modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

昨日は新人スタッフKAZと共に、当店の常連様が半年ほど前に伊賀にオープンさせたクライミングジム、“BAMBOO Bouldering”(⇒)さんに遊びに行ってきました!

(T様、来店遅くなり申し訳ありません!!笑)

当店でもいつもハイセンスなアイテムをセレクトいただいているだけあり、店内もデザイナーズ物件のようなとても居心地のいい空間でした。

肝心のウォールはというと、四日市では見る事の出来ない巨大バルジ、スケールのある強傾斜壁、常連さんでも飽きの来ないマンスリー課題などなどオーナー様の工夫が随所に感じられる素晴らしい出来栄えです!

またオーナー様の良いと思ったもの(ヨガ教室、スラックライン、TRX、etc...)は貪欲になんでも取り入れていく前向きな姿勢には非常に感銘を受けました。

お近くにお住いの方、そうでない方も通う価値のある素晴らしいジムですよ!

因みに今月末にはホールド替えを計画中との事ですので、その前後を体験するのも非常に面白いと思います。

是非一度遊びに行ってみてくださいね!!

 

 

さてさて話は変わりまして、先日行ってきた涸沢ハイクでの2晩目の徳沢園では、朝方3℃まで気温が下がり、寝ていられなかったと前のブログでお伝えしました。

その時の寝具がこちらになります。

スリーピングマットはEXPEDの“SynMat Hyperlite M”(⇒)。マットの保護と熱反射を狙いその下にはSOLのHSエマージェンシーブランケット(⇒)を敷いてます。このセットは非常に良かったです。

シュラフはWESTERN MOUNTAINEERINGのタマラックを使用。

前夜の宴会でブランケット代わりにしており、そのまま寝てしまったので、オープンの状態で使用。(これがヒートロスの原因ですね。笑)短さも手伝って、肩回りが寒かったです。

 

ウェアは、トップスにウールのベースレイヤー、IBEXのHOODED INDIE、HOUDINIのFrank Vest、アークのAtom LT Hoody(フードを被って就寝)(⇒)、OMMのダウンベストを着用。

ボトムスはHOUDINI/Action Twill Pant(⇒)とナンガのPortable Down Pants、そして足元もナンガのテントシューズを着用。

これでもかというくらい着込んで寝てましたが、超寒がりの自分にとってはまだ防寒が甘かったようです。悲

 

そこで次はこんなアイテムの買い足しを検討中!

“ISUKA/エア 130X”

軽量、コンパクト、耐摩耗性に優れ、超撥水加工のされたシェル素材を用いた“Air”シリーズの最軽量モデル。

軽量化のためにジッパーやフードを省いたマミー型。

肩口には冷気の侵入を抑えるドローコードを内蔵。

 

長さは180cmあるので男性向きと言えるでしょう。

 

総重量は実測327gと超軽量。

単純にタマラックと合わせた場合、タマラックがダウンの封入量255g(850+FP)で、130Xは130g(800+FP)ですので、トータル385gのシュラフが完成するわけです。

因みにナンガのダウン封入量380gの“UDD BAG380DX(770FP)”(⇒)で限界温度は-18℃となっています。

これを聞くと、かなり心強いシュラフへのバージョンアップが簡単に出来てしまいますね。

 

収納サイズはナルゲンボトル1Lとほぼ同じ。

無論、ダウンシュラフなのでさらに圧縮することも可能です。

価格もお手頃な¥17,000です。

夏山でのテン泊がメインの方などには、夏用シュラフを秋山で用いる際、温度帯を広げるブーストとしてとても有効なのではと思います。

 

OMMでの軽量スリーピングシステムの候補としても上がってくるアイテム。

一度ご検討いただければと思います!

 

秋のにほいに興奮気味の小泉がお送りしました!


スポーツの秋・食欲の秋・読書の秋、それと、物欲の秋。

こんばんは、飯田です。

 

店内に秋冬アイテムが沢山入荷してきているこの時期。

もう、物欲が強すぎて非常に困っています。

 

さて、先日のブログに続き()、本日もORTLIBE(オルトリーブ)の商品をご紹介。

 

● ORTLIEB|フォールディングボール シリーズ

ol01.jpg

3D溶接で完全防水のBAGを自国(ドイツ)で作るという拘りをもつORTLIEB

 

その技術を持ってバケツを作ると、こんなにオシャレでカッコイイモノになるんです!

このオシャレバケツは、気の利いたサイズ感で展開されており、本当に多くのシーンで活躍してくれます。

ol02.jpg

(下段:左⇒右/フォールディングボール 5L / 10L  / 20L)

 

● サイズ感の比較

ol03.jpg

左:フォールディングボール 5L (⇒

右:フォールディングボール 10L (⇒

 

ol04.jpg

左:フォールディングボール 20L (⇒■)

右:フォールダブルカーブート(50L)(⇒■)

 

● 使用イメージ

 

フォールディングボール 5L (⇒

ol06.jpg

キャンプの時の食器入れや、小型のシンクとして使うのは如何でしょう?

ol05.jpg

また、これからのシーズンであれば、フォールディングボールと氷と水でを使って、冷たい飲み物を冷やしておくのも良いですよね!

 

フォールディングボール 10L 20L (⇒ 

 

フォールディングボール 10Lと20L は、共に縦の長さと横の長さは全く同じ。

ol09.jpg

共に、2Lのペットボトルを寝かして置くと、本当にピッタリサイズ。

 

と、言うことは、靴を入れたりにするのに丁度良いサイズなんです。

ol08.jpg

(ALTRA ローンピーク3.0 / 27.5cmが良い感じに入ります!)

 

違うのは高さだけ!

ol10.jpg

 

 

個人的には、この2サイズが非常にお勧めサイズ!!

 

車に乗ってトレイルを遊び出かけるのは良いんですが、楽しく遊んで車に乗る時に、泥と汗でベタベタになったシューズとBAGをそのまま車に乗せるのって、ちょっと気を使いませんか?

 

それが、乗り合わせで行った時の、他の方の車ならなおさら。

 

お勧めサイズのフォールディングボール 10Lまたは20Lなら、シューズとBAGが綺麗に収まるんですよね!

(フォールディングボール 20LにRUSH 7Lとロンピーク3.0の27.5cmを入れた写真)

 

これがあれば、車を汚すことなく荷物が持ち運べるし、帰宅後は、そのままジャブジャブと手洗い出来るのも嬉しいですよね。

 

持ち運びに優れたフォールディングボールも良いですが、車のトランク沢山のギアを入れておいきたい方には、フォールダブル カー ブートもかなりお勧め!(⇒

ol11.jpg

(写真の上側に映っているアイテム)

 

非常に大きいサイズの為、めちゃくちゃ沢山のギアを入れておくの勿論ですが、フィールドへ遊びに行って着替える時に、車からフォールダブル カー ブートを出して、その中で着替えるという使い方も出来ます。

特に、スノーシーズンはこれが有難いんですよ!

 

そして、最大の特徴は非常に小さく折り畳みが出来るということ!!!!

ol13.jpg

どのサイズも、バケツの上部には芯が入っており、使用中は型崩れがしないようになっています。

また、その芯は角にはあえて入れておらず、その為、簡単に小さく畳むことが出来る、なんとも有難い仕様となっているのです!

 

こんな高機能なバケツが小さく畳めるとなれば、本当に使用シーンが増えますよね!

 

勿論、今回ご紹介した使い方以外でも沢山のパータンが、使う方のアイデアの数だけあります。

まずは、お試しのつもりでお一つお買い上げ頂くと、その良さがお分かりいただけると思います!!


先日は、足の調子を見がてら友人達と多度山へ朝練に行きました。

IMG_2279.JPG

天気は良いとは言えませんが、やっぱり早朝は気持ち良いですね。

そして、寒くてもまだまだ川でアイシング。

IMG_2287.JPG

12月までは川でアイシング頑張ってみようと思います。

 

 

--------------------------閑話休題---------------------------

 

最近、ここ三重県では天気が優れない日が続いています。

そんな日でも大切な衣服やギア類を水濡れから守ってくれる、ORTLIEBの防水スタッフバッグが入荷しています。

1.jpg

写真左から

・ドライバッグPS10 7L 54g    (商品ページはコチラ■)

・ドライバッグPS10 12L 70g  (商品ページはコチラ■)

・ドライバッグPS10 22L 104g (商品ページはコチラ■)

 

お気付きでしょうか。スタッフサックの左下に小さなグレーのパーツがついているんです。

アップするとこんな感じになってます。

2.jpg

実はこれ、空気を抜く為のバルブなんです。指で引っ張るとピョンっとバルブが飛び出るので

そのままスタッフバッグに圧をかければ「シューーー!!」っと勢い良く空気が抜けていくんです。

抜けた後は、指で押し込めば空気の流動が「ピタ!!」っと止まる優れものです。

圧縮の動画はコチラ■からご覧頂けます。

 

4.jpg

「縫製」では無く「3D溶接」で接着されている生地は70Dの完全防水ファブリックが使用されています。

5.jpg

底の部分には持ち手が付いているので、着替えを入れてテントサイトや旅先で持ち歩くのにも便利。

6.jpg

そして、シュラフやインサレーションウェアをよりスピーディーに小さく圧縮したい方にはコチラ

写真左から

・コンプレッションドライバッグ PS10 7L バルブ&ストラップ付   122g  (商品ページはコチラ■)

・コンプレッションドライバッグ PS10 12L バルブ&ストラップ付 152g  (商品ページはコチラ■)

7.jpg

収納口は、ドライバッグと同じでクルクル巻くタイプ。

10.jpg

空気抜き用のバルブが付いている点や接着技術等も前述の商品と同様ですが、

4本のストラップで均等に圧をかけることでよりコンパクトにより素早く圧縮することが出来ます。

8.jpg

初めて触ると、ストラップがねじれてしまったりするのですが2、3回使用してみると

すぐに慣れてスピーディーに圧縮できます。スピードが求められるシチュエーションは限られますが

パーティーを組んでの山行では、色々な作業のスピードに意外と気を使います。

大切なアイテムを水濡れから守ってくれる装備の一つとして私がOMMレースに導入を真剣に考えている

アイテムの一つです。

 

本日のブログは、明日に養老山脈の縦走を予定している松下がお届けしました。

いつも、タイミング悪く台風が来ます....。普段の行いを見直そうかな...。

 


先週は岐阜県の平湯キャンプ場へ。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

平湯キャンプ場(

・標高:1300メートル

・車横付けOK

・ごみ捨て場あり

・トイレ(きれいです)

・水道(飲めます)

・売店:調味料/氷/炭/薪/飲み物(お酒)/アイス /カップ麺/火ばさみ/ガス缶/網/その他キッチン雑貨

・温泉:徒歩圏内にあり(露天風呂5つ以上あります)…キャンプ場利用者400円

・スーパー:車で15分くらいのところに2つありますが、

 卵や野菜などハーフサイズがないので2〜3人で行く時は事前に買って行った方が良さそうです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

この時期の平湯は予約がいらず、車でぐるぐる回りながらゆっくりサイトを選べます。

14522945_899630993500604_1466883877545730189_n.jpg

初日は晴れ。

日中の気温は20度ほど。快適でした。

夜は15度くらいだったでしょうか。上はフリース1枚羽織って下はナイロンの薄いパンツで大丈夫な程度。

 

ただ、もう少し寒くなってきたら、保温性のあるパンツが必要ですね。

ダウンパンツも良いですが、ミシュランマンみたいなシルエットが気になる方、

ぬくぬくじゃなくて少しだけ保温性が欲しいという方には

こちらのパンツがおすすめです。

 

THE NORTH FACE

W's Warm Jersey Pant

R0010101.JPG

 

 

R0010110.JPG

秋冬避けては通れない静電気の発生を抑える静電ケアシステム対応です。

 

肌側を起毛させていて、保温性にも優れています。

めちゃめちゃあったかい!とはいきませんが、

キャンプ以外にも街着やゆるゆるハイクにお使いいただけます。

 

R0010107.JPG

縦横のストレッチ性が高く、ウエストはコードで調整できるラクチンタイプ。

 

R0010105.jpg

 

R0010108.JPG

裾はファスナー付き。ハイカットの靴も履きやすいです。

 

R0010112.jpg

154cm / color:ZC / size:M

 

R0010115.jpg

154cm / color:K / size:M

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - 

 

秋キャンプ。

タープを低く張っていたので火の粉で絶対穴を開けないようにと

焚き火はタープから少し離れたところでしていたにもかかわらず、

ポールに足を引っ掛け、まさかのオイルランタンの熱で小さな穴を開けてしまいました。

少し悲しい思い出ができてしまいましたが、平湯は本当に良かったです。

是非行ってみてください。

 

 

 

タープの近くでもう絶対走り回らないと決めたゆあさでした。

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存


そろそろ、アルプスでは紅葉が見頃の時期になってきました。

今回は、そんな山行で美しい紅葉を写真に収めたい方にお勧めのアイテムをご紹介致します。

今季から取り扱いを始めましたドイツ生まれのアウトドアブランドORTLIEBの防水カメラバッグです。

1.jpg

サイズが違うこちらの防水バッグ。「縫製」ではなく「溶接」の技術が仕様されています。

4.jpg

特にORLIEBのものは「3D溶接」が行われているので曲面の仕上がりもとても綺麗です。

3.jpg

そして、物を出し入れするジッパー部もかなりガッチリ作られています。

3つのバッグのIPコードは共にIP54(有害な影響が発生する程の粉塵が内部に侵入せず、

いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けないレベル)

2.jpg

裏側には4wayベルトループがあるので、バックパックや腰ベルト等に装着が可能。

3つのモデルの中で一番小さいモデルがコチラのプロテクト()

5.jpg

コンパクトデジカメや双眼鏡、GPS等を入れるのにお勧めなサイズ感。

7.jpg

簡易的なショルダーストラップが付属し、取り外し可能。

8.jpg

内側サイドには10mm厚のウレタンパッドが入っており外部からの衝撃をやわらげます。

9.jpg

内側サイド部とは別に付属でウレタンパッドがついてくるので、バッグの底に敷いたり

衝撃が加わる恐れがある面の内側に足したり出来ます。

そして、内部に同じウレタンパッドが装着されているモデルがコチラ

アクアズーム()

16.jpg

その名の通り、ズーム機能の付いたカメラや一眼レフ等の大きめのレンズが付いたカメラに対応するモデル。

17.jpg

少々重くなる事を想定して、頑丈めなショルダーストラップが付属しています。

18.jpg

内側の防御性能はプロテクト()と似ていますが、内側のフォームパッドにはマジックテープが

くっつくように加工がされています。また、アクアズームには特殊な形のウレタンパッドが付属します。

19.jpg

それがコチラです。曲がった大きめのパッド一枚と、マジックテープが付いた細い小さなパッドが2枚。

どのように使用するかというと...

20.jpg

こうなります。分かりやすいように、カバンの中身の状況を並べて再現してみました。

バッグの中でカメラが動かないようにしっかりフォームパッドで包み込んでくれる仕様です。

そして、最後の一つがコチラ

アクアカム(■)

10.jpg

縦横ともに大き目のモデル。ショルダーストラップはアクアズーム同様にガッチリめの仕様です。

13.jpg

内側には、カメラインサートが入っているので大切な撮影機器を衝撃から守ってくれます。

ちなみに、インサートは取り外し可能でバッグから取り出してみると...

14.jpg

こんな感じで仕切り用パーツ2つが付属でついています。上手く組み合わせれば複雑な形の機器や

レンズとカメラ本体を分けて収納も出来ます。

15.jpg

1Lのナルゲンボトルを立てて入れる事が出来るサイズなので、ビデオカメラ類も容易に収納出来ます。

バックパックの全面や腰ベルトに取り付ければ、カメラの取り出しの際にわざわざ荷物を降ろす必要も

ありません。

21.jpg

全モデル−10℃まで対応しますので、秋山の朝夕の冷え込んだ状況にもしっかり対応。

また、これからハイシーズンを迎える屋久島でのハイクにもお勧めです。

もちろん、山だけでなく海や川、はたまたお子様の運動会にも。

せっかく撮影した思い出を守ってくれるORTLIBE()のカメラバッグ如何でしょうか。

 

足の調子が回復してきたので、そろそろ山走りに行きたい松下がお届けしました。

早朝山ラン仲間募集中です。

 



CALENDAR
  • S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN