modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com
またまた自転車&トレイルランニングの一日を過ごしてきました。
両方楽しみたいことと、自分の生活スタイルにはこれが結構合ってますね。

IMG_9309.jpg
夏と異なる柔らかな日差し。

IMG_9335.jpg
徐々に紅葉も進んでいます。


ブナ清水で水を汲む。

今回の足元はNewソックスがお供してくれました。

IMG_9317.jpg
見た目もすっきりなこのソックス。

IMG_9316.jpg
Feetures! Elite Light Cushion NoShowTab (⇒) (Color:White/Black)
以前からオススメしている同社のPF Sleeve(⇒,)を使っていただいている方には、このメーカーがつくるソックスのフィット感を実感していただいているはず。
PF Sleeveは足のサポートという点に重点とおいていたため少々きつめのコンプレッションとなっていますが、ランニングソックスとして作られているこのEliteシリーズは、フィット感と機能性を高めるためのポイント着圧が採用されています。
それがSOCK-LOCK SUPPORT SYSTEM。
ソックス自体に左右があり、足の形状に合わせた素晴らしいフィット感を得ることが出来ます。
またアーチサポートもしっかりしており、長時間のアクティビティにおいてもパフォーマンス維持を手助けしてくれます。

さらにフィット感を高めているのはソックス内側の凹凸の少なさ。
つま先部分をはじめステッチ部分の平坦さは特筆すべきもの。
実際に足入れをしてみるとその違和感のなさ、足とソックスとの一体感に驚くはずです。
また、マイクロファイバーかと思うような高密度な生地が足底に使われており、薄手のソックスなれど十分なクッション性があります。

特にsalomon sense、inov8、NB MT110など薄底・軽量なシューズを使われている方にはぜひオススメしたいモデル。相性バツグンです。
ロードシューズにもしっくりくるはず。
また、その薄さとiWickファイバーによる排水性は濡れても、同じ感覚を保ち続ける事が出来ます。
これまで選択肢の多くなかった化繊ランニングソックスに新たな選択肢が増えました!
カラーも豊富で楽しくなります。
自分の中ではトレイルで履くホワイトのソックスがキてます!

こちらのランニングソックスも調子いいです!
IMG_9392.jpg
世界で一番有名なウールソックスブランドの創業者が新たに立ち上げた、point6(ポイントシックス)。
ウールのソックスをさらに進化させたものを、との思いで製品作りを行っているブランドです。
こだわりの製法と品質管理で肌触り、耐久性を高めています。

こちらのソックスはRunning UltraLight Micro (⇒)
ノンクッションモデルでシンプルなソックスなのですが、人間工学に基づいて設計されたソックスは足への収まりが非常にいいです。
水たまりに足を突っ込んでびたびたになるような状況でもずれにくく、基本設計の良さがうかがえます。

西欧人の基礎体温とも言われる華氏98.6℃(摂氏37℃)の「.6」がブランド名『point6』の由来にもなっており、ウールの持つ天然の温度調整機能はやはり化繊ものにない大きな特徴。
薄手なのに足の冷えに対する心配がほとんどなくなります。
これからの時期であればクルー丈のモデルがシーン問わず活躍してくれます。
Hiking Tech Light Crew (⇒)

Feetures! & point6、これから要チェックな2ブランドですよ!

IMG_9332.jpg
キノコ岩にて。

それでは快適なソックスライフを!
texted by ロードシューズの消耗が早すぎて困るキョヲヘイ
また物欲が・・・(⇒)

何だか秋が超短かった2013年。クローゼットも半袖物からいっきに冬物に入れ替えしました!
久々にブログに投稿させて頂くABOです。毎度ながらの駄文失礼致します(汗)

今日は私が最も多用する中綿ダウンをご紹介させて頂きます。

ARC'TERYX FISSION SL JACKET 2013FW MODEL  (BLACK) MADE IN CANADA

(身長172cm、体重71キロでSサイズを着用、レイアイリングは二枚)


FISSIONの発売当初から歴代モデルを何枚か着用してきましたが、最新のSLモデルはDOは勿論、日常使いとしても非常に高い完成度があると思います。

最大の理由は”長時間着ていても疲れない”ことです。

アークの真骨頂である立体裁断が着用感を飛躍的に高めているのは間違いありませんが、特にやや前よりに付いた”袖付け”は他ブランドよりも上を行っています。



また、この手のヘヴィーアウターのベンチレーションはややゴワツキ感が出るのが通常ですが、柔らかい止水ファスナーとグルー(接着ボンド)の絶妙な配合により激しい腕振りもスムースにしてくれます。



中綿に使用されているサーマテックの撥水性と保温性は既にご承知かと思いますし、ゴアテックスプロの圧倒的な防水性も勿論兼ね備えています。フードのカタチやサイズも”着用して行動する事”を前提に設計された仕様なので”フィールドで使える”のは言うまでもありません。

デザインもアークテリクスのプロダクト理念に通じた”無駄を削ぎ落としたデザイン”は永年色褪せることもないでしょう。しっかりとメンテンスをすれば10年物のアウターとして冬の寒さから身を守ってくれると思います。

私はバイク、日常着、サイドカントリーと多用途にFISSION SLを使用します。インナーを調整すればこれほど万能なアウターは中々ないのでは!

一点だけデメリットをあげるとすれば、それはやはり”価格”。一着10万円オーバーとなるとウールやツイードのハーフコート、レザーのライダースジャケットも買えます。アウトドアブランドの化繊中綿なら二枚買えるほどです。

ここは一つサンタクロースにお願いしてみては如何でしょうか!(笑)

ARC'TERYX FISSION SL JACKET 2014 MODEL (10.5000円)は【コチラ】でお求め頂けます。



肌寒い一日の11月13日、冬物商材など多数ご注文賜っておりますが、明日14日に発送手続させて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します。

本日もモデラートブログにアクセス頂き誠にありがとうございました。


二日間会社を留守にしておりましたので、ちょっと仕事がたまっております。
っというか、オーダーテイクがもうありまして・・堪らんです。
今日は夜更かしになりそうです。明日は6時おきなのに・・(涙)
でも、山で元気な空気をしっかり吸ってきたのでやる気満々です!

さて、先日白馬のバックカントリーでの私の装備を少しご紹介します。
ワンデイツアーでコースも把握しており、何よりも信頼おけるメンバーとの行動でしたので、装備を軽量化しました。

使用ザックはアークテリクスのサイロ18。



この中にBDの3メートルプローブ、T型グリップのBDショベル、無線機、ゴーグル、サーモス水筒、ファイントラックのピコシェルター、マンテンハードウェアのウィンドストッパーベスト、行動食を収納。ポール、スノーシュー、又はボードの何れかを背面に取り付け。

18リットルのスペックですのがパンパンにはなりますが、パッキングは可能です。

しかし、一つだけ小型ザックの不利な点があります。それはボードを固定した際の安定感にかける事です。

やはり、肩や腰への負担もそうですが、ビュンビュンに風が吹かれた際にはちょっと大変です。
という訳でプロガイド引率の元、晴天であり、行動量が比較的少ない場合には20リットル未満のザックでもバックカントリースノーボードに十分対応可能かと思います。

20、30、40あたりの容量のモノを使い分けるのが最良ではないでしょうか?

表題にもありますように明日からはアークテリクスを始め色々なブランドの展示会が東京で開催されます。

しっかりとレポートもしたいと思いますのでご期待ください。
水曜日は定休日となりますが、木曜日は私(安保)は不在となりますので宜しくお願い致します。

  • by

今日も朝から祭りのお囃子が聞こえます。
昨日と今日は全国でも色々なお祭りが開催されているようですね。
ここ四日市では市の伝統的なお祭り「四日市祭り」が開催されています。
小さい頃は良く親に連れて行ってもらった事を記憶しているのですが、大人になってからは随分行った記憶が無いので今宵は子供たちを連れ出したいと思います。

さて、先日の日記でも商品紹介したハイドラパックのジェルボットをフィールで試してみました。



使用してみて感じた特徴として・・

・非常に持ちやすい。

一見ボトルの形は円状に見えますが微妙に楕円状にカーブしています。









また、取り外し可能なストラップはコードロックによって強度を微妙に調整する事が可能です。

・行動しながら水分補給が非常にやりやすい。

ジェルはそのまま吸うだけ。水は大きめの吸口を前歯で引き出して吸うだけ。とても簡単に二種類の液体を飲むことが可能です。また着色されたジェルならば残量も横の窓口から確認できます。
勿論、逆漏れも殆どありません。



・メンテがしやすい。

ジェルボトルへのジェル投入も非常にスムースに行えます。各パーツが分離できるので使用後の洗浄も細部に渡って可能です。





今の季節、日中走ったり、トレーニングする事は非常に過酷です。
アスリートであっても熱中症にすぐなるような厳しい気候です。
水分補給を手軽に確実に行える本商品はとても素晴らしい商品です。

今回、フィールドテストにご協力頂いたハイドラパックの輸入元、サンメリットさんには今後も素晴らしいアイテムをご紹介頂きたいと思います。
ご協力ありがとうございました。

ラン用2500円、バイク用2300円、モデラートにて発売しております。









  • by

今日から高校野球が始まりました。
開会式の模様をテレビで少し観たのですが、球児はとてもフレッシュですね。
元気のイイ行進がとても観ていて気持ち良かったです。

また、およそ一週間後には北京オリンピックが開幕します。
いつもオリンピックの年は寝不足にやられるのですが、およそ一時間の時差なのでライブ映像でも睡眠不足にならないのが視聴者としては幸いですね。

さて、今日はユニフレームのライスクッカーをご紹介します。



先日、親友のUさんにスープカレーをご馳走して頂きました。



このカレー本当に旨かった・・もう一度食べたい・・

ジャガイモやチキンを下拵えしてダッチオーブンで火を入れる手の懲りよう・・のでトロトロの食感が堪らなかったです。



その際、仕上げの御飯炊きにユニフレームのライスクッカーを使用しました(カレーのお鍋の右奥。ちなみに写真に写っているのは五合炊きです)



アウトドアではもっぱらこのライスクッカーを使用するのですが、実に美味しい御飯を手軽に炊いてくれます。


クッカー内はお米と水加減の目盛りが判りやすく記されています。



難しい炊き上がりのタイミングをフタのカタカタ音で知らせてくれるので先ず、素人の私でも失敗がありません。

今回ご紹介したニ?三合炊のように少人数のグループにも対応可能です。

アウトドアで遊ぶなら美味しい御飯は必須ですので一家に一台お奨めです。


ソロの時は私もコレですます事もシバシバありますが・・・爆






  • by


CALENDAR
  • S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN