modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com
Peak Performanceの商品のご紹介です。

BL Lite SSH Pants(
20160517_1153953.jpg
179cm / 66kg / color:Black / size:M

通気性、ストレッチ性、撥水性を備えた細身のパンツ。
厚過ぎず、薄過ぎない生地は、幅広いシーズンでの使用を可能にします。

名称未設定 1.jpg
color:Poseidon

20160517_1153938.jpg

20160517_1153952.jpg

20160517_1153931.jpg
立体裁断・ストレッチ素材に加え、ガゼットクロッチが合わさることで
動きやすさを一層高くします。

20160517_1153929.jpg
ハンドポケットは2つ。
パンツをよりきれいに見せるため、ポケットは目立ちにくい形に。

きれいに、シンプルに見せつつもたくさんのギミックが施されています↓
20160517_1153930.jpg
ウエストはゴム。

20160517_1153934.jpg
物を入れて歩いても気になりにくい位置に付けられた小さいにポケットは、iPhone6が入るくらいの大きさ。

20160517_1153950.jpg
ベンチレーションは左右太ももの位置にあり。

20160517_1153932.jpg
膝外側と、裾内側には補強プリントを。

20160517_1153948.jpg
裾のまくれ上がりを防ぐフック

20160517_1153937.jpg
砂や冷気の侵入を防ぐ、ドローコード。

2.jpg
裾のジッパーは引き手の向きを開く方向に向けると、「固定」され、
反対向きにすると、「簡単に開く」ようになっているので、
グローブを着用した状態でも、引き手をパタンと倒し、裾を引っ張るだげで
簡単に調節することが可能です。

20160517_1153945.jpg

20160517_1153940.jpg
179cm / 66kg / size:M

北欧ブランドのカラーリングは独特で、合わせるのが少々難しいイメージがありますが、
無難に黒を合わせに行かず、同系色を使うと、多少他のカラーが派手な色でも
パンツの色と喧嘩せず合わせていただけます。


Peak Performanceのパンツは細長く、
着用するとシルエットの美しさをより実感できます。
ただし、サイズ展開がSからなので、履きたいけれどサイズが合わず諦めた方、いらっしゃると思います。
だからこそ高身長の方にはPeak Performanceを履いていただきたいです!
店頭には他のパンツも含め在庫ございますので、是非ご試着してみてください。

 
盗まれた自転車が見つかったと本日連絡が来たゆあさでした。

こんばんは、飯田です。
先日の定休日、展示会の為に東京へ出張。
夏休み入った為か、平日でも家族連れが多く、暑い中子供の為に駅をイソイソと歩く親御さんの姿が、大変そうでありながらも、妙に羨ましく思いましたね。(でも、これが週末となるとゾッとしますね。。。)

さて、ショートパンツが活躍するシーズンではありますが、それでも、ロングパンツを穿きたい方も沢山いらっしゃると思います。
しかも、出来れば涼しく穿けるタイプで!!!

今日ご紹介するPeak PerformanceのAccendo Pants(⇒■)は、そんな方に非常にオススメ!
IMG_8521.jpg
(179cm/66kg/ size:M)

極薄生地で非常に涼しい穿き心地のこのパンツは、非常に速乾性に優れている為、常にサラサラと穿いて頂け、これからの時期には、最適なロングパンツ!
IMG_8537.jpg

ナイロン94%・ポリウレタン6%が作り出す生地は、絶妙な快適性を生み出す緩めのストレッチをもち、さらには、細すぎないシルエットのお陰で、足に生地がまとわりつく事が少なく、非常にリラックスして穿いて頂ける、本当に穿いていて楽チンパンツ!
IMG_8555.jpg

裾は、細めのリブ仕様となっているので、ふくらはぎの太さによっては、パンツの裾を持ち上げる事で、半端丈っぽく穿いて頂く事も可能。
IMG_8560.jpg
とは言え、裾幅が平置きで約18cm(Mサイズ)ありますので、膝下まで捲し上げないと止まらない方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、トレッキング系のパンツでは、このようなリブ裾を採用しているのは少し珍しく、普段履き等に使って頂いた際は、比較的に綺麗なシルエットで穿いて頂けます。

ウエスト部分は、ベルトループ仕様となっておりますので、Peak Performanceからリリースされている、Outdoor Belt(⇒)等をお使い頂くがオススメ!
IMG_8567.jpg

こちらのベルトは伸縮性がある為、しっかりウエスト部分を締めた状態でも、屈んだり足を高く上げたりと、動きの中で変わる腰周りの太さにしっかりフィットするので、動きの中でベルトがしまりすぎて、辛いという事がおきません!
IMG_8573.jpg
IMG_8576.jpg

また、ベルトはパンツのループに通した後は、メタルフックでワンタッチ着脱可能ですのでかなり便利!
IMG_8582.jpg

こんなに、楽して良いのかと思えるこのセットで、夏の熱い時期を乗り切りましょう!

 

moderateのFace bookページ()では、ご案内させて頂いておりますが、
ARC'TERYXの人気バックパック「GRANVIL()」が、急遽再入荷致しました。
AC2を採用した防水性の高いライフスタイル用のこのバックは、梅雨時期に傘から飛び出したバックが濡れても、特に気にする事なく使用出来る頼もしいアイテム。
梅雨で雨が多くなる季節ですが、新しいバックで気分を一新してみては如何でしょうか。

さて、水陸両用で、トレッキングからランにまで幅広く使えるショートパンツで有名なpatagoniaのバギーズショーツ。(

Peak Performanceにもバギーズを彷彿させるアイテムがございます。
Jim Shorts(⇒
IMG_5596.jpg
Tops: AK457 Pocket SW V Neck Tee() size:L
Short:Jim Shorts(⇒)size:M
(178cm / 66kg )

Peak Performanceとしては、スイムショーツのカテゴリーからリリースしているのですが、生地感やそのシルエットの良さから、スイムショーツとして穿くの勿体無いほど!

と、いうことで、moderateでは、こちらを水陸両用のオールマイティーショーツとしてご紹介。
IMG_5603.jpg
Mサイズで総丈約40cm、股下約12.5cmのサイズ感は、一般的に言われる5インチ丈のショーツに相当するもので、色々なシーンで使用するには非常に良いサイズ。

IMG_5610.jpg
ウエストは、ゴム+紐で調整が可能で、結び目もウエスト部分の外側に来るので、長時間の着用で擦れる事無く穿けるのが嬉しいポイント。

IMG_5629.jpg
スイムショーツだけあって、インナーショーツもしっかり付いておりますので、水着として使用する時は勿論の事ながら、真夏の暑い時期であれば、普段穿きでも直接穿いて頂いても良いと思います。

ポケットは、フロント側にハンドポケットが両サイドに一つずつと、お尻の右側に一つ配置。
IMG_5631.jpg

IMG_5638.jpg
(お尻のポケット付いた、ポケットに入った水を排水する穴が、ちょっとしたアクセントになっていたり)

ソリッドカラーは全部で、6色ありますのでお気に入りの一枚が見つかるはず!
IMG_5592.jpg
IMG_5589.jpg

お気に入りのTシャツを合わせる他に、ラントップスと合わせる事で、また違った使い方も出来ます。

●今年密かに人気のある同色セットアップ
IMG_5609.jpg
Tops: patagonia Air Flow Shirt() size:M
Short:Jim Shorts(⇒)size:M
(178cm / 66kg )

●派手なのが苦手な方は、落ち着いたカラーのショーツもございますよ!
IMG_5613.jpg

また、ソリッドカラー以外に、ヒッコリータイプもあるので、よりカジュアルスタイルで、アウトドアシーンを楽しみたい方には特にオススメ!!
IMG_5623.jpg

IMG_5619.jpg
今回のBLOGではご提案しておりませんが、「ヒッコリーをランパンにする!」このスタイルかなり良いのではないでしょうか。

尚、このヒッコリータイプは、ソリッドカラーとの違いは柄のみで、それ以外の仕様の変更はありませんが、商品名が「Jim pr short」(⇒)となります。
IMG_5639.jpg
Jim pr short(⇒

人とは少し違ったモデルで、オールマイティーショーツをお探しであれば、是非、Peak PerformanceのJim shortsを候補に入れてみては如何でしょうか!


 

先日“クローズアップ現代”で『相次ぐバックカントリー事故』と題して放送されたものを、偶然拝見しました。
“バックカントリー”=“危険と隣り合わせ”という部分をクローズアップし、警鐘を鳴らすのを目的とされている為か、
内容に若干偏りがあったように感じました。
装備を持たずして、サイドカントリーを滑る若者の後ろ姿だけを映すのではなく、
危険に対して、しっかり意識の高い方のコメントや取材も織り込んだ内容ですと、
放送を見られた方も“バックカントリー=危険”というイメージも緩和されるのではと思います。

それでは、本日の商品を紹介させて頂きます。

本日、ここ四日市では、日中雪がぱらつき2,3日前の暖かさが嘘のような天候となっております。
そんな天候のように、気温が変わり行く山において温度調節はとても重要なポイントです。
ベースレイヤーでの温度調節出来る範囲はどうしても限られ、一番のポイントとなるのが、
ミッドレイヤー(中間着)になると思われます。

フリース、ウール、化繊、ダウンと様々な種類のミッドレイヤーが御座いますが、
アクティビティによって用途も様々で一概に、これがあれば正解というアイテムがないのも事実です。
ですが、選ぶ基準としては、軽さや携行性に優れたもの、保温力が高いもの、日常使いも出来る汎用性のあるもの、
コストパフォーマンスに優れたもの等、多種に渡ります。

今回ご紹介しますミッドレイヤーは、幅広いシーズンにお使い頂け、
レイヤリング時のこともしっかり考えられたアイテムを今回はご紹介させて頂きます。
Peak Performance Direction Zip(⇒)



(173cm / 78kg / size:M)

ラグランスリーブにより、肩周りのの動き易さはもちろんのこと、
ザックを背負った際もステッチが肩に当たり、違和感やストレスを感じることが御座いません。


こちらのアイテム嵩張りを抑える工夫が施され、縫製箇所は厚みの少ないフラットロックステッチを採用し、
レイヤリング時の嵩張りを最大限抑えております。


他にも、両脇にあるポケットは、一見すると普通のジッパーポケットですが、
実は、内側が軽く起毛しておりポケットに手を入れた際、しっかり保温効果が実感出来る作りとなっております。




また、こちらの素材には防臭性を発揮するPolygiene(R)加工が施され、
長期の着用日数でも、悪臭がしないという特徴をもっております。
春先や秋口の縦走には、最適のアイテムです。


こちらのアイテム、中間着として幅広いシーズンにお使い頂ける非常に汎用性に優れたアイテムです。
体感温度が高い方ですと、今時期の行動着としてもお使い頂けると思います。
もちろん、ピークパフォーマンスならではの色鮮やかなカラーリングは日常使いとしても十分お使い頂けます。
ミッドレイヤー(中間着)の候補の一つに加えてみては如何でしょうか?

本日ブログは、
上野がお伝えしました。

昨年の自転車通勤の際より、今年のほうが寒さをより感じる今日この頃です。
加齢とともに、寒さに耐性がなくなってきたのでしょうか?
店頭でも大変好評なコチラ(⇒)を新調して、顔と耳の寒さを少しでも寒さを凌ごうと思います。


さて、ブランドの中でバックカントリースキーイングの為のアイテムを展開するPeakPerformanceの“Heliシリーズ”
本日はその“Heliシリーズ”の中から、他とは一線を画すアイテムをご紹介させて頂きます。
PeakPerformance Heli Mid Jacket(⇒)
P1017850.jpg

一見すると、厚手のフリースと思えるこちらのミッドレイヤー。実は、ウールと化繊の混紡のジャケットなんです。
こちらのジャケット着用してみると、見た目以上に暖かく、ウール混ならではの保温性抜群です。
P1017862.jpg
P1017871.jpg
( 173cm 78kg/ size:S )
また、レイヤリング時の事も考えられており、肩口や脇下などすべての縫い目をフラットシームを採用し、
重ね着の際に起こる嵩張りを、しっかり抑えてくれております。
さらに、表面素材はつるっとしたスムースな作りですので、ジッパーによるピーリングの防止はもちろんのこと、 レイヤリング時のスムースさ(滑りの良さ)も実現しております。

また、裏地を見ると、目がしっかり詰まった起毛素材で、この点が通常フリースでは風抜けしてしまう部分が、
こちらのジャケットでは耐風性を持たせ、保温が逃げることがない仕様となっております。
P1017903.jpg

濡れ冷えを防ぎ体温調節をしてくれるウールと暖かさを確保してくれるフリースの融合によって作られたこちら。
冬場だけでなく、夏の低山では不向きですが、一年を通してお使い頂けるアイテムです。
汎用性の広いこちらのミッドレイヤー、是非ともお試し頂きたいアイテムです。

ちなみに、ずっと汗をかき続けるアクティビティや長時間の行動をされる方はこちらがオススメです。 PeakPerformance Hilo Zip(⇒)
P1017880.jpg
P1017886.jpg
P1017891.jpg
( 173cm 78kg/ size:M )



本日ブログは、
ここ最近素材の勉強の日々を過ごす
上野がお伝えしました。
ギアの進化も凄いですが、ウェアーの進化も凄いです。




CALENDAR
  • S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN