modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

LONE PEAK3.0()をフィールドで試してすっかりお気に入りになった松下です。

アルトラ独特の前足部の広さにより、横方向への若干のズレ感は感じてしまいますが

足の裏の力を入れるポイントを掴みながら上手に履きこなせば非常に気持ちよく走れるシューズ。

そして今回は、個人的に気になるコチラのモデルをご紹介。

 

LONE PEAK3.0 MID(オンラインショップページはコチラ■)

1.jpg

パッと見はLONE PEAKの足首回りが長くなっただけに見えますが、細かな違いがあるんです。

4.jpg

ソールパターンは、同じですが手で曲げてみるとミッドカットモデルの方がソールが少々固く感じます。

また、つま先部分もよく見てみると...
8.jpg

ローカットモデルと比べると、補強がより強く、よりしっかりとしています。

写真では中々お伝えしにくいので、店頭で触って比べて頂きたいポイントの一つ。

5.jpg

足首回りは、肉厚な造りで固めすぎず緩すぎずの丁度良い塩梅のサポート性。

少々重めの荷物を担いでの山行やこれからファストパッキングを始めてみたいけど

いきなりローカットのトレランシューズは不安...という方にもお勧め。

3.jpg

アイレットはフック式では無く紐を通すタイプなので、履く際にはアイレットから紐を抜いてしまった方が

足入れが容易です。また、足首の前方向への屈曲性が欲しい場面では敢えてアイレットに紐を通さずに

履いてもOK。平坦な道が続くシチュエーションでは抜群に歩きやすくなります。

7.jpg

ヒール部分には、しっかりとした補強が入っており重たい荷物を担いだ時にも踵のブレを防いでくれます。

6.jpg

コチラはLONE PEAK3.0(ローカット)のヒール部分の写真です。

比べて頂くと補強具合の差がお分かり頂けると思います。

そして、一番の違いがやはりアッパー素材。

9.jpg

メッシュでは無くソフトシェル素材を使用しており、防水透湿素材のポーラテックネオシェルが

使用されています。耐水圧はゴアテックスに劣るものの、透湿量に関してはとても高い素材です。

しかし、注意点としてこちらのLONE PEAK3.0 MIDはシーム処理がされていません。

少々の雨なら問題ないと思われますが、急な川の流れの中にシューズを浸けたりすると圧力がかかって

浸水してしまう恐れがあります。完全防水では無い為、その分透湿量は確実にアップするので

シチュエーションや履き方に気をつけてあげれば幅広いフィールドで活躍してくれるシューズです。

 

これから紅葉が始まる低山域での縦走ハイクやファストパッキングに足首を適度に守ってくれる

LONE PEAK 3.0 MID()でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、レディースモデルも御座います。(オンラインショップページはコチラ■)

10.jpg

本日のブログは、もうすぐ山の麓へ引っ越す松下がお届けしました。

家電一式揃えるのが大変です...。
 


関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    CALENDAR
    • S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>
    CATEGORY
    ARCHIVES

    KEYWORD SEARCH

    MOBILE SITE

    qrcode
    PROFILE
    ADMIN