modelog

  • ARC'TERYX,patagonia,Black Diamond,HAGLOFS,SNOW PEAK,OSPREY等,アウトドア,トレイルラン,バックカントリー専門店です。
    通販・お問い合わせ TEL:059-349-0585 FAX:059-349-4546 E-Mail:shop@moderateweb.com

3連休中は生憎の空模様ですね。

来週末のUTMFも微妙な予報。

装備選びが益々悩ましいですね。

 

さて、ランパックのサイズ(フィット)でお悩みの女性ランナーさん、もしくは160cm前後のランナーさんがいらっしゃいましたら朗報です!

遂にあのPaaGo WORKS/RUSHシリーズに上記の方に向けたサイジングのモデルが登場しました!

“PaaGo WORKS/RUSH 7s/¥12,000+TAX”⇒Comming soon...

本体容量はそのままに、ショルダーハーネスの作りを1から見直し、要望の多かった女性や、小柄な方向けに設計された待望のモデル。

ぱっと見は分かりませんが、よく見ると全くもって違う形状です。

 

当店のランビギナー、YUASA(154cm)にもフィット感の向上が判るくらい、とてもフィットしている模様。

因みに12Lモデルで比べてみるとこの通り。

写真左“PaaGo WORKS/RUSH 12s/¥14,000+TAX”⇒Comming soon...

ご覧の通り肩口にある隙間が無くなり、よりパックの重心が上に来ているのが判ります。

長時間の行動において、荷物がブレないというのは非常に重要なポイント。

当然体に密着していた方が、荷物のブレにより蓄積される疲労も少なく済むわけです。

正に待望モデル登場ですね!

 

尚、カラー展開は1カラーのみで、カラー名は“ネイビー”ですが、写真でもお判りいただけるように、渋くて薄めのパープルといった発色です。

こちら、オンラインショップへの掲載は近日中となっておりますので、もしお急ぎの場合はメールにてお問い合わせ下さいませ!

【メールでのお問合せはコチラ】⇒

 

他にも同ブランドの新商品、人気商品が続々と入荷してますので、オンラインショップページを是非ご覧ください!

新商品の掲載はまだですが、継続商品の再入荷分はご購入頂けます!

【PaaGo WORKSのオンラインショップページはコチラ】⇒

 

アルプス行きを控え足慣らしが全く出来てない小泉がお送りしました!

それでもビールは持ってきます!


こんばんは飯田です。

 

先日、通勤RUN終了後いつものように店の裏にある散水栓で水シャワーを浴びて、ふと水道を止めようした時に四つ葉のクロバーを発見。

探そうとせず、無意識に見たら目に飛び込んで見つけることが出来た四つ葉のクローバー。

いくつになっても、こういうのを見つけると妙に嬉しいですね。


 

さて、弊社が手掛けるブランドmimie(ミミエ)⇒■より、遂にBURTONとコラボレーションしたビンディングが発売になりました。

mimie01.jpg

モデルとしては、DIODE  Re-FlexとGENESIS Re-Flex のハイブリットとなっており、そこに三重の伝統工芸「伊勢型紙」のデザインをあしらったスペシャルモデル。

 

●ポリカーボネイト素材に伊勢型紙をデザインした、スペシャルハイバック

mimie02.jpg

伊勢型紙のパターンを、昨年のDIODEでも使用していた半透明のポリカーボネイト素材のハイバックにデザイン。

半透明の透け具合と模様が相まって、見た目にも非常に綺麗な仕上がりになっています。

DIODEのハイバックと聞くと、ハードフレックスをイメージされるかたもいらっしゃいますが、その一方でフリーランをメインに楽しまれるスタイル方の中では、非常に評価の高いハイバック!

 

●伊勢型紙パターンのアンクル レザーストラップ

mimie03.jpg

アンクル側のストラップは、現在BURTONで主流の一体成型されたハンモックストラップを使わずに、あえてレザーストラップを採用。そのアンクルのレザーストラップには、レーザーエッジングで伊勢型紙のパターンをあしらい、少し大人の雰囲気を演出。

 

個人的には、今BURTONが作るハンモックストラップは、ホールド感が非常に良く、また、ゴミが削減出来るなどの生産背景もあり、めちゃくちゃ大好きなのですが、その一方で、使えば馴染み、フィット感が増すレザーのアンクルストラップも非常に好きで、特に、昔からスノーボードを楽しまれている方には、どこか懐かしいビンディングに感じてもらえるのではないでしょうか。

とは言え、ストラップを構成するその他のパーツは最新のモノを使って頂いております。

 

●フレックススライダー

mimie07.jpg

アンクルストラップの付け根を柔らくすることより、ストラップが大きく開くので、ビンディングに足を入れるのが非常に楽になります。

mimie08.jpg

 

●ダブルテイクバックル& INSTA-CLICK

mimie09.jpg

螺旋状の歯と”Insta-Click”(すぐに歯が噛み合うこと)のおかげで、これまでより少ない操作でビンディングをタイトに締めることが出来ます。まら、タン(ギザギザのパーツの部分)は、表と裏にギザギザの山が切ってあるので、非常に力強くストラップが締められると同時に耐久性もアップしました。

 

●つま先側のスーパーグリップキャップストラップ

mimie10.jpg

一体成型でつくられたキャップストラップは、見た目よりもフレキシブルで、非常にグリップ力が高くバツグンのホールド力があります。

 

●GENESIS Re-Flexでも使用されているベースプレイト

mimie06.jpg

シングルパーツ構造で作られたベースプレイトは、今期のGENESIS Re-Flexでも採用されている、ショートファイバーグラス30%&ナイロン合成樹脂のベースプレート。

 

昨年までのDIODEベースプレイトは少し硬い!という方には、是非オススメです。

 

mimie04.jpg

ベースプレイトには、mimieのロゴとシリアルナンバーが刻印されています。

mimie05.jpg

 

本日より、moderateとA-BONYで実際に販売もしております。

お時間がある方は、是非、店頭でご覧ください。

(WEBでの販売は、9/20頃予定⇒ 9/23WEB発売予定)

 


THE NORTH FACEからパッと見普通のシャツだけど、実はそうじゃない

変わり種シャツが入荷しています。

 

L/S TEK SHIRT()

1.jpg

パッと見普通のシャツですが、よくよく見ると....

2.jpg

ポケットや....

3.jpg

主な縫製部分が接着なんです。生地はレーザーによる裁断で切り取られており、

接着することで縫製部分が肌に与えるストレスを軽減しています。

そして、生地自体はStretch Doubleweave Nylonが使用されています。

簡単に言うとナイロン87%、ポリウレタン13%のソフトシェル素材。

5.jpg

水もしっかり弾きます。ジャケットやパンツではよく見るソフトシェルですが

シャツは中々珍しく、ザックを背負った時の為に背中側にベンチホールまでついています。

4.jpg

今回は、マウンテンリサーチのパンツと合わせてみました。

普段着ているサイズよりワンサイズアップのゆったりめコーデです。

(モデル 身長:163cm 体重:55kg)

6.jpg

 

7.jpg

 

8.jpg

 

9.jpg

【着用アイテム】

THE NORTH FACE  L/S TEK SHIRT/size:M color:UN ()

Mountain Research Climber's4/size:M color:C,GRAY()

ARC'TERYX Squamish Hoody/sizae:S color:BLACK()

ARC'TERYX Arakys Approach Shoes/size:8.5in color:BLACK/BLACK()

-------------------------------------------------------------------------------------

続いてもう一枚のシャツをご紹介します。

L/S MAXIFRESH Typewriter Shirt ()

14.jpg

またまた、パッと見は普通のシャツですが生地の織り方や素材に秘密が隠されています。

薄手でも生地に張りが出るタイプライター織で綿を主素材にナイロン等が混紡されているので

シワになりにくい素材です。そして、注目素材がコチラ「MAXIFRESH」

15.jpg

もともとは、宇宙服用に開発されたテクノロジー。

ナノテクノロジーによる分子レベルでの中和作用で汗の嫌な臭いを抑えてくれます。

詳しくはコチラから()

こちらのアイテムはジャストのサイジングでスタイリングしてみました。

(モデル 身長:163cm 体重:55kg)

10.jpg

 

11.jpg

 

12.jpg

 

13.jpg

【着用アイテム】

THE NORTH FACE  L/S MAXIFRESH TYPEWRITER SHIRT/size:S color:W ()

Mountain Research Climber's4/size:S color:KHAKI()

SASSAFRAS Blower Bud Coat /size:XS color:Olive()

 

春でも秋でも冬でも使える便利アイテムのシャツ。

シンプルなデザインだからこそコーデ次第でオシャレを楽しめます。

今回ご紹介させて頂いた2種類のシャツは、どちらもトレッキングでご利用頂けるモデルなので

秋山ハイクのオシャレアイテムに一着如何でしょうか。

 

先日のスタッフYUASAのブログで紹介されていた「ひもの食堂」に行ってきた松下がお届けしました。

16.jpg

キンキの干物、最高でした!!


暑い時は極力薄着で過ごしたいのですが、

いかんせん、私、腸が弱いもので、お腹周りはしっかり覆われていないと落ち着かないのです。

 

 

女性は下着をつけないといけないので、背中周りは最低でも2枚の布に覆われることになります。

しかし、ブラに半袖だとお腹周りが冷えやすく、

それを防ごうとタンクトップなどを挟むと、ここで計3枚着用していることに...

冷えを気にしていたはずなのに、3枚も着込んだことで、

今度は背中周りの発汗量が増え、汗冷えを起こりやすくしてしまいます。

 

冷えも気にしつつ、汗もできるだけかかないようにしたいな...

欲張りな考えですが、少しでもそう思ったことがある方は、

下着は、ブラではなくブラタンクがいいのではないでしょうか。

 

 

finetrack

パワーメッシュブラタンクトップ

スキンメッシュブラタンクトップ

IMG_5469.JPG

現在パワーメッシュ、スキンメッシュ両方在庫ございます!(S〜Lまで)

 

 

↓パワーメッシュブラタンクトップ↓

2.jpg

ポリエステル85% ポリウレタン15%

 

アンダー部分がきゅっと絞ってあるためバストの揺れを抑制でき、

ランニングなどのスピードを意識したスポーツにおすすめです。

 

フィット感は脱ぐ時に少し脱ぎにくいと感じるくらいぴったりとしたフィット感。

154cmの私でSサイズがジャストサイズでした。

 

IMG_5481.JPG

触った感じはざらっとしていますが直接着用してみると思ったほど気になりませんでした。

汗をかいて擦れた時の感じはまだ検証できていないので、実際に試してまたブログに書かせていだきます。

 

↓スキンメッシュブラタンクトップ↓

1.jpg

ポリエステル100%

 

 

先ほどご紹介したパワーメッシュより柔らかく、締め付けのない着用感。

パワーメッシュほどではありませんが、こちらもバストの揺れがあまり気にならない程度にアンダーが絞ってあります。

IMG_5483.JPG

 

下着は、買う順番としては後回しにしまいがちなので、

いろいろ試してみよう...というのもなかなか難しいですが、

機会があれば、みんながどうしているのか、ここのはどうだったのかなどを

気軽に聞いたり、相談できる場が作れたらと思っています。

 

 

ファイントラック、気になった方は気軽にご試着しに来てくださいね。

 

 

- - - -  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

〜ちょこっとドライレイヤーのこと〜

IMG_5491.JPG

ファイントラックのドライレイヤーは生地自体に撥水がかかっています。

撥水がかかってたら汗も弾いてしまうのでは?汗はどうやって逃げてくの?となりますが、

 

IMG_5496.JPG

この所々にある穴を通って汗(水滴)は逃げていき、ドライレイヤーの上に着用している

速乾性の服に移すことで肌面をドライな状態にしています。

なので、ドライレイヤーと肌面はしっかりフィットしていないと汗がこの穴を通ってくれません。

ゆったりめのフィット感が好きな方もドライレイヤーはぴったりめのものをお選びください。

 

 

撥水は何回も使っていくと落ちていきますが、

撥水剤をかければまた復活します。

メーカー説明文には耐久撥水性<100洗/80点>と表記してありますが、

いざ使った時に撥水が落ちていた...となるのは嫌なので

レインウェアの撥水をかける際に、一緒に浸け置きしておいてもいいかもしれません。

 

 

 

低血圧、低体温、そして腸の弱いゆあさでした。

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存


月末に山行を控え、就寝時の寒さ対策に頭を悩ませる中、心強いスリーピングパッドがEXPEDから届きました!

 

まずはこの2種類

“EXPED/SYNMAT HYPERLITE M(⇒),WINTERLITE M(⇒)”

こちらのSYNMATシリーズは、下のサンプルの写真をご覧いただくとわかるように、中に化繊綿の“Texpedloft Microfibre”を封入した、保温性に優れたエアマット。

HYPERLITEは60g/屐WINTERLITEは200g/屬鯢入し、それぞれR値3.3と4.9を誇ります。

 

長さはどちらも183cm。形状はテーパードがかかったマミー型シュラフのような形。

長方形より軽く、必要最低限のスペースをカバー。

またペアで互い違いに寝る際などにスペースを有効的に使えるほか、隣との距離が近くなるのでお互いの熱を逃がしにくくなるなどのメリットも。

(身長172僂離好織奪佞寝た図)

 

横から見てみるとそのボリュームに驚かされます。

肝心の寝心地はというと、エアマット特有のフワフワ感はあるものの、他社製品で寝た際に見られる(聴かれる!?)、熱を反射させるシートのわりと耳障りなガサガサ音も無いので、マット上で寝返る際などにもストレスがありません。

 

バルブは頭の裏側辺りに配置されており、蓋を開けても空気が抜けないよう逆止弁が付いています。

口径が大きいので、口でも割とストレス無く膨らませますが、お勧めはコチラとの組み合わせ。

“EXPED/PILLOW PUMP”⇒Comming Soon...

読んで字のごとくポンプにも出来る枕!

中に膨張するクッションが入っているため、その反発を利用してポンプのように空気を送り込むことで、簡単にエアマットを膨らませられます。

肌触りが良く、起毛したトリコットポリエステルを使用しており、ポンプ機能ありきの単なる枕で終わってない所が魅力です。

 

もう1種類のマットはコチラ!

“EXPED/DOWNMAT LITE 5 M”(⇒)

こちらも読んで字のごとく、中にダウンが封入された贅沢なエアマット。

630フィルパワーのダックダウンを使用しており、寝た瞬間にじんわり暖かくなる感じが判ります。

R値は4.1ですが、それ以上の保温力があるような印象。

 

こちらは比較的寝相の自由が利く長方形型で、長さは183cm。

幅はSYNMATの最大値と同じ52cmですが、両サイドのバッフルは少し太くなっており、体が外に落ちていかないようになっています。

またバッフルの間がしっかり溶着され、区切られているため、先のSYNMATより安定感を感じる寝心地です。

 

こちらにはMINI PUMPがセットになっているため、これだけ買えば最初からポンプで楽にマットを膨らませられます。

 

3商品のパッキングサイズはこちら。

SYNMAT HYPERLITEはほぼNALGENE1Lと同じサイズとなり、予想以上にコンパクトです。

WINTERLITEもR値4.9の冬向けマットとしてはかなり小さくなる優等生。

 

重量比はこちら。

HYPERLITEは最近大好評のKLYMIT社“STATIC V Junior”(⇒ ※R値1.3)の重量369gに迫る勢い。

WINTERLITEは同ブランド“STATIC V 2”(⇒ ※R値1.3)の重量463gを下回っています!!

ちなみに全モデルスタッフサック、リペアキット、DOWNMATはMINI PUMPも含んだ重量(上写真左)です。

DOWNMATはMINI PUMP(上写真右)を削るとおよそ50gの軽量化が図れます。

寝心地のいいマットなのでいっそのことPILLOW PUMPに変えるのもアリですね。

 

SYNMATはこれからの時期のテント泊で軽さを犠牲にせず、快適な寝心地を追求したい方。

DOWNMATは通年で同じエアマットを使いたい方。キャンプから登山までなんでもこなしたい方。1つ目のエアマットで何を買ったらいいかわからないという方など幅広い層にお勧めできるモデルです。

 

店頭では現物に寝転がることも出来ますので、是非気になる方はスタッフまでお声掛けください!

 

自分のいびきに起こされる小泉がお送りしました!



CALENDAR
  • S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
CATEGORY
ARCHIVES

KEYWORD SEARCH

MOBILE SITE

qrcode
PROFILE
ADMIN