modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

足の指が未だ完治せず、走れないので筋トレばかりしている松下です。

先週のお休みは親戚のキッズ達の山デビューのお手伝いへ

3歳児をキャリアーで担いで下山。総重量18kg程で丁度良いトレーニングになりました。

やはり、子ども達と自然の中で遊ぶとこちらも元気になります。

一匹の虫や一つの石にも全力で興味を傾ける姿は見習わないといけません。

親子参加型の山イベントもやりたいな〜...と色々妄想が膨らみました。

 

-----------------------------閑話休題------------------------------

 

アルトラの代名詞ローンピークのニューモデルが入荷しております。

LONE PEAK3.0()入荷カラーはコチラのブラック/イエローと

1.jpg

オレンジです。(かなり赤に近いです)

2.jpg

実のところ、私、まだ履いておりません。

ずっとカラーで迷っていて、どちらの色にしようか検討を重ね...心の中ではオレンジにほぼ決まっていますが...。

実際に使用したインプレはまた後日ご紹介させて頂きますので、今回は仕様変更等についてご紹介させて頂きます。

グルっと回った写真をご覧頂くと...

12.jpg

 

11.jpg

 

10.jpg

まず見た目で分かる通り、ゴツくなりました。アッパーやサイド部がかなり補強されており

前モデルと比べると表面のメッシュの面積がかなり少なくなっています。

岩場にもかなり強くなった印象でアルプス系の山でのファストパッキングでも活躍してくれそうな仕様。

3.jpg

つま先部やシューズ内側などの擦れやすい部分は透明で分かりにくいですが、コーティング加工されています。

4.jpg

ご試着されたお客様から「あれ?すこしサイズ感小さくなった?」というお声をよく聞くので

メーカーに問い合わせたところ、幅やサイズ感は変更されていないとのこと。しかし、補強が多く入り

シューズ全体の剛性が上がっているので小さく感じてしまうことがあるようです。

6.jpg

ソールパターンも大きく変わりました。本国のメーカー発表ではビブラムメガグリップに相当する耐久性と

グリップ力を備えているそうです。

7.jpg

中足部から前足部へかけてのパターンが下りでのスピードコントロールに一役買ってくれそう。

9.jpg

試着してみた印象ではヒール回りのフィット性も上がっている感じです。

かかとのピッタリ感アップもサイズが小さく感じる要因の一つかもしれません。

5.jpg

ミッドソールの厚さは変わっていませんが、少々固くなっている印象。

着地時のフワっと感は健在です。

8.jpg

アッパーメッシュはより細かい仕様になりました。

本日ご来店頂いたお客様から「ローンピークの旧モデルで鈴鹿の山で遊んでいたらアッパーのメッシュから

ヒルが入ってきてしまって...。」というお話を伺いました。

メッシュが荒い方が通気性は良くなりますが、砂や異物の侵入を許してしまいます。

メッシュがより細かくなったので砂地や鈴鹿山系のようなヒルが多い地域でより使いやすくなっています。

13.jpg

もちろんレディースモデルもお取り扱いございます()

オンラインショップページにアップさせて頂いてから、続々とご注文を頂いておりますので

ご試着のご希望ございましたら、お早めに店頭へ!!

 

LONE PEAK3.0()だけでなくTORIN2.5()も狙っている松下がお届けしました。

散財の秋です!!


最近、通勤ランの途中で釣り道具屋に寄り道してしまう松下です。

 

天気の影響を受ける外遊びにおいて使用する、防水のパンツは各メーカーからたくさんラインナップされています。

その中でも、ランやファストパッキングにもご利用いただける3つの防水パンツを比較したいと思います。

ちなみに、比較するのはコチラの3ブランドのアイテム

03.jpg

OMM、MONTANE、patagoniaのアイテムです。

そして、それぞれのブランドの拘りが詰まったアイテムはコチラ

OMM Kamleika Race Pants 耐水圧20,000mm 透湿量15,000gsm/24h

MONTANE  MINIMUS PANTS 耐水圧20,000mm 透湿量25,000g//24h

patagonia MEN'S ALPINE HOUDINI PANTS 耐水圧10,000mm 透湿量 非公開

各ブランドの防水パンツですが、まず共通点として挙げられるのが全て2.5層です。

重量をより軽く、よりコンパクトに収納する為に各社2.5層を採用していると思います。

着用イメージ

着用比較.jpg

patagonia、OMMはモデル身長163cm 体重53kg 共にXSサイズを着用

MONTANEはモデル身長172cm 体重59kg Sサイズを着用

着用写真だけでは、細かい違いがお分かり頂けないと思いますので

ここから掘り下げていきます。

01.jpg

収納時の写真がコチラです。MONTANEのみスタッフサックでの収納になり他2点はポケッタブル仕様。

OMMのみ収納した状態から輪ゴムで一度縛ってあります。収納力に関しては、そこまで大きな大差はありません。

続いては、お腹周りの仕様。

ommフロント.jpg

OMMのウェストコードは伸縮性のあるゴムにコードロッカーが付いており、

右横にポケッタブル機能を備えたポケット付き。

 

モンテフロント.jpg

MONTANEのウェストコードは非伸縮性のコードにコードロッカー付きです。

ポケットは付いていません。

 

パタフロント.jpg

patagoniaは、コードロッカー無しの紐型の仕様で他メーカーは外に付けているのに対して

内側につけています。右横のやや下にポケッタブル機能を備えたポケット付き。

OMMやMONTANEの外付けコードロッカー仕様の利点としては、やはり調整が容易に出来ること。

内側にコードがこないので、お腹に干渉しないこと等があげられます。

patagoniaの紐型内側仕様の利点は、プラスチックパーツが無いので破損のリスクが減り、

ハーネスを付けた登壁時にパーツ分のでっぱりが無いので干渉しにくい点や

腰に巻くウェストパック型のランニングパックとの干渉も少なくて済みます。

 

続いて、裾の仕様

OMMは膝下まで付けられた止水ファスナーで大きく開き、XSサイズで約46cm開きます。

裾にはドローコードが付いており、脱ぎ履きのし易さの点では3点の中では一番と言えます。

MONTANEはSサイズで約33.5cm開く撥水ファスナーを備えており、2つのベルクロで足回りのもたつきを

それぞれ約14cm幅で微調整出来るので、ランから自転車まで幅広く使える仕様です。

patagoniaは裾回りにジッパーは備えられていませんが、裾先にスナップボタンが付いているので約7cm幅で

閉めることが出来ます。また、擦れやすい足首回りの生地と裾先のスナップボタンが付いている部分の生地を

頑丈な物に切り替えてあるので、シューズや岩等との擦れに強くなっています。

さらに続きまして股下の仕様

モンテガゼット.jpg

まずは、MONTANEから。白い線が入っている部分は縫製されている部分になります。

股下から太ももに向かって大きくガゼットが入っています。この仕様により、足を大きく開く動きにも

追従することができるので、登壁系の動きにも対応します。

パタガゼット.jpg

お次にpatagonia。こちらも大きくガゼットが入っていますが、裾口までガゼットが繋がっている仕様です。

又下から足の内側を通る生地を一枚にすることで、より体に追従し立体裁断の機能が生きる仕様になっています。

OMMガゼット.jpg

OMMは至ってシンプルです。股下にはガゼットは設けられておらず普通のパンツと同じような縫製パターンになります。

これは、生地が防水ソフトシェルだからこそ出来る形です。生地自体がストレッチするので、

ガゼットを入れる必要が無いのと、やはりブランドが「走ること」に重きを置いているが故に

横方向へ足を開きやすくするガゼットは敢えて入れていないのだと思います。

さらに掘り下げて、シームテープにも着目します。

ommシーム.jpg

OMMのシームテープ。約2cmで生地の表側から縫製箇所を触ると生地の厚みも影響して、しっかりした印象を受けます。

 

モンテシーム.jpg

MONTANE のシームテープ約1.5cm、縫製箇所は柔らかくシームテープも薄い印象。

 

pataシーム.jpg

patagoniaのシームテープ約1.3cm、3つの中で一番細く縫製箇所もとてもしなやかな印象でした。

 

シームテープの幅だけで見るとOMMが太いという印象を受けますが、使用されている量を比べると

面白い結果になっています。白い線が入っている部分が縫製箇所でシーム処理されている部分です。

OMM

ommヒザシーム.jpg

 

MONTANE

モンテヒザシーム.jpg

 

patagonia

パタヒザシーム.jpg

全て片面外側のみの比較ですが、立体裁断を出そうとすると縫製箇所が増えてしまい

シームテープの使用面積が増えてしまいます。OMMは少々生地厚がある為、

テープの幅は広くなってしまってもシンプルなカッティングで使用面積を減らしています。

 

「では、結局のところどれが1番いいの?」となってしまうのですが、使用されているファブリックやカット

細かなギミック等、今回の比較の内容をまとめると

やはり、「走り」に特化しているのはOMM Kamleika Race Pants

加えて登山やマウンテンバイク等にも対応できるMONTANE  MINIMUS PANTS

登山からラン、登壁系のクライマーの動きにも対応してくれるpatagonia MEN'S ALPINE HOUDINI PANTS

 

一言に防水パンツといっても、それぞれ特徴が強くあります。皆さまお一人お一人のアウトドアスタイルに合わせて

最適な1本を選んで頂き、雨にも負けずアウトドアライフを楽しんで頂ければと思います。

 

moderate1Fの駐車場で朝練トレーニング中に4か所も蚊に刺された松下がお届けしました。

今年は蚊にモテモテです。

 

 

 

 

 

 


今年もアッというまに年末が・・・・。
お店もお陰様で年末に向けて更に忙しく、若手スタッフのBAGにイタズラするのが精一杯な飯田です。
IMG_6717.JPG
(スターウォーズ観たいな・・・)

さて、今年も伊勢の森トレイルランニングレースへ選手の皆さんを応援しに行ってまいりました!

1年目からサプライヤーというカタチでご協力させて頂き今年で4回目。
なんとなく、この大会に来て皆さんの顔を見ないと、年末感が始まってこない!そんな感じに、年間行事として組み込まれてきている思い入れの高いイベント。

今年も、前日受付からしっかりブースの出展を行い、選手の皆さんをお出迎え!
IMG_6680.JPG
受付が始まったころは穏やかなブースも、ブリーフィングの前後はカオス状態となるのも毎度のこと!

短い時間の中で、本当に多くの方とお話が出来て、本来だとランナーの皆さんを盛り上げるはずの自分が、逆にランナーの方から、「いつもブログ見ているよ!」なんて、お声掛け頂き、テンション上げていただいたりしてウキウキ気分で前日受付終了!

夜は、大会会場から少し南下した所にある夫婦岩の近くのお宿(海洋楼さん)でお世話に!
宿は伊勢湾に面しており、夫婦岩まで徒歩で3〜5分程。そして、料理がメチャクチャ美味しいお宿。
IMG_6687.JPG
伊勢神宮からは少し距離がありますが、大会会場からは非常に近いので、車で参加される方は、昼過ぎまで伊勢神宮で遊んで、事前受付を済まされてから、コチラの宿をご利用して頂いても良いと思いますよ!

レースのスタート時間が遅いこともあってか、当日受付の参加者の方が非常に多いのもこのレースの特徴?!

今年は、朝の寒さはあったもものの日中は気温も高く風もおだやかで、朝の時点の寒さで、少しウェアーを厚手にした方は、レース中少し暑かったという方もいるぐらい非常に天気もよく走りやすかった様子。
IMG_6689.JPG
男子優勝: 西村 広和さん (タイム/ 1:37:47)(リザルト⇒
女子優勝: 佐野 亜弓さん (タイム/1:57:17)(リザルト⇒

この大会は、登りも含め全体的に走れるコースとなっている為、トップランナーグループにとってはスピードレースといえるし、20キロというトレイルの大会では短めの距離設定でもあるので、初めてレースに出る方にはエントリーしやすく、幅広いランナーの参加が多いのも特徴的。

今年はゴール会場が、伊勢志摩サミットの関係で例年の場所とは違ったものの、トイレ等の施設に近かったりと選手にとってはメリットが多く、前回大会までより、ゴール会場は良い雰囲気だったのではないでしょうか!

優勝者へのインタビュー
IMG_6691.JPG
トップの選手がゴール直後、呼吸が整うの待つ事無く間髪入れずにインタビューをするイタンビューアーのSっぷり。
流石に優勝者の方も、「え!もうですか、ちょっと・・・まって・・くだ」と言っているのに、関係なく質問をなげつける、あのなんとも言えないやりとりで、妙に会場が和やかになったのが良かったなぁ〜。

そして、その後は続々と選手がゴールに到着。

レース中の写真が撮れない私。
ゴール会場に居る私が出来る唯一の撮影は、前回の熊野古道のレースより恒例としている、moderateバナーを無理やり参加者に持って頂きながら記念撮影!
IMG_6700-1.jpg

IMG_6701-1.jpg

IMG_6698.JPG

IMG_6702-1.jpg
毎度の事ながら、本当にレース中の写真がなくてスミマセン。そして、撮影にご協力頂きました皆さん本当にありがとうございました!

その後、多くの参加者の皆さんが集まる中、盛大に表彰式が開催!
IMG_6703.JPG
(人が多すぎて、表彰式の様子が撮影できないほど!!(笑))

更に、皆さんが待ちにまった抽選会!!!!
IMG_6707.JPG
今年も、多くのメーカー様にご協力を頂き、石川さんも絶叫するぐらい豪華な入賞者への賞品と大抽選会となりました。

■ご協力頂きましたメーカーさま
THERMAREST / 株式会社 モチヅキ
PaaGo WORKS / サイトウデザイン
MONTURA / エアモンテ
EXPED, AXESQUIN / アクシーズクイン
heritage / ヘリテイジ
finetrack / ファイントラック
Clif Bar, VASQUE / A&F
patagonia / patagonia
ARC'TERYX, SALOMON / アメアスポーツ
GREGORY / サムソナイトジャパン
Houdini    / フルマークス
TOAKS, Quick Stove / セカンドハウス
Karrimor / SBA
ZEN,山より団子 / ZEN NUTRITION
NIKWAX / エバニュー
ハイマウント(ブランド多数) / ハイマウント
*順不同,敬称略

ご協力誠にありがとうございます。
ブログの場でございますが、お礼申し上げます。

来年で5回目となる、区切り良い開催となる伊勢の森トレイルランニングレース。
IMG_6711-1.jpg
(この写真良いわぁ〜)

来年もゴール後、多くの笑顔を見れる事を今から楽しみしているのと、そろそろ、ブースに居るだけでなく実際に走りたいなぁ・・・。そんな事を思いっています。

なんだか、うまくブログがまとまっていませんが、今から第5回伊勢の森トレイランニングレースで一緒に遊べる事を、楽しみにしております!


■moderate年末年始の営業のご案内
IMG_6718.JPG

 

今年も年末のレースシーズンがやってきます。
11月末から12月は三重であれば、熊野古道トレイルランニングレース(去年のレースレポート⇒)、伊勢の森トレイルランニングレース。
最近お店にも、これらのレースに参加するんです!という方たちによく来て頂きます。

今年よく感じるのは、これらが"初レース"という方が多いということ。
普段からある程度トレイルランに親しんでいる方は、たとえ初レースであったとしても感覚がなんとなくでも分かっているため、
そこまで気負う事や心配にする必要はないのかなと思いますが、ほとんどトレイルに入ったことのない方は、
ぜひ一度山に入ってみることをオススメします。
ロードレースと異なり、エイド以外ではほとんど応援もスタッフもいないため、何かあったときの対処などは自分で行わなくてはなりません。
レースといえど、フィールドは山。相手は自然です。
必要最低限のことは自分で行えるようにしておくのがベターですね。

今日はそんなショートレースをはじめとして、もう少し長時間にわたるレース、
また、半日程度のトレイルランに対応するウェアリング・ギアチョイスの一例をご紹介します。

山慣れしていて、ガチガチにタイムを狙う方は切り詰め方などが分かっていると思うので除外します。
動きと軽量さを重視したtype1。
初心者さんや、より寒い時期、距離などを延ばすことを想定したtype2。

まずtype1
P1015176.jpg
patagonia Capilene 3 crew-AsianFit (Color:Black,size:M) (⇒)
patagonia Houdini Jacket (Color:GLDA,Size:XS) (⇒)
patagonia Strider Shorts-7inch.(Color:CPRG,Size:XS) (⇒)
UltrAspire ALPHA (⇒)
SALOMON SENSE PRO (⇒)
Feetures! Elite Light Cushion NoShowTub (⇒)

type1は、必要最低限の荷物だけ積みこむことでシンプルさを重視し、タイムも狙っていけるような設定です。
10〜20キロのレースを主眼に。
ロンTにショーツというシンプルなウェアリング。
ベースレイヤーとして出ているキャプリーンのシリーズはランニングのトップスとしても大いに活躍します。
cap3はそれなりに保温力があるため、熱量の高い方はCap2の方がオススメです。
自分は最近寒がりになってきたのでCap3が好きです。
個人的な好みもありクルーネックをチョイスしていますが、体温調節にはジップネックのほうが有利です。

P1015186.jpg
行動食の出し入れもスムーズに。


P1015193.jpg
いくつかのパターンから水の持ち方を選ぶことができ、補給食やウインドシェルも取り出しやすいザック。

P1015200.jpg

P1015196.jpg
シューズは軽量で、多くのトレイルコンディションにも、ロードにも対応できるものをチョイス。

食料、水、エマージェンシーキット、最低限の防寒着。
ショートレースであればこのくらいの持ち物になるはず。
十分収納できるキャパシティは兼ね備えています。


続いてtype2
P1015149.jpg
THE NORTH FACE Hybrid Grid Pull (Color:K,Size:M) (⇒)
THE NORTH FACE Flyweight Racing Shorts (Color:BO,Size:S) (⇒)
MONTANE Minimus Jacket (Color:AlpineRed,Size:S) (⇒)
GREGORY TEMPO 8 (Color:LightningGray,Size:S/M) (⇒)
ALTRA LONEPEAK 2.0 (⇒)
DRYMAX Lite Trail Run 1/4 crew(⇒)

こちらはしっかり対策型。
P1015156.jpg
かなり寒い時期にも活躍する保温力と熱の発散力に優れたトップス。
ポケット多数でザック以外にも持ち運べる荷物を増加できるショーツを組み合わせて。
フードには厚手のフリースが使われているため、ネックウォーマー・ビーニーいらず。
寒い時期には重宝します。

P1015165.jpg
こちらの組み合わせであれば30〜40キロのレースにも対応します。

P1015154.jpg
ザックにはハイドレーションをベースとしたスタイル、さらにコンパクトなインサレーションやレインウェア、
多くの行動食、エマージェンシーセットなども収納可能な8Lサイズ。

P1015158.jpg
シューズは足を守りつつも、自然な足運びと踏破性を得られるものを。
もちろん寒さの度合いによってはボトムスをタイツにするのも大いにアリ!

P1015170.jpg
軽量で持ち運びしやすいレインウェアであれば、ウインドシェルを兼ねてもいいかと思います。

P1015173.jpg
8L程度のザックであれば上から着てしまうことも可能。 

レギュレーションで定められた装備がある場合それを収めるために、また寒さ対策も用意するため、
ある程度のサイズを持ったザックが必要になります。
スタートの時間と時期によってはヘッドランプが必要な場合も。


自分は基本的にtype1で普段の山遊びやショートレースを、type2でもう少し寒い時期や天候が悪い場合などと使い分けています。
状況が良い場合や、慣れ親しんだホームトレイルなどではtype1をさらに削ることもあります。

とりあえずレースにむけてひとそろい揃えたい、という方はtype1を参考にしてみてください。
今回はブランドをパタゴニアとノースフェイスに絞っていますが、各メーカー同じように揃えることが可能です。(時期的にショーツは数が少ないですが)
ごちゃごちゃといろいろ揃えるよりもわかりやすく、それらをベースにして、トレイルランニングだけでなくハイキングや自転車など、いろいろな方向へと発展させることが可能なチョイスとなっています。

なにかわからないことがあれば、お気軽にお聞きください!

この週末はあるレースのために静岡方面へ遠征に向かいます。
レポートは後日!お楽しみに!
 
texted by 呼吸筋トレーニングの効果が出てきて嬉しいキョヲヘイ
話題のあいつが入荷です。これいいな〜。(⇒)

Anton Krupicka

この名前を聞いたことがある方はかなり多いと思います。
通称Tony。

先日、そのTonyのNewビデオが公開されました。

彼をフィーチャーした作品は、"INDULGENCE"に続き2作目。
自分がトレイルランニングに本気で夢中になり始めたときに出会ったのが、この作品でした。

まさに衝撃でしたね。
それから"Running"という行為に対する考え方が変わり、現在に至ります。
その特徴的な風貌と、ランニングスタイルに影響を受ける人が多発。
非常に影響力のあるアメリカのウルトラランナー。
作中のランニングシューズのソールを削り落とすシーンはあまりにも有名。

彼の意見が随所に取り入れられ開発されたNew Balance MT110も、非常に使いやすく良いシューズ。これまでで一番長く使っていてお気に入りのシューズとなっています。

今回の "In the High Country"
30分ちょっとのそれほど長くないムービーですが、Colorad Rockey Mountainの美しい景色と、彼のナチュラルな走りをしかと見ることが出来ます。
vimeoから$15でダウンロードが可能なので、これは必見!
自分にもう少し英語リスニング能力があればと思うばかりです。

通勤中の電車で見ていたらテンションが上がってしまい、その後思わず走るペースが速くなってしまっていました。
たまりませんね。

まだご存じない方は確実にチェックしておくべき作品!


テンションががっつり上がった、ここで告知です。
8/10(土) Morning Trail Party開催します!
前回の開催から少し時間が空いてしまい申し訳ありません。
今回は、涼しくまだ人の少ない御在所山頂付近で走り回るというイベントです。
詳しくはNews(⇒)の方で別途お知らせしますので、しばらくお待ちください。
ご参加、お待ちしています!

Texted by 今年はかなり日焼けしてるキョヲヘイ


CALENDAR
  • S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN