modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

こんばんは飯田です。

 

先日、通勤RUN終了後いつものように店の裏にある散水栓で水シャワーを浴びて、ふと水道を止めようした時に四つ葉のクロバーを発見。

探そうとせず、無意識に見たら目に飛び込んで見つけることが出来た四つ葉のクローバー。

いくつになっても、こういうのを見つけると妙に嬉しいですね。


 

さて、弊社が手掛けるブランドmimie(ミミエ)⇒■より、遂にBURTONとコラボレーションしたビンディングが発売になりました。

mimie01.jpg

モデルとしては、DIODE  Re-FlexとGENESIS Re-Flex のハイブリットとなっており、そこに三重の伝統工芸「伊勢型紙」のデザインをあしらったスペシャルモデル。

 

●ポリカーボネイト素材に伊勢型紙をデザインした、スペシャルハイバック

mimie02.jpg

伊勢型紙のパターンを、昨年のDIODEでも使用していた半透明のポリカーボネイト素材のハイバックにデザイン。

半透明の透け具合と模様が相まって、見た目にも非常に綺麗な仕上がりになっています。

DIODEのハイバックと聞くと、ハードフレックスをイメージされるかたもいらっしゃいますが、その一方でフリーランをメインに楽しまれるスタイル方の中では、非常に評価の高いハイバック!

 

●伊勢型紙パターンのアンクル レザーストラップ

mimie03.jpg

アンクル側のストラップは、現在BURTONで主流の一体成型されたハンモックストラップを使わずに、あえてレザーストラップを採用。そのアンクルのレザーストラップには、レーザーエッジングで伊勢型紙のパターンをあしらい、少し大人の雰囲気を演出。

 

個人的には、今BURTONが作るハンモックストラップは、ホールド感が非常に良く、また、ゴミが削減出来るなどの生産背景もあり、めちゃくちゃ大好きなのですが、その一方で、使えば馴染み、フィット感が増すレザーのアンクルストラップも非常に好きで、特に、昔からスノーボードを楽しまれている方には、どこか懐かしいビンディングに感じてもらえるのではないでしょうか。

とは言え、ストラップを構成するその他のパーツは最新のモノを使って頂いております。

 

●フレックススライダー

mimie07.jpg

アンクルストラップの付け根を柔らくすることより、ストラップが大きく開くので、ビンディングに足を入れるのが非常に楽になります。

mimie08.jpg

 

●ダブルテイクバックル& INSTA-CLICK

mimie09.jpg

螺旋状の歯と”Insta-Click”(すぐに歯が噛み合うこと)のおかげで、これまでより少ない操作でビンディングをタイトに締めることが出来ます。まら、タン(ギザギザのパーツの部分)は、表と裏にギザギザの山が切ってあるので、非常に力強くストラップが締められると同時に耐久性もアップしました。

 

●つま先側のスーパーグリップキャップストラップ

mimie10.jpg

一体成型でつくられたキャップストラップは、見た目よりもフレキシブルで、非常にグリップ力が高くバツグンのホールド力があります。

 

●GENESIS Re-Flexでも使用されているベースプレイト

mimie06.jpg

シングルパーツ構造で作られたベースプレイトは、今期のGENESIS Re-Flexでも採用されている、ショートファイバーグラス30%&ナイロン合成樹脂のベースプレート。

 

昨年までのDIODEベースプレイトは少し硬い!という方には、是非オススメです。

 

mimie04.jpg

ベースプレイトには、mimieのロゴとシリアルナンバーが刻印されています。

mimie05.jpg

 

本日より、moderateとA-BONYで実際に販売もしております。

お時間がある方は、是非、店頭でご覧ください。

(WEBでの販売は、9/20頃予定⇒ 9/23WEB発売予定)

 


BURTON THIRTEENとAK457のTシャツを
PatagoniaのBaggies Pants()とBURTON THIRTEENのStacy()で合わせてみました。

IMG_7993.jpg

BURTON Thirteen / Karma(
Cotton 100%
IMG_8000.jpg
color:Olive / Top Gray / Black
size:S / M / L

IMG_8002.jpg
163cm / size:S / color:Top Gray

《その他着用アイテム》
TOPS:BURTON Thirteen / Magott / Black Denim / S
PANTS:Patagonia / Baggies Pants / NVYB / XS


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BURTON Thirteen / Pixie(  )
Cotton 100%
IMG_8007.jpg
color:Black / Navy / Olive
size:S / M / L

IMG_8010.jpg

IMG_8012.jpg
163cm / size:S / color:Navy

《その他着用アイテム》
TOPS:BURTON Thirteen / Forge / Army Khaki / S
PANTS:Patagonia / Baggies Pants / ASHT / XS
BAG:Patagonia / Canvas Bag / ACBS​


IMG_8033.JPG
163cm / size:S / color:Olive
《その他着用アイテム》
TOPS:BURTON Thirteen / Magott / Indigo Denim / S
SHORTS:BURTON Thirteen / Stacy / Army Khaki / S 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AK457 / CO Tee(
Cotton 100%
ワンウォッシュ加工されており、BURTON THIRTEENのTシャツより少し薄手です。
IMG_8016.jpg

IMG_8028.jpg

IMG_8024.jpg
163cm / size:S / color:Navy
《その他着用アイテム》
TOPS:BURTON Thirteen / Rogue / Black / S
PANTS:Patagonia / Baggies Pants / FCMH / XS
​BAG:AK457 / 17L Backpack / Black


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AK457 / Logo Tee(  )
Cotton 100%
ワンウォッシュ加工
IMG_8041.JPG
color:Navy / Black / White
size:S / M / L

IMG_8044.JPG
163cm / size:S / color:White
《その他着用アイテム》
SHORTS:BURTON Thirteen / Stacy / Navy Blue / S 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AK457 / Camber Tee(
Cotton 100%
ワンウォッシュ加工
IMG_8050.JPG

IMG_8048.JPG
163cm / size:S / color:Navy
《その他着用アイテム》
SHORTS:BURTON Thirteen / Stacy / Black / S 
​HAT:THE NORTH FACE / Stitch Hat / W


《BURTON THIRTEEN》JPサイズ
S M L
肩幅 39 4 44
身幅 47 50 54
着丈 60 64 68

《AK457》 JPサイズ
S M L
肩幅 40 41 44
身幅 47 50 54
着丈 60 64 68

《Patagonia》レギュラーフィットのコットンTシャツ
XS S M
肩幅 45 47 48
身幅 48 50 54
着丈 69 72 75
※↑いつも海外ブランドを着用されている方はこちらもご参照ください


BURTON THIRTEENとAK457は日本サイズ且つ、細いシルエットなので、
小柄な方や、痩せ型体系の方はよりきれいに着こなせると思いますよ。

化繊で着心地のいいTシャツもたくさん出ていますが、
やっぱり、綿を着ているときが一番落ち着きます。
最近、化繊やウールばかり着ているなあと思った方、
久々に綿の服、着てみませんか?


 
明日は森道市場に遊びに行きます。
土日行かれる方、一緒に遊びましょうー。
ゆあさでした。

こんばんは、飯田です。
 
■お知らせ
3月20日開催の「春のバックカントリーツアー」は、締め切り日を前にして、参加のお申し込みが定員となりましたので、受付を終了させて頂きました。

ご参加頂ける方は、くれぐれもツアーまでにお怪我をなさらぬようお願い致します。(笑)
また、今回ご参加頂けなかった皆様も、春の雪山シーズンはしばらく続きます。
タイミングがあえば、是非、一緒に滑りましょう!

さて、今年の冬のシーズン中、密かに人気が高まってきていた「BURTON Thirteen (冬アイテムはコチラ⇒)」
今までは、冬のシーズンにしか商品がリリースされていませんでしたが、2016年からは、春夏アイテムもリリースされます!
IMG_4638.JPG
先にお話しすると、かなり綺麗目なアイテムが多いです!
正直ココまで綺麗な服になると、スノーボード?スノーボーダー?に持つイメージなんて全く無く、moderate的な事で言うとアウトドアの要素が限りなくゼロになっているようにも感じます。(笑)
(いや、アウトドアというフィールドだけで言えば、完全にゼロですね!)

「スノーボーダーがオフに着る服」

ダボダボとしたスケータースタイル?
細身のパンツに、少しルーズなトップスを合わせた、パンキッシュなスタイル?
はたまた、アウトドアスタイル?

基本多くの方が、オフの時でも、出来れば自分の好きなアクティビティー(今回の話しで言えばスノーボード)に精通したブランドを身に纏いたいという方多いと思います。(僕は確実にその派です!)

でも、意外と綺麗目のスタイルって無かったですよね。

今まではそれがしたくても、そのようなアイテムを作るブランドが非常に少なく、結局アパレルブランドの服をチョイスされている方もいたと思います。

それはそれで、ファッションを楽しむっていう事で良いことなんですが、でもやっぱり、精通したブランドやアイテムを普段にも着たいですよね!
ライフスタイルに、「僕はこのアクティビティーが好きなんですよ!!!」っていう空気感を、オモイッキリ出したい時もあれば、さり気なく出したりしたい時もあるんですよね。

「BURTON Thirteen」というのは、非常に良い意味で、ファッションも楽しめて、でも、しっかりとライスタイルに自分の好きなアクティビティーブランドを取り入れられる、そんな、ステキなブランドなんではないでしょうか。
 

BURTON Thirteen 「Rogue」(⇒
IMG_4612.JPG
オリジナルのカモ柄生地に、撥水加工の施されたウィンドシェルジャケット。
山なんかで使うような軽量なタイプではなく、少ししっかりした生地厚のある頼れる感じ。
(2レイヤーのスノーウェアーの防水透湿フィルムが無い版といった感じの生地感)

IMG_4608.JPG
(179cm / 66kg / size:M)

脇下にはベンチレーションもあり(写真掲載なし)、袖口はマジックテープ使用となっており、
IMG_4622.JPG
サイズの選び方によっては、春のスノージャケットにも着用できそうではありますが、あくまでも、街やフェス等で着るスタイルのがカッコイイと思います。

BURTON Thirteen  「Forge」 (⇒
IMG_4632.JPG
カタチこそ、MA-1っぽい感じですが、あの独特の丸みが無い綺麗なジャケット。

IMG_4630.JPG
(179cm / 66kg / size:M)

メインの生地は、防風性と伸縮性という相対する機能を持ち合わせた、プライアンテックスと言われる生地を採用。
(コットンが高密度に編まれた「ベンタイルコットン」というのがありますが、それのポリステル バージョン(ストレッチ入り)といった感じ。)

脇下のみ生地を変えることにより、全体的にスッキリしたシルエットとなっております。
IMG_4638.JPG


BURTON Thirteen  「Bishop」(⇒
IMG_4628.JPG
クールマックスを使用したロングスリーブシャツ。

ボタンは全て丸みを帯びたスナップボタンを使用する事で、通常のボタンシャツより、もう少しラフな感じで着られるデザイン。
IMG_4625.JPG
(179cm / 66kg / size:L)

生地も比較的に薄めですので、初夏を感じられる時期まで着用して頂けるシャツとなっています。

この他にも、沢山のアイテムがリリースされていますので、是非、チェックしてみては如何でしょうか!
BURTON Thirteen ⇒ 
 

最後になりましたが―。

あれから5年が経ちました。
改めて振り返ると、自分にとっては時間が経つのが早すぎて、実際に何が出来てきたのか・・・。
震災直後に、自分の中に湧き出て出来た「あの気持ち」は、恥ずかしながら今では、あの頃と大きさや色、カタチまで違ってしまっているのが正直なところ。

直接的な被災者じゃないから? 被災地から遠いから? 自分には自分の生きる道があるから?
結局は他人事だったから?

言いたくも思いたくもないけど、もしかすると、そんな言葉によって、カタチが変わってしまったのでは考えると、もの凄く恥ずかしく情けない気持ちでいっぱいになりました。
勿論、そうでは無いと思いますが、ひとつ間違いなく言えることは、時間の経過がカタチを変えていっている事は確かなのではと思っています。

明日も、あの時と同じ太陽が昇ります。

これ以上自分の中で、あの時の湧き出た「あの気持ち」のカタチを変わらないように、そして、時間の経過だけで復興出来たと思わないように、日々を過ごし、小さくても良いので、自分にとっての使命感的なモノが探せていければと考えた1日でした。

 

こんばんは、飯田です。

明日以降は、この荒れた天気も少し落ち着きそうですかね。

ゲレンデも含め雪山のコンディションも今回の雪で回復ですかね。
そんな中、今週末(3/5-6)には、岐阜県の高鷲スノーパークにて、BURTONのTESTRIDE(試乗会)(⇒)が開催されます。
(同時開催で、SBJ ON SNOWと言われる、スノーブランド合同試乗会の開催もございます)


今年は暖冬の為、春先に開催が多い試乗会関連は、良いコンディションで滑るのは難しいのではと思っていただけに、今回のこのタイミングは非常に魅力的です!
もし、この週末ゲレンデライドを楽しまれるのであれば、高鷲スノーパークへ行き、試乗会で来期のボードを数本乗るがオススメ!

そして、BURTONで絶対に試乗しておくべきボードは、FAMILY TREEのシリーズより新しく発売される、BRANCH MANAGER

印象としては、BIG MOUNTAINを滑る為のボードというよりかは、スノーサーフ的なライディングで、ツリーランやゲレンデライドを楽しめる、パウダー系のオールマイティーボードいった感じ。

それを裏付ける?かの如く、スペックは4mmのテイパードシェイプに、セットバックが25mmとド・パウダーボードではない感じ。
足元にはキャンバーがあり、ピステンバーン等ではしっかり雪面を捕らえ気持ちよいカービングが楽しめ、前足側入ったロッカーでパウダーでは板が浮いてくる。
なんとなくスペックや形状だけで言えば、一般的なディレクショナルボードだけど、パウダーの上に立ったときに真っ直ぐ立てる不思議なボード。

サイズレングスは、155cmと159cmの2サイズ展開。

このサイズ展開だけを聞けば、多くの日本人の方が155cmをチョイスしたくなると思いますが、個人的には159cmがオススメ!
(特に通常ボードを151〜156を乗られている方ならなおさら!)

この不思議な乗り心地を実現しているのは、実は極端に身近に有効エッジにあります。

2016/2017シーズン スペック(有効エッジのみ)
MODEL 有効エッジ
BRANCH MANAGER 155 1057 mm
BRANCH MANAGER 159 1097 mm
CUSTOM 148 1122 mm
CUSTOM 151 1152 mm
CUSTOM 154 1182 mm
CUSTOM 156 1202 mm
SKIP JACK SURF 148 1140 mm
LANDLORD 159 1195 mm

例えば、BRANCH MANAGER159は、ボード自体の長さは159cmと長いですが、有効エッジだけで言えばCUSTOM 148cmよりも短く、ゲレンデライディングの時には159cmという長さを感じにくく、パウダーに入れば159の浮力の恩恵をもらえ、ターンをすればコンパクトな感じライドフィールが得られます。

IMG_3562.jpg

グラフィックも、大人な感じで非常にGOOD!
ソール側の森の写真は、BURTONのベテランフォトグラファーでもある、ディーン・ブロット・グレイが撮影した手付かずの冬景色を採用したもの!
トップシートのテール側には、その写真を撮影した時のレンズやシャッタースピードの設定、また、撮影ポイントをGPSの数値で表した、マニアを擽るようなデータまで記載されています。
IMG_3561.jpg

正直、長身が大きく体格の良いライダーには、159cmというのは少し物足りないかもしれませんが、多くのユーザーに是非試乗して頂きたいボードです!

ちなみ・・・

試乗会に参加するには身分証明書をもって受付が必要となります。
実は、この受付がどうしても混み合うのですが、moderateまたは、A-BONYにて事前受付をする事が可能です。
しかも!
当日受付のお客様は10時から試乗出来るのに対して、ショップにて事前受付をされたお客様に関しては、9時より試乗をするメリットもございます!

是非、事前受付を済ませてから、試乗会に参加する事をオススメ致します。

*事前受付をされた場合でも、現地では身分証明書が必要となります!


明日(水曜日)は、定休日を頂いており、WEBショッピングからのご注文、及び、商品のお問合せのご返答等は木曜日以降となりますので、予めご了承下さい。

さて、明日は久々に白馬にてBCです!
風とガスが出なければ良いのですがね・・・。
楽しみでしかたがありません!
 
イベントのお知らせ



 

こんばんは、飯田です、

私の年末年始は、ここ5年程お決まりのルーティーン。

大晦日の31日に岐阜のゲレンデでスノーボードを楽しみ、年内最後の夕日に一年間の感謝の気持ちを込めて日の入りを見届け、夕方から自宅でお酒を楽しむ。


紅白のオープンニングを見る頃には、今年1年を締めくくるかのように睡魔に襲われそのまま寝落ちをし、目が覚める頃に、紅白の結果発表。そして、家内の運転で近所の神社へ初詣へ行く。

(今年は、暖かかった為かなんとなく、参拝者が多かった気がする。)

まぁ、しかし、改めて文字に起してみると、物凄くグータラな年末年始のような気がしますが、それでも、このルーティーンをこなすと、自分の中で年を締めくくり、新たな年を迎えた気になれるのが良いのか悪いのか・・・。

兎に角、来年も最後の夕日に、自信をもってありがとうと思えるように、1年間がんばります!

さて、2016年私が一発目に書くブログは、やはりスノーボード関連。

年末にご紹介した、BURTON THIRTEEN(バートン サーティーン)のブログ(⇒
こちら、お陰様で非常にご好評を頂いており、特にパンツ類に関しては、年始の初売りから多くのお客様に気に入って頂き、メチャクチャ嬉しい次第!!

だから、調子こいてって訳ではありませんが、同じBURTON THIRTEENのハードシェルのアイテムを本日ご紹介させて頂きます。

BURTON THIRTEENには、前回のブログでご紹介させて頂きました、Junkers Coat(⇒以外にも格好良いアウターが揃っています!

Pixton Jacket(⇒
1301.jpg
GORE-TEX Tricot 3-Layer生地を使ったBURTON THIRTEENの中では一番ハイスペック仕様のスノージャケット。

取外し可能なパウダースカートや、袖口が仕様を変えられるギミック、ハンドポケットの中にあるセキュリティーポケットの等、山専のハードシェルにはない、まさに、雪山と街の境界を無くす事をコンセプトに作られ、それに一番そったアイテムではないでしょうか!
1303.jpg
◆雪山スタイル (178cm / 66kg / size: M) (パンツは後程、ご紹介致します。)

私の体型で、ゲレンデスノーボーダーっぽく着こなそうと思うと、着られる方の好みによってはLサイズを着用したい方もいらっしゃるかもしれませんが、タウンユースを視野に入れると、Mサイズをチョイスするのがベターだと思っています。
1302.jpg
◆街スタイル(178cm / 66kg / size: M)
個人的には、全体的に少し丸みをもった、このシルエットにデザインの高さを感じます!

RAF Jacket(⇒
1304.jpg
上での紹介したPixton Jacketが、スノージャケットの中で一番、山を意識したジャケットと捉えるなら、このRAF Jacketは一番、街を意識したジャケットになりす。

フードを収納する事が可能な襟。
ちなみに、このすっきりした襟を演出する為に、あえてフードはGORE-TEXの3Lを仕様するのではなく、パックライトの生地を採用。
1305.jpg
それでも、ジャケットが元々落ち着いたカラーリングの為、パックライトの裏生地で黒いウレタンコーティングが変にいやらしく感じないの所に、全体的なデザインの高さを感じます。
1306.jpg
(フードの裏生地が映った写真がなくてスミマセン!)

着丈は他のジャケットに比べて若干短めで、全体的に少し細めのつくり。
ジャケットの裾には、あえてパウダースカート付けておらず、このあたりからも、より街を意識した仕様だという事が伺えます。
1307.jpg
◆街スタイル(178cm / 66kg / size: M)

Briganti Jacket(⇒
1308.jpg
一番最初にご紹介した、Pixton Jacket程のハイスペックではないものの、GORE-TEX 2レイヤー素材を使用した、雪山と街で楽しめるスノージャケット。

1311.jpg
◆雪山スタイル (178cm / 66kg / size: M)

やはりこちらも、Pixton Jacket同様に私の体型であれば、、ゲレンデスノーボーダーっぽく着こなそうと思うと、着られる方の好みによってはLサイズを着用したい方もいらっしゃるかもしれませんが、タウンユースを視野に入れると、Mサイズをチョイスするのがベターだと思っています。

1310.jpg
◆街スタイル(178cm / 66kg / size: M)

カラー違い(Charcoalバージョン)
1309.jpg

Fokker Pant(⇒
1313.jpg
こちらは、流石に街での使用は難しいと思いますが、それでも、若干ローライズ気味で膝が少し絞られ、ブーツを無理する事無く被せる事が出来る裾幅があり、それらが絶妙な感じが非常に良い!
1314.jpg
(178cm / 66kg / size:M )

1312.jpg
◆雪山スタイル (178cm / 66kg / size: JKT M | size: PANTS M )

今回のBURTON THIRTEENは、デザインストーリーとして、デザイナーでもある相澤陽介さんが当時読んでいた「アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ」の『夜間飛行』という本からデザインのインスピレーションを得てデザインされております。また、飛行機に乗る機会が多い相澤さんは、夜、空の上で見た景色からこのクラウドカモを作られたそうです!

ちなみに、今回のBURTON THIRTEENのアイテム名は、実は全て飛行機の名前なんですよ!
(その他、BURTON THIRTEENについて、相澤陽介さんのインタビューがコチラ⇒にてチェックして頂けます!)

個人的には、こういう遊び心やコンセプト、ストーリや道具としてフィールドで使える本気のウェアー作り等、服を買うのに僕はメチャクチャ大事な事と思っており、ファストファッションには絶対に真似の出来ない事でもあると思っています。

今年も一発目のブログから、うまく書けずに、長いブログになりスミマセン・・。
こんな調子でありますが、本年も、どうぞ、宜しくお願い致します!!
飯田 崇士


CALENDAR
  • S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN