants!

今回は、パンツにフォーカスしてご説明!
an06.jpg
個人的にアンドワンダーのパンツのシルエットは非常にお気に入り。
特に今回のコットン ウール クライミング パンツは、普段穿きに使用してもめちゃくちゃカッコよく、また、実際に動きやすいのがその特徴。

裾にかけて細くなった絶妙なテーパード。
an07.jpg

勿論、動きやすいように、お尻周り程よいゆとりがあり、股下にガゼットを設けるなどし、快適性がアップ!
an09.jpg

裾には、ドローコードを設けテーパード具合を楽しんだり、実用時の裾のストレスを解消出来る使用に。
an11.jpg

また、カッティング以外に特徴的なのは、パンツの脇の縫製に、リフレクターステッチを使用している点。
an10.jpg
(ポケット横から下に伸びる白く見える糸がリフレクター使用)

デザイナーの意図は確認をしておりませんが、夜間歩行の為にリフレクターの糸を使用したというよりかは、素材とシルエットで少しクラシカルなパンツになりがちな所に、リフレクターのステッチを用いることで、スパイスが効いた感じとなり、アーバンスタイルにも合う使用になっていると感じています。

そして、このパンツを最大限にオススメするポイントは、パンツの裏地!!
an03.jpg
実は、あまり地厚でないコットンウールビエラの生地は、秋冬シーズンを楽しむには少し心もとない感じなのですが、太ももの前面、腰から膝下にかけて、裏地に柔らかいナイロン生地があててあります。
an04.jpg
これにより、肌を刺すような北風が吹く季節でも、非常に温かく穿いて頂けます!

正直、最初生足にナイロン触れる事が少し違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、その柔からから、気付かないうちに慣れてしまいます!!

an13.jpg

素材の良さとカッティングの良さが相まって非常に良いパンツに仕上がってますので、是非、秋冬の一着としてラインナップに加えてみては如何でしょうか!


第3弾はお待ちかね、sixmoon designs(シックスムーンデザイン)。

シェルターのラインナップは全てが非自立式。そして軽量。
設営も簡単、必要最低限の張り綱とペグ、トレッキングポールさえあれば誰でも簡単に、素早く完了できます。
それだけ設計やコンセプトがしっかりと作られたシェルター類であるわけです。

当店blogやItem photoにて、幾度となく紹介させていただいているため、ご存じの方は多いかと思います。


昨年OMM Raceで使用したのはSix Moon DesignsのGatewood Cape(ゲイトウッドケープ)。
わずか11oz(約310g)の重量で、レインケープとしてもシェルターとしても使うことの出来る面白いアイテムです。

レインウェアも兼ねる幕類といえばタープポンチョが挙げられますが、
根本的なサイズや形状の違いなどから、全く別物ととらえて良いと思います。

シェルターとしての設営時には十分快適な空間を得ることが出来、樹林帯や低山におけるハイクの際には十分実用的です。


シックスムーンのシェルターは形がいくつもありますが、それぞれに特徴があり使いやすいシチュエーションがあります。
基本的には成型タープとして屋根の大きさや形がいくつかあり、またそこから派生するシェルターや、
2人用に最適化されたもの、風に強い形状でダブルポールのもの、虫除けやフロアが欲しい方のためにメッシュテントなど、
幅広くラインナップ。
タープとメッシュテントを組み合わせて使用することも可能で、
その場合ダブルウォールテントとしては非自立ながらも非常に軽量な部類に入ります。


もちろん高山での強風下など弱いとされるシチュエーションはありますが、
適材適所という言葉があるようにその状況に応じて対応することが重要になってきます。
荷物を軽くするということはなにかしら犠牲にしたり、知識や経験などでカバーしなければならない点が生じます。
そういった制限がかかる中で幅広い状況で使いやすく、またある程度のプロテクションも備えたアイテムが揃っているのが
シックスムーンだと感じています。


Deushtes CFを立てるのに最低必要なアイテム。


全て合わせてもペットボトル500ml飲料の重量にも満たない。
これって素晴らしいことだと思います。

show case当日は店内の至る所にシックスムーンのシェルターを設営します。
普段は見る機会の少ないモデルも並びますので、目に焼き付けるチャンス!
その場でシェルター類をご購入いただいた方にはささやかながら特典もご用意。
ぜひご検討ください!

ちなみにスティーブ本人は6日(日)に来場します。
 
texted by 雨に濡れまくった一日であったキョヲヘイ

ここ数日で一気に秋が近づいてきているのを感じますね。
それはそれでいいのですが、20日後に控えたアルプス行きを前に最近の悪天にかまけて全く脚を作れてないので不安でなりません。苦笑
もうヒル遭遇覚悟で雨中登山せなアカンですね〜。泣

さて気分は秋モードの中恐縮ですが、予定より4ヶ月遅れでシアトルスポーツの新作がやっと入ってきましたよ〜!

お馴染みソフトクーラーに新たに2モデルが新登場!
写真左のクーラートート20QT(⇒)は薄型でショルダーストラップも付いており、非常に持ち運びもしやすく、手頃なサイズ。

2Lペット3本がちょうど入り、その上に10cm弱のスペースが出来ます。

フロントのポケットには栓抜きや、ウェットティッシュ等を入れておくと、意外と便利です。
薄型なので車のトランクにも入れやすく、特にボトル類の持ち運びには非常に有効です。

ZIPトップクーラー(⇒)は従来のソフトクーラーの最大サイズ、40QTを上回る44QT!
口の両サイドはバックルで留めてあり、いざ開けるとかなり大きい開口部に。

バックルを閉じなくても保冷機能は働くので中身を詰めすぎた時はジッパーだけ閉めればOK!
ちなみに2Lペットはバックルを閉めても縦に入りました。
行きと帰りでは中身の量が減っていることが多いと思うので、この機能は便利ですね。
ほぼ箱型なので、中身がしっかり詰まっていれば、重ねて置いておくと省スペースになります。
こちらもショルダーストラップ付です。

どちらも特徴的でそれぞれにメリットがあり、持っておいて損は無し!
今シーズン通常ラインのソフトクーラーのイエローが未だに入荷してないのを考えると、今から来年の事を考えておくのも大いにアリかと思います!笑

過去の9月の天気が意外と良くて安心した小泉がお送りしました!

こんばんは、飯田です。
今年も開催されます「伊勢の森 トレイルランニングレース」(⇒

 ● 大会概要 (オフィシャルHPより引用)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【大 会 名】    伊勢の森トレイルランニングレース2015 20km
       ISE WOODS TRAIL RUN 20km
【開催場所】    伊勢の森/朝熊山(三重県伊勢市)
【開 催 日】    2015年12月20日(日)8:30スタート
【参加定員】    700名(予定)※下記一般募集を含む
【一般募集】    600名 RUNNETのみ
【参加資格】 ・18歳以上の男女
       ・制限時間内に完走を目指せる方
       ・ロードレースと異なり、山・自然という中でのあらゆる環境に対応ができて、
                      自己に責任を持てる方

【エントリー】    2015年9月2日(水)12:00(正午)〜9月7日(月)RUNNET(⇒
        ※入金確認後申込受付が完了します(定員になり次第締切)。
        締切後の入金分に関しましては、手数料等の諸経費を差し引いた金額を返金いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

エントリーは、9月2日(水)12:00 から RUNNET(⇒)にて受付開始です。

おそらく、受付スタートから30〜40分で定員となると思いますので、レースに参加される方は11:50頃からPCの前でスタンバイして頂く事をオススメします!


さてさて、お待たせ致しました、ARC'TERYXの秋冬新作アイテムの入荷が始まりました。
第一弾はBAG類を中心に入荷しており、オンラインショッピングにアップ完了いたしました。

その中より、今シーズンARC'TERYXのアイテムの中で、トピックの一つでもある、
アロー22のカラーバリエーション シリーズ。 (⇒
ar01.jpg
( BLACK | Black/Diablo Red | Black/Blue Tetra)(L→R)

今までリリースされていた定番のBLACK以外に今シーズンは、赤ジッパーの赤刺繍タイプのBlack/Diablo Redと、青ジッパーに青刺繍のBlack/Blue Tetraがリリースされています。
ar02.jpg

「赤Arroも青Arroも今期の限定カラー!」と、言いたい所ですが、オフィシャルでそのようなお話しを聞いていません・・
(聞き逃しただけかも・・・。)

ar04.jpg

そんな、あやふやな情報で非常に申し訳ないですが、ただ確実に言えることは、
2016年の春夏シーズンでは、また、BLACKの1色のみの展開となり、赤Arroも青Arroも来年の春夏には発売されません。
(2016年秋冬は現在不明)

もともと、Arroはテクニカルなカテゴリーのバックとしてリリースされておりましたが、いつしか、ライフスタイルのカテゴリーからリリースされています。
ただ、そのバック自体の作りは今も変わっておらず、実際に1dayのトレッキング等でも十分に使って頂ける仕様となっています。
むしろ、今のアークのテクニカル系のバックは非常に近代的なデザインや作りが感じられる中で、このアローは、何処かアークのクラッシクな部分を感じられ、非常に個人的に大好きなバックの一つでもあります。

そのデザインの一つが、 Armourlite素材を使用したカンガルーポケット!
このポケットは非常に使いやすく、あまりの使い勝手の良さに、ついつい荷物を放り込みたくなり、メインの荷室よりも、先にこのポケットがパンパンになる事ばかり!
ar05.jpg
(このカンガルーポケットは、見た目以上に容量があります。)

カラーは個人の好みがあるので難しい所ではありますが、
なんとなく、赤Arroのこのカラーリングがたまらなく好きですかね!
ar03.jpg

アロー22以外にも沢山の新作BAGが届いておりますので、是非コチラ(⇒)より、チェックして頂ければと思います!

【ARC'TERYXの新作をチェックする】

 


CALENDAR
  • S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2015 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN