modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

先日は、足の調子を見がてら友人達と多度山へ朝練に行きました。

IMG_2279.JPG

天気は良いとは言えませんが、やっぱり早朝は気持ち良いですね。

そして、寒くてもまだまだ川でアイシング。

IMG_2287.JPG

12月までは川でアイシング頑張ってみようと思います。

 

 

--------------------------閑話休題---------------------------

 

最近、ここ三重県では天気が優れない日が続いています。

そんな日でも大切な衣服やギア類を水濡れから守ってくれる、ORTLIEBの防水スタッフバッグが入荷しています。

1.jpg

写真左から

・ドライバッグPS10 7L 54g    (商品ページはコチラ■)

・ドライバッグPS10 12L 70g  (商品ページはコチラ■)

・ドライバッグPS10 22L 104g (商品ページはコチラ■)

 

お気付きでしょうか。スタッフサックの左下に小さなグレーのパーツがついているんです。

アップするとこんな感じになってます。

2.jpg

実はこれ、空気を抜く為のバルブなんです。指で引っ張るとピョンっとバルブが飛び出るので

そのままスタッフバッグに圧をかければ「シューーー!!」っと勢い良く空気が抜けていくんです。

抜けた後は、指で押し込めば空気の流動が「ピタ!!」っと止まる優れものです。

圧縮の動画はコチラ■からご覧頂けます。

 

4.jpg

「縫製」では無く「3D溶接」で接着されている生地は70Dの完全防水ファブリックが使用されています。

5.jpg

底の部分には持ち手が付いているので、着替えを入れてテントサイトや旅先で持ち歩くのにも便利。

6.jpg

そして、シュラフやインサレーションウェアをよりスピーディーに小さく圧縮したい方にはコチラ

写真左から

・コンプレッションドライバッグ PS10 7L バルブ&ストラップ付   122g  (商品ページはコチラ■)

・コンプレッションドライバッグ PS10 12L バルブ&ストラップ付 152g  (商品ページはコチラ■)

7.jpg

収納口は、ドライバッグと同じでクルクル巻くタイプ。

10.jpg

空気抜き用のバルブが付いている点や接着技術等も前述の商品と同様ですが、

4本のストラップで均等に圧をかけることでよりコンパクトにより素早く圧縮することが出来ます。

8.jpg

初めて触ると、ストラップがねじれてしまったりするのですが2、3回使用してみると

すぐに慣れてスピーディーに圧縮できます。スピードが求められるシチュエーションは限られますが

パーティーを組んでの山行では、色々な作業のスピードに意外と気を使います。

大切なアイテムを水濡れから守ってくれる装備の一つとして私がOMMレースに導入を真剣に考えている

アイテムの一つです。

 

本日のブログは、明日に養老山脈の縦走を予定している松下がお届けしました。

いつも、タイミング悪く台風が来ます....。普段の行いを見直そうかな...。

 


先週は岐阜県の平湯キャンプ場へ。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

平湯キャンプ場(

・標高:1300メートル

・車横付けOK

・ごみ捨て場あり

・トイレ(きれいです)

・水道(飲めます)

・売店:調味料/氷/炭/薪/飲み物(お酒)/アイス /カップ麺/火ばさみ/ガス缶/網/その他キッチン雑貨

・温泉:徒歩圏内にあり(露天風呂5つ以上あります)…キャンプ場利用者400円

・スーパー:車で15分くらいのところに2つありますが、

 卵や野菜などハーフサイズがないので2〜3人で行く時は事前に買って行った方が良さそうです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

この時期の平湯は予約がいらず、車でぐるぐる回りながらゆっくりサイトを選べます。

14522945_899630993500604_1466883877545730189_n.jpg

初日は晴れ。

日中の気温は20度ほど。快適でした。

夜は15度くらいだったでしょうか。上はフリース1枚羽織って下はナイロンの薄いパンツで大丈夫な程度。

 

ただ、もう少し寒くなってきたら、保温性のあるパンツが必要ですね。

ダウンパンツも良いですが、ミシュランマンみたいなシルエットが気になる方、

ぬくぬくじゃなくて少しだけ保温性が欲しいという方には

こちらのパンツがおすすめです。

 

THE NORTH FACE

W's Warm Jersey Pant

R0010101.JPG

 

 

R0010110.JPG

秋冬避けては通れない静電気の発生を抑える静電ケアシステム対応です。

 

肌側を起毛させていて、保温性にも優れています。

めちゃめちゃあったかい!とはいきませんが、

キャンプ以外にも街着やゆるゆるハイクにお使いいただけます。

 

R0010107.JPG

縦横のストレッチ性が高く、ウエストはコードで調整できるラクチンタイプ。

 

R0010105.jpg

 

R0010108.JPG

裾はファスナー付き。ハイカットの靴も履きやすいです。

 

R0010112.jpg

154cm / color:ZC / size:M

 

R0010115.jpg

154cm / color:K / size:M

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - 

 

秋キャンプ。

タープを低く張っていたので火の粉で絶対穴を開けないようにと

焚き火はタープから少し離れたところでしていたにもかかわらず、

ポールに足を引っ掛け、まさかのオイルランタンの熱で小さな穴を開けてしまいました。

少し悲しい思い出ができてしまいましたが、平湯は本当に良かったです。

是非行ってみてください。

 

 

 

タープの近くでもう絶対走り回らないと決めたゆあさでした。

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存


9月28日から30日まで、涸沢に紅葉を見に行って来ました。

Photo by Typoman

 

本当は奥穂かどこかのピークを踏みたかったのですが、数日前からの悪天予報で早々にピークハントを諦め、涸沢の紅葉を愛でる事。そして古くからの友人との1年ぶりの再会を祝う事(即ち宴会)に専念することに。笑

 

今回のバックパックはSIXMOON DESIGNS/FLIGHT40(⇒)をチョイス。

ファストパッカーには30Lモデル(⇒)が大変好評ですが、僕みたいにそんなに荷物の重量にシビアじゃない方。僕みたいに山で宴会するのに食べ物をこれでもかと持って行きたい方。そして僕みたいにとても寒がりで、防寒着やらスリーピングシステムがやたら嵩張ってしまう方。そんな方達にとてもお勧めできるヤツです。

 

40Lモデルはザックの剛性や背負い心地を保つためのステーが入っているため、最大積載量は驚きの18kg。

この手のザックにしてはかなりの重量に耐える作りです。

荷物の重量に応じ、肩でも腰でも背負えてしまうというのも他にはない魅力です。

 

因みに今回のパッキング時の重量はこちら。

水1L、ビール1.4L(350ml缶が4本)、大量の缶詰め、お菓子などが入っています。笑

 

7時頃の河童橋から穂高方面の眺めはこんな感じ。

中々の絶景です。苦笑

 

因みに歩き出し時の気温は約20℃とソコソコ暖かめ。

(手で温めてはいません。笑)

 

心地よい朝もやの中(時々小雨)、眠っている身体をゆっくり起こすように歩き出します。

 

携帯もまだ眠いようです。笑

 

林道をしっかり踏みしめながら、友人との待ち合わせ場所の横尾へ向かいます!?

(心配無用。僕のではありません)

 

9時15分横尾着。

30分くらいだらだらし、記念のツーショット(ザックだけ)を撮り先へ進みます。

 

 

快適なトレッキングだったのも束の間。

 

急に雨脚が強まり始めました。

 

僕はレインウェアのトップスだけを着込み、涸沢まで頑張ることに。。。

しかし状況はみるみる悪化。

酷い所はこんな状況でした。

動き易さを重視してレインウェアを履かなかったボトムは、撥水処理のされていないHOUDINI/ACTION TWILL PANTS(⇒)だった為、この写真を撮るころにはパ〇ツまでビタビタな状況。

それでも気温は15℃程はあった為、動いていればかろうじて体温は保っていられる状況。

しかし涸沢に着くまでは“低体温症”の4文字が常に頭の中を旋回していたのは言うまでもありません。

 

12時20分涸沢着。

みるみる冷えていく身体に、全く記録を残す余裕は無く、豪雨の中テントを設営。

浸水した道具をテントの中に入れた為、テントの中もビタビタ。

テント内の水分を出来るだけ拭き取って外に出しつつ、自分の暖を取り、体温を戻していくのにおよそ2時間くらいを要しました。

 

そして気が乗らないながら(SORRY!! TYPOMAN 笑)名物のおでんを食し、早々に床に就くのでした。

 

9月29日。

この日も朝から大雨。

天気は午後から回復の予報だった為昼まで停滞していると、見事に雨は治まっていきました。

心なしか紅葉も昨日に比べ深みを増したように見えます。

(カメラの性能が低いため紅色が綺麗に出ていません)

 

翌30日は好天の予報でしたが、3日目は余裕を持って帰ろうという話になり、後ろ髪を引かれつつも徳沢に向け下山開始。この日入山された方はラッキーでしたね〜。

あ、そうそう、横尾で当店のお客様とも偶然お会い出来ました!

またお話聞かせてくださいね〜!

 

徳沢キャンプ場はロケーションの良さも手伝って、まるで天国に来たかのようでした。

 

この日は贅沢にロッジで乾杯。

(ポケモンは居ないらしいです。笑)

前日の分を取り戻すかの如く、夜が更けるまで宴会は続きました。

 

翌30日は快晴の為か、朝方は3℃くらいまで気温が下がり、否が応でも起きてしまうほどの冷え込みでした。

(涸沢より10℃くらい低かったです)

明神岳方面を望むと、素晴らしいモルゲンロートを観る事が出来ました。

Photo by Typoman

2日目に涸沢から降りてきた事について、若干後悔はあったものの、初日のダメージを考えるとこれが正しい判断だったのかなとも思います。

山での過ごし方などの感覚もだいぶ鈍っていたので、今回の失敗は非常に有意義なものとなりました。

 

これを糧に商品のバイイングなど、更に活かしていきますので、今後も当店を宜しくお願い致します!!

 

案の定体重は横ばいの小泉がお送りしました!


こんばんは、飯田です。

今日は、さらりと読めるブログを2回更新いたします!

 

<本日2回目の投稿>

 

ARC'TERYX(アークテリクス) / Gryson LS Shirt(グライソン LS シャツ) 

(⇒

arcshi03.jpg

依然にご紹介させて頂いたBernal Shirt LS(⇒)に少し雰囲気がにていますね。

ただ、Bernal Shirt LSは化繊とコットンの混紡だったのに対して、今回ご紹介しているGryson LS Shirtは、ポリエステル100%のフランネルシャツ。

 

スナップボタン仕様と、

arcshi04.jpg

 

胸ポケットのマチが表側に出ていない事で、非常にスッキリしたデザインとなっており、どこか都会的な雰囲気に仕上がっています。

arcshi05.jpg

 

arcshi06.jpg

 

カラーは3色

Autobahn Aspen /  Hemingray Vermillion  /  Admiral Shadow

arcshi02.jpg

 

サイズ感としては、少しゆったりとしたつくり。

arcshi01.jpg

(179cm / 64kg / size:M)

 

チョイスするカラーいよって印象が大きく変わります。

arcshi08.jpg

 

デニムを穿かれる方であれば、どのカラーも非常に合わせやすいので、ますます迷うかも!!

arcshi07.jpg

 

ポリエステル100%ですので、軽登山で山シャツとしてお使い頂いたり、

時期によっては、ゲレンデスキーやスノーボードのインナーとしてもお使い頂けますよ!

 


こんばんは、飯田です。

今日は、さらりと読めるブログを2回更新いたします!

 

<本日1回目の投稿>

 

前回フーディニーのウーラーフーディー(⇒)をご紹介させて頂いた時に着用しておりましたパンツ。

IMG_6596.JPG

HOUDINI(フーディニ) / Commute Pants(⇒)コミューターパンツ

 

moderateのInstagram(⇒)でも先日ご詳細させて頂き非常にご好評を頂いております。

IMG_6596-5.jpg

 

これからの時期に嬉しい風合いのコーデュロイパンツで、素材はポリエステル100%!

IMG_6596-2.jpg

耐摩耗性少し不安な為、ハードな山登りには不向きではありますが、里山遊び等には非常にオススメ。

 

ストレッチはしないものの、その絶妙なカッティングで動きやすさもあります。

IMG_6596-3.jpg

 

カラーはBlueIllusion(左)とTrueBlack(右)の2色をご用意。

IMG_6596-6.jpg

 

少し残暑を感じる今時期なんかは、裾を2回ほど折り返してくるぶしを見せるスタイルで穿くのもオススメ。

IMG_6596-4.jpg

(179cm / 64kg / size:M)

 

是非、同ブランドのウーラーフーディーとセットでお楽しみ下さい!!



CALENDAR
  • S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN